アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




ドメーヌドヴェイユーシェヴェルニー ブラン アルジロ 2001 SALE,定番

●1999年モノ以来となるアルジロ登場です。今年の2月ル・アーブルに行ったときに飲んで美味しかったので、インポータさんにたのんでみました。・・・赤白それぞれ5ケースずつ、入荷しました・・・・。 ●で、ル・アーブルで飲んだのはコの2001年だったのかな?やけにしっかりしているところはそのままなんですが・・・ソーヴィニヨン・ブラン主体なんですが、あれ?と言うほど落ち着きがでています。酸はこの地方らしい雰囲気を伝えつつもある種の熟成感かな?2001年で幾分果実味が控え目な分だけ樽っぽさも効いています。何となく、アルフォンス・メロのサンセールにもにているかな?樽のニュアンスよりも酸化したところの味わいでしょうか?・・・気持ち的には夏の白身魚、スズキやカマス、イサキなど・・・。塩焼きにちょこっとおろし生姜、あるいは酢橘で、などと言う感じが狙い所。何となくこの味わいは『甲州』にも似ているかな?と思う今日この頃、です。(2007.07.12 いのまた)  1999年物のコメントです。 まずは新井さんにワインのコメントをお願いしましょう。 「Argilo(argile)」というのはフランス語で「粘土」の意味。その名の通りドメーヌの持っている畑で粘土質の樹齢の古い木だけを選別して造った、一番上のクラスのワインがこちらです。天然野生酵母から発酵したソーヴィニヨン・ブラン種85%、ピノ・ムニエ種15%をブレンドし樽で熟成致しました。自然な風味を一回り大きくした味わいで余韻が長く残る白ワインです。フランスでも昔からの顧客で完売の商品。 1999年2月にワインツアー(新井さんのところの)を行い、その中の1人がこのアルジロの畑の土を持ち帰りました。ボルドーのシャトーも廻っていたので、その都度その地の土をサンプルとして日本に持ち帰りました。シャトー・ディケムもシャトー・マルゴーの土も、カラカラに乾いてしまったのに、このクニュー氏の畑の土からは苔が生えてきたとの事。やっぱりバイオダイナミックのせいでしょうか?土地の微生物が生きているれっきとした証拠なのでしょう。何かと不思議な事が多いバイオですが、その畑から生まれた白ワインです。難しい事はさておきワインの味が全てを物語っています。綺麗な雑味のない美しい味わいだと…。(こんな事書いて検疫に怒られないかな?) 試飲時のメモには「妙にポワーン?、としたワイン。空にぽっかり白い雲」と書いてあります。このあと新井さんと昔話をしたりしてきちんとメモを残していないんだな~。これでは全然わかりません!もう一度飲んでみなくては!と近々再試飲の予定です。乞うご期待。 ドメーヌドヴェイユーシェヴェルニー ブラン アルジロ 2001 SALE,定番

ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 限定SALE,本物保証

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 限定SALE,本物保証

クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 お買い得,限定SALE

●また、また一年おいて・・・シュヴェルニー・ルージュ2006年もの入荷しました。alar的には2006年って概ね2004年と同じ感じと言う認識で、実際どうなの?と先般ティエリー・ピュズラが来日した時にこの辺りを聴いてみたんですが、本人曰く、ハンギングタイムも長くてイイ感じの2005年よりは好みに仕上がっている、みたいな事を言っていて、本人ははかなり満足できているようで、そりゃ楽しみだ!みたいなことを言っておいたのですが・・・・どうでしょうか?早速飲んでみます。 ●確かに2004年っぽくて、下のコメントの通りガメイっぽい感じが強いのですが、酸が綺麗に乗っていて、さらにそこに乗った旨味がまた薄味系ながらも長いんです。へらっとした印象ながらも実はしっかり君。これは最初から天高く馬肥ゆる秋空の元、って感じだな・・・。高気圧感じますね。なるほどアルコール度数は13度と04よりはちょいとばかり高め。この辺りがしっかりとしたアフターの持続を支えているのでしょうか?多少グリグリとグラスを廻すと、何となくなガメイっぽさもしっかり落ち着きがでて来ます。2年とか3年とかのスパンで飲んでみたいな、と思わせるものがありますね。で、実際のブドウ品種構成はどうなの?と言うことですが良く解りません。幾分ガメイが多いはずですけど、少しはピノも入っているはず。美味しいんだから、まあいっか、と。(機会があったら確認しておきます 2007.10.05 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・甘い果実味、ちょっとキャンデーっぽくなってまとまっています。どことなくミントの香りもほんのりと。ミネラル感もしっかりとしてきて、芯がはっきりとしてきました。口に含むとしっかりとガメイなんですが、実にチャーミングな美味しさ。ローストポークを薄~くそいで、タマネギのチップスと一緒に、全粒粉×自然酵母のパンなどにはさんで食べたいですね。ちょっとライ麦とか入っているとか、フェンネルシード入っているかもと言ったところが狙い目です。なるほど、過去数回このワイン飲んでいますがこの2006年。出来が良い。なんと言っても無駄がなくバランスが整っている。ティエイリーの言葉に納得です。(2007.10.06 いのまた)       少し冷やし目でもいけます。明るい果実味が魅力    ●キュベ名無しのシュベルニー・ルージュ。一年ぶりで2004年物です。2004年のテュ=ブッフのワイン、共通しているのは香りの割には味わいが静かです。このシュヴェルニー・ルージュも香りはガメイ系の華やかな果実味、イチゴやラズベリーの香りにうっすらと光の差すようなハーブのニュアンス。シロップ的な甘さも感じられるのですが・・・・ ●味わいは非常に穏やか。雨上がりの原っぱという感じで、すがすがしさとクリーンな透明感が漂っています。酸も比較的穏やか、そして肌理の細かいうっすらとしたタンニンの広がりが印象的。まだコンディションが整わず果実味が開いていなんでしょうかね?なるほどアルコール度数は12度。インパクトはないんですが、なぜかするすると身体ににじみ混んでいきます。昆布だし・・・おでん、です。(2005.08.30 いのまた)こちらは2003年のコメント↓です・・・『カルテリ』という名ででていましたVDTです。 ●「本来は2002年同様『シュベルニー・ルージュ』となるワインですが・・・。」とインポーターさんからコメントをいただいています。理由がよくわからないけれどヴァン・ド・ターブルとなりました。ルイヨンとの違いはどこなんだろう?ラベルが違う? ●ルイヨンと比較の予定でしたが、こちらだけ一日早い抜栓となりました。(ただこちらの方が先に入荷したので我慢できずに飲んでしまったというのが、真相)ピノ的繊細さとガメイのフレンドリーな性格が上手く調和し・・・と言うところです。 ●時間と共に果実味もかなりでてきます。甘味もほんのり感じます。ただ幾分酸味が少ない、テュ=ブッフ的な繊細さが弱まり、輪郭のハッキリとした力のあるワインと言う印象を受けました。これはやっぱり2003年ヴィンテージの特徴なのかな?グラスに放っておくと少しタンニンの印象が強まります。飲みながらつぎ足しつぎ足しが良いのでしょう。 ●ま~、なんだかんだいってもテュ=ブッフのワイン。相変わらすコストパフォーマンスは抜群。やっぱりこれはロワールに咲いた「花」ですね。(2004.07.16 いのまた)こちらは2002年のコメント↓です・・・。 ●こちらはガメイとピノ・ノワールのブレンドした物となります。味わいの中では気持ちガメイの方が強くでているかな?ガメイ系の活発な果実味とピノ系でしょうか?ややミネラル感を伴った苦みにもにたハーブの香りが完全にはまとまっていないですね。まだ少しフライング気味かな。アルコール度数は12.3度とまあ標準的な位置に着けていますが、それ以上にワインに厚みを感じます。もう少しきちんと寝かせてあげないと、寝起きの悪いこのワイン実力の70%ぐらいの力しか出していないです。 ●ガメイとピノ・ノワールと言えばブルゴーニュのパス・テュ・グランを思い出しますが、あのどっちつかずの鷹揚な感じはありません。やはり二日目あたりが勝負所でしょうかね?ピノに転ぶか、ガメイになびくか?(2003.11.27 いのまた) ●実はalarはガメイが苦手ですので、最初に飲んでから4日ほど頬って置いたのですが・・・。これも、やっぱりオイシイです!。ちょっとバナナっぽさが完全に飛んでとても落ち着きのある味わいですね。ピノとも言えず、ガメイとも言えず。少しの間でいつの間にか大人になっちゃった!と言う変化ぶりです。あまり難しく考えずに「飲んだくれ」るには丁度良い一本ですね! クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 お買い得,限定SALE

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 100%新品,お買い得

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 100%新品,お買い得

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 限定セール,新作

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 限定セール,新作

テュイリーピュズラモンルイ 2003 HOT,新作

●モンルイはヴーヴレの対岸になります。ここで2002年に4haのドメーヌを始めたのがフランツ・ソーモン。ジャッキー・ブロのところで2年ほど働き、その後1年経って無農薬での葡萄作りとワイン造りを始めました。元々新井さん本人が目を付けて、彼のワインを世に出そうとしたようですが、それより一足先にテュイリーも目を付けて、彼のワインを樽買いしていました。と言うことで、テュイリーのセレクションからのワインをalarではご紹介する事といたしました。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリーピュズラモンルイ 2003 HOT,新作

クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 豊富な,得価

●ル・ポワイユの2003年物です。2003年というと暑い年でしたが、インポータさんの資料によると・・「酷暑となった2003年産のワインの多くは、強いアルコール感とタニックな味わいに覆われて、酸が不足している場合がまま見られます。ところが、クロ・ルジャールの各ワインは驚くほどみずみずしく、エレガントさと上質の酸を備えており、アルコール度も12.5度前後と控えめです。2003年というヴィンテージのイメージとは全く異なった、清涼感のあるワインに仕上がっています。」とのこと、これは楽しみだ・・・・ ●で、早速・・・上のコメントの通りでした。イチゴやチェリーのタルト、で甘さ控え目。作っている一人ナディ・フコーさんはちょっと厳つ区怖い感じもしますが、作られているワインは実に優しい味わい。何となく小川軒のレーズンウイッチにもにた味わいだな・・・。タンニンが実にうっすらというか滑らか。また、若干残る樽の風味もイイ感じに絡んできます。こうしたタイプのカベルネ・フラン、このソミュールのやブルグイユでもあまり見ませんね。それ故此処が特別なのかな?これはすごいと思っているとやはりレビュー・ド・ヴァン・ド・フランスの2007年版で、このプイユは19.5点取っちゃっているじゃないですか!・・・ならば言っちゃお!サンジュリアンの味わいだこりゃ! ●元もと柔らかいせいか今がもしかすると飲み頃。あと5~6年はしっかりと熟成する可能性がありますが、そこまで我慢しなくてもイイかなと思います。2002年に引き続きクロ・ルジャール恐るべし!ですね。(2008.02.06 いのまた)  2002年物のコメントです。 ●インポーターさんの資料より、です カベルネ・フラン100%、単一の区画レ・ポワイユのブドウから作られます。畑の面積は2.7ha。此処はケイ素が混ざる粘土石灰質土壌。水捌けが良く果実の熟度が高くなります。また南向きの斜面上部に広がる区画はほかより暖かで風通しに優れ、一番早い収穫を迎える。平均樹齢は40~45年。植樹密度:6000本/ha。収穫量は35hl/ha。醗酵はセメント槽で約35日掛けて行い、ル・ブール熟成後の1年樽を使用し2年熟成させます。この間の澱引きは2回。ビン詰め後非常にゆっくりと熟成しつづける力を持っています。 ●・・・一言でと言われれば「なにも足さない。なにも引かない。唯あるがまま」長い熟成を経て今ようやく目覚めようとしているんだろうな?と言う処ながら、完全に目覚めるまではまだまだ時間が・・。静かな、控え目なとでも言えそうな味わいの中にしなやかで張りのある凝縮感。決して王冠を抱くことなくも血筋を感じる煌めき。治る事なく統べることを知る。帝王の名に連なる一本であることは間違いない。と、思うんですが、セラーで試飲したときよりも幾分閉じ気味なのかな?一本じっくりとやってみたい気もしますが、その機会はあるかな?(2007.03.11 いのまた) クロルジャールソーミュールシャンピニィ ルポワイユ 2003 豊富な,得価

ドメーヌルブリソー ヴェールデテ Verre D'ete AOCコトーデュロワール ロゼ 2005 新作

●ヴェール・デテは『夏のグラス』の意味。暑い日にきりっと冷やして飲むのがお薦めと言うことで、名付けられました。が、夏に美味しければ冬でも春でも秋でも美味しかろうと・・・・ピノ・ドニス100%のロゼ・ワインです。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌルブリソー ヴェールデテ Verre D'ete AOCコトーデュロワール ロゼ 2005 新作

クロデュテュ=ブッフシュナン・ブラン ロルモー・デュ・ドゥー・クロワ AOCトゥレーヌ ブラン 2003 大人気,格安

●インポータのラシーヌさんの合田さんのコメントです。 「樹齢25年のシュナン。保水性のいい火打石まじりの粘土質土壌。ステンレスタンクで発酵、熟成されます。早く飲むように造られているとティエリーは言っていますが、私は7月の瓶詰め後、半年落ち着かせて飲むほうがいいと思っています。2003は、例年より早く味わいがまとまり、よい飲みごろになっています。ヴヴレや、アンジュのような偉大さはありませんが、軽やかなシュナンとしては、理想的な味わいです。ブラン・ド・シェーヴル同様、春から夏にかけて寿司、蕎麦や、和食とあわせて、楽しんでください。」 ●ラシーヌさんの事務所のそばに、大阪寿司のお店がありますが、そこのバッテラやチラシ、茶巾寿司などに合いそうです。お花見にも良いかな?和食に限らず、フレッシュなサラダや軽いオードブルなどにも合いますね。何となくですが、チキン・サンドなども食べたくなります。 ●2つの十字架と名付けられたシュナン・ブランの辛口白ワイン。香りはは軽やかで繊細なものです。最初からシュナン・ブラン!と言うような乱暴な振る舞いはしませんが、時間がたつにつれて微妙なニュアンスの変化が楽しめます。ハーブ系の爽やかなものから、ライムのような甘さまで。暫く経つと蜂蜜のような香りも遠くに感じることが出来ます。舌触りも、大変さらりとしていますが、余韻があり、思いの外ミネラルの豊かさを感じることが出来ます。ワインの作りは自然ですが、そのことがかえってモダンな印象となる素晴らしいワインです。 ●サンソニエールやルネ・モスのアンジューのシュナン・ブランとはまた一味違った魅力があります。厚みより深みと言ったところでしょうか?もっとドライな印象ですがこれも時間とともに変わってくるのだと思います。抜栓後3日目当たりが良いところかな? ●実際にはジワッと来るのは4日目の朝(朝から飲んでいるのかい?)以前のヴィンテージではあまり感じられなかったフレッシュな味わいを残しながらシュナン・ブランの特質を上手く発揮しています。こちらも食事を選んで合わせるとそのワインの力を発揮しますが(たとえば白キクラゲと豚肉と卵の炒め物)ワイン本来の力を出すには。少なくともあと1年、寝かせることが必要です。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフシュナン・ブラン ロルモー・デュ・ドゥー・クロワ AOCトゥレーヌ ブラン 2003 大人気,格安

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiソーヴィニヨンブラン C SAOCトゥレーヌ 2005 定番,お得

●通常のキュベとの違いはこちらは新樽100%。新井さん曰く「新樽は決して樽香を付けるための物ではなく、むしろ目の詰まった新樽を使うことにより果実味がキープされる、と思うんですよ・・」と。ホントかな?と思ってボワ・ルカのカーヴで新樽のソーヴィニヨン・ブラン飲んでみましたが・・・なるほどです。また彼女曰く「2年樽、3年樽は最初に仕込んだワインのキャラクターを引きずっている」とも。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiソーヴィニヨンブラン C SAOCトゥレーヌ 2005 定番,お得

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 100%新品

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 100%新品

ドメーヌドモントリューVdTフランセーズ ルージュラヴェールデポエット 2012 激安大特価,得価

●なんだか試飲会で名だたるワインの谷間にひっそりとありました・・・このワイン。始めはヤケにイカした『グルナッシュ』とホクホクしながら入荷待ちしてたンですが、入荷して改めて『ピノ・ドニス100%』らしいと言う事でまたまたビックリ・・・・ ●以前のインポータさんの資料では「区画はドメーヌの他の畑とは離れた小島のような場所にありAOC(取れるとするとコトー・デュ・ヴァンドモワ?)のゾーン外なのでVin de Tableとなります」とのことですが、決してラングドックの方まで離れている、というわかではありませんが・・・この色、ピノ・ドニスじゃないな・・・フェノールに幾分スパイシーさ、ガリーグって感じが乗ったところは・・グルナッシュだよな・・・幾分酢エチが上がっている感じだけど、たっぷりのボディに釣り合って妙な親近感は・・・南のワインだよな・・・と、その正体がわかっても尚、イケてるグルナッシュ!と思う今日この頃です。 ●ピノ・ドニスと言えば思い出すのは2004年ぐらいのティエリー・ピュズラのテニエール・・・最初のうちはウンともスンともの素っ気なさ・・・3年ぐらい放置しておいてようやくぽつっと花開いた手強さが印象に残ってるんですが、こちらのワインはかなり全開で飛ばしているような・・・実は寝かせても面白そうな。ロワールの赤としてはどう?と言うくらいタンニン系がしっかりとしています。(と、間違えた理由をいろいろと模索)ヴィヴィッドな酸とじっくりとしたタンニンをどのタイミングで弄ぶのが良いのかな?後は温度ですね。抜栓した翌日、ボトルに3分の2ぐらい残しておいて・・・温度は15度ぐらいかな?所謂ハヤシライスにはぴったりな感じ。ストロガノフだとちょっと酸が浮いちゃうかな?・・・・やっぱりこれ今時のグルナッシュだよな・・・ミュールの味わいとか、酢エチ飛んだところでのじんわりとした酸味とか・・・5日ぐらい置いとくと何となく、グルナッシュじゃなくなるのかな?コメントにならん・・・ ●おそらくこの???な果実味なんでしょうね?ピノ・ドニスならもっと乾いた漢字のパウダリーなタンニンと思うのですが、そこが意外にウエットかつ暖かい・・・どうでも良いようなことコメントしてると、その辺りが次第に乾いた涼しい感じになって「このピノ・ドニス、イイね!」となる前に・・・・空いてしまいました・・(抜栓3日目の2011.11.24 いのまた) ●と、よっぱらないながらコメントしてましたが・・・インポーターさんから資料きましたよ!  「耕作技術:馬による耕作。ピノ・ドニス100% 樹齢130年 フィロキセラ前の古木。醸造:収穫後、ステンレスタンクにて1ヶ月間の発酵とマセレーションの後、7ヴィンテージ目の樽で乳酸発酵をおこないます(春まで)。SO2:不使用 ●・・・意外にさらっとした内容ですが・・・フィロキセラ前というとまだ台木の技術は広まっていないので自ずと『自根』のピエ・フランコ!造り手のエミール・エレディア:Emile HEREDIAさんはピノ・ドニスのスペシャリストとして有名なのだそうですが・・・土壌はシレックス(火打ち石)の砂質に、粘土質、深層部は石灰質と・・・マニア好みながら少しばかり普遍的な、テンネンの美味しさですね。(2011.11.25. いのまた) ドメーヌドモントリューVdTフランセーズ ルージュラヴェールデポエット 2012 激安大特価,得価

ドメーヌ・ル・ブリソー キャラクタ Kharakter AOCジャニエール ブラン 2004 激安大特価,限定セール

●こちらもジャニエールの白です。幾分石灰質の多い土壌の畑ですので、ミネラルのびしっと効いた堅めの味わい(だそうです)。と言うことでより性格ががはっきりしている・・・フランス語のCaractereを当てるところですが、もっとはっきりとした感じとなるラテン語のKharaktreと名付けています。畑は一日中日が当たる好条件。そのためラベルは昇る太陽をイメージしています。2005年10月上旬にビン詰めされました。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー キャラクタ Kharakter AOCジャニエール ブラン 2004 激安大特価,限定セール

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 最安値,2016

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 最安値,2016

ドメーヌ・ル・ブリソー サン・ジャック Saint Jacques AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,新作

●2004年物ですがこの2008年1月にリリース。でもまだまだ早い。あと10年は確実に変化を遂げつつ美味しくなる、久々に気合いの入ったジャニエールです。・・・・インポーターさんの試飲会でグラス300回ぐらい廻しちゃいました!最初のうちは色気というか艶やかさ無いんですね・・・飲んでもそんなに厚み感じないし。ふ~ん、と言った感じですがその『ふ~ん』のあとにジワジワと旨味が登場。どうにかならんかね、とグルグルやると・・・じわ~っ、じわ~っとこなれた味わいが出て来ます。すごい!で、本格的なデキャンタとかに移したりすると、ちょっと恥ずかしいよね~というような地味な性格もちらほら出て来て、予想どおりに開いてくれない。じっくりと腰を据えんといかんのかな・・・・。改めて一本開けてみようかな、と・・。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー サン・ジャック Saint Jacques AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,新作

ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 限定セール

●アンフィボリット~の2006年物入荷しました。ところでアンフィボリットってなんなのと言うことですが、辞書で調べると両生類(カエルやサンショウウオ)とか、曖昧なと言う意味があるようなのですが・・・・よくよく古い資料を引っ張り出してくると「角閃石:かくせんせき」を意味する言葉のようです。なるほど英語読みするとアンフィボライト、なんですね。 ●ナントの南に広がるミュスカデの生産地。高いところで50mあるかないかというような緩やかな丘がいくつも連なっています。丘と丘の間には水路が発達して・・・主に葡萄は水はけの良い丘の斜面からいただきに広がっていますが、どうやら長い間の地殻変動と浸食作用でそれぞれの丘の土壌が異なっているようです。ムスカデとひとくくりにしてしまうと同じような感じのワインですが、それぞれの土壌の個性を活かしたワイン造り、と言うのが最近のこの地方の傾向。そんなことでこのワインも『アンフィボリット』と名付けられているのでしょうか?  2005年物のコメントです ●2005年ですが幾分前より色が濃いめかな?果実の香りもいつになく熟した感じで僅かに重さを感じる・・・。以前は湘南地方で「駆けつけ三杯用」として重宝されていたアンフォボですが、この2005年は2杯までかな・・・? で実際に飲んでみると、意外に中盤が薄い感じで・・・香りほどの強果実の味わいを感じません。むしろミネラル感が強いかな?なるほどちょいと黒い石っぽい感じがありますね。・・・・今回はかなり冷やし目で飲んでいるのですが、少し温度高めの方がこのワインの美味しさ、味わいえるのかな。8~9度って処でしょうか?温度計るのも面倒なので、冷蔵庫で一晩冷やして、グラスに入れてユルユルと、と言う感じです。と言うことで、駆けつけ用などと言わずに、前菜などでゆっくりと楽しんでみましょう。・・・何となく夏が待ち遠しく感じるワインです。(2007.05.06 いのまた)●「つらつらとalarのHPを眺めていたんですが、きちんとAOC取っているミュスカデの扱いってこれが初めてなんですね。記念すべきミュスカデ第一弾です。」と言いつつすでに3年。その間もほとんどミュスカデ、増えていません・・・これさえあれば、と言うところです・・・・。 ●と言いつつ、なんとコメントしたらいいのかな?軽くてドライで・・・良くある白ワインの「重い・軽い」「甘口・辛口」などと分類されている図表の中で「一番軽くて一番辛口」の代表がミュスカデ、そのまんまです。でもこのミネラル感に潜んだミネラル感は、そんじょそこらのミュスカデとは訳が違う。うっすらと潮騒の香りを感じながら、極上の塩ラーメンが食べたくなる・・・贅沢にゲルラン塩なんかで塩もみしちゃったキュウリやキャベツ(勿論、露地物、有機系なら尚良し)。お友達はこれで充分です!・・・贅沢言えば公魚か小鰺のマリネなんですが・・・(2005.08.19 いのまた) ランドロンミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ アンフィボリット・ナテュール 2006 限定セール

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールアンジューブラン 2003 数量限定,送料無料

●すみません、ちゃんとしたコメントが遅れています。それまで某ワイン雑誌掲載されたいのまたのコメントで。  「上級キュヴェの「トロトロ」ではなく「トロ」っぐらいのお手軽さ。香りも、熟した花梨=シュナン・ブランの魅力たっぷりな仕上がり。味わいはすっきりと甘みの乗った半甘口。甘めに炊きあげたジャガイモの煮っ転がし的な美味しさに、前頭葉はゆるみッ放し。酸も幾分柔らかく、日本酒的な旨味は晩酌にGood!上手く枯れる素質もありだけど、狙いとしては早飲みかな?気持ちトランジスタ・グラマーな魅力あり、です。(2006.01.31 いのまた)」 ●昨年11月に自然派ワインの生産者が一挙来日時に、ルロワやマルセル・ダイスなどと並び人気のあったサンソニエールのブース。よりリーズナブルな価格でワインを楽しんでもらいたい、と登場したワインです。コストパフォーマンスはかなり高い!これからあたたかくなるこの季節にぜひお試しください。 ●スミマセン。マルク・アンジェリ、お見それしました。上の試飲からまる四日経ちましたが、全然へたれていません。この人のワイン、なんでへたれないんだろう?いつも不思議です。ワインが常に安定しているんですね。ヴィーニュ・フランセーズなどは抜栓するとみるみる色が変わり、味わい的にもズンズン酸化が始まっているとわかるんですが、それがある程度ピークに達したときからが、実に息が長い。酸化の経過は幾分異なっても、こちらのワインもその血を確実に引いています。、美味しいな~これ(2006.02.04 いのまた) ●余談ながら・・・先日「和食とワイン」で有名な六本木の「割烹 小田島」さんへ行ってきました。そこのスペシャリテとも言うのが「フォワグラ大根」・・・・このワインと実によく相性が合っていました・・・。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールアンジューブラン 2003 数量限定,送料無料

ドメーヌドゥラサンソニエールAOCアンジューブランヴィエイユヴィーニュ de ブランドリー2002 本物保証,高品質

●レヴー・ド・ヴァン・ド・フランス2005年版で満点10点がついていました。これで満足して、alarのコメント付いていません。おそらく飲み頃は2008年ぐらいからかな、と苦しい言い訳しています・・・・。  しばし2000年ヴィンテージのコメントなど・・・ ●甘口のコトー・デュ・レイヨン「ブランドリー」と同じ畑からとれたブドウを使っていますが、こちらは辛口に仕立てられているためAOCは「アンジュー」となります。とりわけ古いブドウの樹からえられた果汁のみを使い、大変にこくのある力強いワインです。 ●リュンヌに較べると、やはりだいぶ厚みを感じます。香りもより複雑ですね。若い杏子の実やクチナシの花、沈丁花、ドライフルーツなどの香りがあります。そうそう、カリンの香りも忘れずに。開けたては、そう急激に香りが立ってくる訳ではありませんが、時間とともにハーブや白いスパイスのニュアンスが強まってきます。ある程度落ち着いたところで口にすると、トロリとした舌触りにカバーされていた、豊かなミネラルの感触と、じわっと来るまろやかな酸味が感じられます。この2000年やはりまだまだ早いかな?後3~4年するとさらに熟成した香りが強まり、もっともっと深みがますのではとともいます。今なら抜栓した3日後ぐらいが楽しめるかも。 ●(このワインを開けたとき、気になった点が一つ。ラベルのヴィンテージは2000でしたが、コルクのヴィンテージは1999でした。どっちが本当だろう?ちょっと珍しい体験です) サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ドメーヌドゥラサンソニエールAOCアンジューブランヴィエイユヴィーニュ de ブランドリー2002 本物保証,高品質

ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 安い,新作

●コー(cot:マルベック)とガメィのブレンドできたロゼ・ワインです。樹齢16年のコーの畑。面積も一番小さく、赤ワインは他にもカベルネ・フランやガメィがあるので「気まぐれで」ロゼにしました。ブレンド比率は新井さんも立ち会ってコー80%、ガメイ20%に決定。「非常にナチュラルですがしっかりと旨味を感じる」味わいに落ち着いた模様です。 ●キュヴェの名前「プティ・ヴァンダンジュ・アントル・アミ」は「仲間内で摘み取って仕込んだちょっとした量のワイン」ってところでしょうか?キュヴェの名前の下にはヴァンダンジュ=摘み取りに参加したステファンの友達?と思われる人たちの名前がひとりずつ刻まれています。 ●でコメントですが、リアルワインガイド13号「テイスティング・レヴュー番外編」用の物をそのまま載せておきます。  「「みんなで収穫したんだ~」と言うことで、名前がゾロゾロ。このラベルだけでビジュアル的には91点。ワインの色もラヴィアンローズ!って気合いが入った濃さで、香りにガメイのイチゴ、味わいが少し苦めのマルベック、としかコメントできない様なシンプルさ。なんだけど、こう言う味を都会では「すたいりっしゅ」と言うのです、たぶん。これで「紫色のしば漬け」など抓むのは『粋』と言います。小鰭の握りとガリ合わせると『通』。87点/88点・・・2007~2010年 2006.02.10」 ●文字数が限られているからと言い訳しつつ、なんだか訳のわからないコメントになっていますが、要は『小洒落た味』何となくですが、お寿司とか系の和食に合いそうな気がするんです。コーが全体の味わいを引き締めているのかな?もう少し楽しく(今も充分楽しいのですが、さらに)飲むにはあと1年は寝かせたい。でもそうすると、果実味がもっと楽しく出てきそうなので、お寿司系は合わないかな?と楽しく悩める一本です。(2005.03.14追記 いのまた) ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 安い,新作

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 得価,SALE

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 得価,SALE

クロデュテュ=ブッフムニュピノ ル・ブラン・ド・シェーブル AOCトゥレーヌ ブラン 2004 人気定番,大人気

    繊細な味わいならムニュ・ピノ。でもここまで時間が掛かりました。04物です。    ●テュ=ブッフのワインで、なかなか難しいワインの一つがこちらのブラン・シェーブル、ムニュ・ピノ。と言うよりもムニュ・ピノがしっかり寝かせないと「十分な旨味」を出さないんですね。「締まった酸」これがキーワード。2005年の入荷に混じって、ようやく飲み頃となった2004年物が再度入荷、です。   インポーター・ラシーヌさんのコメントです。  「ムニュ・ピノ100%(樹齢50年)。ムニュ・ピノはブロワ地方の典型的なブドウで、地元ではアルボワと呼ばれます。シュナンと比べると生育サイクルが短く果房も小さめで、葉も丸い、シュナンの亜種と言われています。ブラン・ドゥ・シェーヴルという名の火打ち石まじりの粘土質土壌の区画と、砂礫土のビュイソン・プイユーの区画から造られます。ムニュ・ピノを単独で仕上げる造り手は最近までほとんどいなく、通常はヴァン・ムスーのブレンド用にただ同然で売られていました。ソーヴィニョンやシュナンに比べると、おとなしい性格で、個性の皆無な品種のように考えられていますが、しっとりとした味わいで、控えめながら、芯のしっかりとした個性があります。瓶詰め後半年を過ぎたころ、ハーモニーがとれ始めると、蕎麦やさんでのおつまみや、和食の友として、抜群の力を発揮します。」 ●蕎麦・・・・・神田~神楽坂です。更級よりも生粉打ち?と思いつつも、2003年なら更級の甘だれももイイかな?と。それなら麻布十番下車かな?つまみに厚焼き卵や湯葉わさなどたのみながら・・・・・勝手に想像しています。 ●とりあえず、ちょっと古めのコメントなど・・・・・・・古樽で熟成させたムニュ・ピノのワインです。コンパクトにまとまった酸味と深みのある黄色い果実味。やはり一筋縄ではいきません。ニュアンス的にはソービニヨン・ブランとシュナン・ブランの中間的存在ですがきれいに整った酸味とミネラル感はこのワイン独特の演出です。やはり果実味の開く時期が遅い分立ち上がりは十分ではありませんが、安定感は十分にあります。 ●テュイリーのムニュ・ピノ「テスニエール」と較べるとこちらの方が繊細ですね。その為バランス取るのが難しいかな?抜栓後、幾日で飲み頃と言うよりも、じっくり寝かせてあげる必要があると思います。今楽しむならば「ふぐ」ですかね?alar的にはあの皮を細く切ったヤツ。独特の触感としっかりと引っ張られたミネラルのバランスが、凄く良いのでは!と思っています。でも「てっちり」にはテュエリーがおススメですね。・・・・きゅっと締まった酸味が魅力。春の味覚を集めた、ちらし寿司の季節にもイイと思います。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフムニュピノ ル・ブラン・ド・シェーブル AOCトゥレーヌ ブラン 2004 人気定番,大人気

ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼラヴィアンローズな濃い色 Junko Arai Selectionシール無し 2002 大人気,本物保証

●こちらは摘み取ったブドウをすぐにプレスしないで、暫く「醸し」状態に置いておいた後に、プレスしています。ですから幾分色素も多く抽出され濃いめのバラ色。これだけの違いなのですが・・・(写真手前) ●一応、ペティアン・ナチュールですので、最後まで蔗糖の添加や酵母の添加はありません。全て自然なままのブドウと酵母からガス圧を得ています。デゴルジュマン(栓を抜いて澱を取り除く作業)は、ルミアージュ(瓶の口を下に向け、ボトルを回しながら澱を集めていく作業)しながらどんどん澱がたまって、これは手に負えないと判断したために、専門のプロにお願いしたそうです。それで予想外にお金がかかり・・・「ちょっと高めなお値段ですが、お許しを」と新井さんも言っています。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼラヴィアンローズな濃い色 Junko Arai Selectionシール無し 2002 大人気,本物保証

アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 新品,定番

●サン・ドゥルシャールと呼ばれるオルレアン、トゥール、ブルジュなどを含むロワール中心部に広がる泥灰土(砂利)の表土が広がる、キンメリジャン(白亜紀の石灰質層)の上に畑はあります。畑の名前はラ・ムシエール。丁寧に摘み取られたソーヴィニヨン・ブランは25kg入りの小さな箱に入れて摘み取られた後、ターブル・ヴィブラン(振動する板)の上で選別が行われ、その後さらにターブル・ド・トリでよりわけをされ、プレスに回ります。圧搾された果汁は10度以下の温度で48時間静かに寝かせられ、半分はタンクで、残り半分は新樽で発酵が行われます。温度は18度以上で23度以下。熟成はシュール・リーによるエルヴァージュでおよそ7‐8ヶ月間。 ●密かに抜栓し、5,6日経ったワインを飲んでますが、実に綺麗なソーヴィニヨン・ブラン。これならalarもブラインドでソーヴィニヨン・ブラン!と胸を張って言えます。で、最初はどんな感じかと言うと・・・幾分メリハリ効かせた樽の香りが印象的。 ●今日はとなりの町の花火大会なので、一本開けてみました。・・やはり、抜栓直後は樽のニュアンスがはっきりと・・・木目の香りと共に幾分ヴァニラ系の甘さ、を香りに感じます。味わい的には、「甘味」はありませんが『甘さ』はありますね。その分サンセールとしてはしっかりとしたウエィトをもったミドル級と言ったところかな?腰のある柑橘系のしっかりとした味わいと、乾燥ハーブのほどよい薫香、効いています。 ●夏場に冷やして・・・と言うのがピッタリですが、棒棒鳥系のゴマだれ冷やし中華とか、豚しゃぶの甘酢系ドレッシング・・・燻した〆鯖、梭子魚の汐焼き、プリプリとした夏の白身魚・・・などなどが合いそうな気がします。・・・意外に一年中、美味しい物と合うかもしれない!軽いスモーク&新鮮ハーブ、あるいはハーブとワインで蒸して冷やして・・・・こんなところを基本にアレンジしてみてはと・・・。(2006.07.29 いのまた) アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 新品,定番

クロデュテュ=ブッフメリエヴァン・ド・ペイ・ド・ジャルダン・デ・ラ・フランス 2003 正規品,定番人気

●先ずはインポーターのラシーヌさんの資料から  「2003年はあまりに収量が低かったため、ドメーヌでもブドウを買うことが許可され、近隣の親しい栽培家から、ブドウを購入しました。メリエはトゥール周辺固有の品種で、今ではほとんど栽培されなくなってきています。2003年に限り、買いブドウで醸造されました。本来特徴がなく、凡庸な品種ですが、小ぶりながらチャーミングで、きちっとした構成があります。気楽に楽しんでください。」 ●このワインは初めての入荷。3月17日の試飲会で飲んでみましたが、まさしく「小振りながらのチャーミング」味わい的には非常にニュートラルな感触ですがヴィンテージからはあまり想像できない「キッチュな酸」、コレが効いています。のし梅のような黄色い梅の芳香と、気持ちグリーンの入ったハーブの淡いニュアンス。お花見に持って行く、ちらし寿司にぴったりな予感がします。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフメリエヴァン・ド・ペイ・ド・ジャルダン・デ・ラ・フランス 2003 正規品,定番人気

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ レ・バレ 2003 限定セール,SALE

    工夫次第で・・・なかなか、重宝するワイン、かもしれない!    ●こちらはしっかりと甘口。モワローに近い状態ですがボディーの軽やかさが魅力的。とても上品な極上スイーツ、です。はっきりとした強い酸ではなく、柔らかく折り重なるようなソフトな酸味が特徴かな?まだ果実味が十分に出きっていない感じがしますが、この軽さが素材そのものの素性の良さを語っています。 ●結果的にあまり2003年のルメール・フルニエは扱いが少なくなりましたが、おそらくミディアムな甘口系としてはこれがベスト・チョイスなんでしょうね。合わせるとすると・・・黄桃のタルトかな?オレンジ・キュラソーを垂らした洋なしのジェラート。・・・・鱈の白子をバターでソテして、って感じもイイかもね・・・もしかして、メバルの煮付けなんぞも良いかもしれない・・・・中華やエスニックなところにも良いのでは?なかなか工夫し甲斐のある、良いポジションのワインです。(2006.02.05 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ レ・バレ 2003 限定セール,SALE

ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 新作,SALE

●コー(cot:マルベック)とガメィのブレンドできたロゼ・ワインです。樹齢16年のコーの畑。面積も一番小さく、赤ワインは他にもカベルネ・フランやガメィがあるので「気まぐれで」ロゼにしました。ブレンド比率は新井さんも立ち会ってコー80%、ガメイ20%に決定。「非常にナチュラルですがしっかりと旨味を感じる」味わいに落ち着いた模様です。 ●キュヴェの名前「プティ・ヴァンダンジュ・アントル・アミ」は「仲間内で摘み取って仕込んだちょっとした量のワイン」ってところでしょうか?キュヴェの名前の下にはヴァンダンジュ=摘み取りに参加したステファンの友達?と思われる人たちの名前がひとりずつ刻まれています。 ●でコメントですが、リアルワインガイド13号「テイスティング・レヴュー番外編」用の物をそのまま載せておきます。  「「みんなで収穫したんだ~」と言うことで、名前がゾロゾロ。このラベルだけでビジュアル的には91点。ワインの色もラヴィアンローズ!って気合いが入った濃さで、香りにガメイのイチゴ、味わいが少し苦めのマルベック、としかコメントできない様なシンプルさ。なんだけど、こう言う味を都会では「すたいりっしゅ」と言うのです、たぶん。これで「紫色のしば漬け」など抓むのは『粋』と言います。小鰭の握りとガリ合わせると『通』。87点/88点・・・2007~2010年 2006.02.10」 ●文字数が限られているからと言い訳しつつ、なんだか訳のわからないコメントになっていますが、要は『小洒落た味』何となくですが、お寿司とか系の和食に合いそうな気がするんです。コーが全体の味わいを引き締めているのかな?もう少し楽しく(今も充分楽しいのですが、さらに)飲むにはあと1年は寝かせたい。でもそうすると、果実味がもっと楽しく出てきそうなので、お寿司系は合わないかな?と楽しく悩める一本です。(2005.03.14追記 いのまた) ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ 新作,SALE

ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 お得,本物保証

●フランス語の辞書を引くと「ドゥドゥ:Doudou」というのは「西インド諸島の女」となっていますが、本当にこんな訳で良いのかな?どうにも西インド諸島には縁遠いシャルドネ100%のワインです・・・・・。 ●はっきり言ってこのワインの味は「変」です。しかもとんでもなく美味しく「変」。2003年のロワール物なので「幾分残糖感があるかな」と思いつつ試飲したんですが、実際に僅かな残糖感・・・・これが妙においしく感じます。ちょっと濁った感じはパタポンとかシャソルネの気の抜けた「ポエ」、フラール・ルージュの「ミュスカ」に似た脱力系。そして味わいも・・・・「間違えて発酵始まっちゃった」系ですね。いや、美味しい。香りはフレッシュなリンゴ系、白い花、クチナシの甘さ。ミネラルもしっかりとしていますが、幾分甘いのでこのあたりはしっかりとマスクされています。何よりも酸がみしっと存在しながら丸くて、丸くて・・・スムージーです。どう考えてもこのワインはシャルドネっぽさがほとんど皆無です。 ●少し落ち着くと・・・フラットな、と言うか薄いというか、そんな印象もありますが、ほわほわ~っとした美味しさは変わりません。同時に、ワインとして果たして評価しちゃって良いのだろうか?と言う事で悩みもします。一応アルコール度数13度はあるし、アフターのふっと横切るほろ苦さと、何でかわからないけど残る余韻の長さ、そして締めるところを締めている行儀の良さは、やっぱりワインなんだろうな~。パスカル・ポテル、もしかするとニコラ・ルナール、テュイリー・ピュズラに並ぶとんでもない作り手かもしれません。特にテュイリーに似て発想が自由なんですね。言葉を換えれば「自然に忠実!」かなりヤバイ!ワインです。ボワ・ルカが美味しい訳だ!(2005.05.18 いのまた) ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 お得,本物保証

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko AraiソーヴィニヨンブランAOCトゥレーヌ ブラン 2006 最新作,人気SALE

●2006年のソーヴィニヨン・ブランです・・・・新井さん曰く、「自分で言うのもお恥ずかしいのですが」と前置きしつつ「2005年はミレジムにも助けられ誰が飲んでも素晴らしいと褒めてくださいましたが、個人的にはこの2006年の方が技術的に上回り、なかなか上品なしたたかさを備えております」とのこと・・。広さ2.46ha、樹齢60年のソーヴィニヨン・ブランから収穫量を18hl/haにおさえ、500lサイズのロワール、ブランシャール製の新樽から3年樽までを使用。残糖度は6.6g/l、アルコール度数14.21度。・・・・いつながらに楽しみなボワ・ルカのソーヴィニヨン・ブランです。 ●下の2005年のところの写真で、柱に隠れているのがこの2006年のソーヴィニヨン・ブランの樽(だったと思う)。その際にも今までに無く繊細な味わい、と思っていましたが、やはり瓶詰めされてこうしてニッポンに入ってきても、その繊細は変わりません。おそらく厚みは2005年の方があるでしょう。果実味は2004年あたりが勝るかな?でもバランスとかこの先どうよ?となると・・・さすがの自信作、イイ感じで予想できます。先ずはもう一度じっくり飲んでみたいと思っております。   2005年のコメント・・・・です。 ●・・・・新井さんも「コレまでで一番満足のいく作りができた」と言う2005年のソーヴィニヨン・ブラン入荷しました。(・・・ってコレだけかい?何本も飲んでいるんですが・・・全くコメントらしいコメントが無くてスミマセン)   取り敢えず2004年物のコメントです↓ ●この2006年の春はまだ発酵途中で・・・と、ちょっと遅れてSB2004が登場です。 ●「今年はなかなかマロラクティック発酵が終わらなくて」と新井さん。春の時点でまだ残糖分が10g/lもあり、このまま出荷すると瓶内での2次発酵が起こる可能性があります。なんとかSO2を入れずにすませるために、もう少し、もう少し、と様子を見ながら6月まで様子を見ていましたが・・・・やはり8.7g/l程までしか下がりません・・・。これ以上置いておくと今度は酸化が進みワインのバランスが崩れます。そこでごく微量2mg/lだけSO2を加えて、ようやく6月15日(月が下がり逝く土の日)にボトル詰めが完了しました。・・・・セラーで悩む彼女の姿が想像できます。 ●こうしてできあがったソーヴィニヨン・ブランの04。すでに出荷されたフランスでの評判も上々。重厚でまるでムルソーのようだ、との評価に醸造長の担当のノエラも気に入っているようです・・・でも、新井さん本人は「満足していない」と言っています。    「どちらかというと、2004年はピエール・ボージェのようなスタイルです・・・」    「自然に任せて一切手を入れず、待って待って待った熟成感・・・勿論美味しいです。     純粋に雑味の合い味でプロの方は美味しいと評価してくれます。     天然コール度数は14.15度。勿論厚みのある骨格のしっかりとした味わいで、     単純にとっても美味しいのです。     しかし、私の目指すワインとは違います。こうした主張の強いワインではなく、     ゆっくりゆっくり瓶で熟成し、エレガントで主張しなくても、     したたかさを備えた厚みあるワインにしたかったのです・・・。」 ●2004年のソーヴィニヨンブラン。まだ入荷していないのでalarのコメントはオアズケ、です。最初に意図したところとは幾分異なった結果になったようですが、そのポテンシャルの高さは2002年、2003年とすでに証明済み。これはますます楽しみです。 ●で、試飲しました。但し試飲ボトルは下の方で紹介している500ml物です。では・・。・・・・う~ん相変わらずの芳香性!香りはレモンピールのグラッセ。オレンジ・シャーベット・・・そして夕張メロンと肉桂のような樽のようなハーブorスパイス。いきなり複雑で深みがあります。2003年よりぐっとタイトに引き締まっている・・・この辺りが一番ニュアンスの違いを感じるところかな? ●骨格的にはムルソーとは酸のきめ細かさが違い、ちょっと古めのサヴァニエールとかに近いのかな?勿論味わいはシュナンとソービニヨン、果実味の構成が異なりますが何となく似ているな・・・。やる気満々という「強さ」もその一因かな?この辺りが新井さん的には納得いかないんでしょうね・・・。2003年とだいぶ印象が違うもの。するっと、行かない。共通項は最後に舌の上にうっすら残る酸の質。これがボワ・ルカのSBでなければ、うひゃ~とか、どひゃ~とかなるんですが・・。多少はガスも残っているので、できれば一度デカンターに移し替えて、500mlでこんな感じですので、750mlならなおさら。それと、暫く落ち着かせる必要があるかもしれません・・・この辺りは明日の様子で・・・。(2006.08.11 いのまた) ●ちょっと近所の寄合があったその後で飲んでいます。・・・昨日よりも幾分肩の力が抜けてきた、と言う感じです。柑橘系の果実味に幾分トロピカル菜、パイナップルやグアヴァのような香りが出ています。それでもしっかりとした強いミネラルの輪郭感じられます。確かに「多少」肩の力は抜けたけど、押し出しは相変わらずに強い。もう一日置いておいても良いかな?と思わせるところ、やはり只者ではありません。・・・マロラクティック発酵が長引いたために結果的に樽のニュアンスを多く取り込み、それが結果的にこのワインのキャラクターを形作っているのかな?それでもバランスを崩していないのはやはり葡萄の強さなんでしょうね・・・。やはりボワ・ルカのSB、ただのソービニヨン・ブランではありません。跪くまでは行きませんが、まずは「脱帽して飲め」です。(2006.08.12 いのまた)  ↓以下2003年のコメントとなります。暑い年とは思えなかった・・・ ●畑の以前の所有者キャサリンのお爺さんが1947年に植えたソーヴィニヨン・ブランです。畑の広さは2.46ha。昨年の様に鹿に食べられる事は無かったようですが、ブルゴーニュ並みの強剪定(一本の木にブドウ8~10房)を施し、8.3hl/haと驚異的な低収量に押さえた結果、最終的な生産量は2720本となってしまいました。収穫は9月4日から延々約一月かけ10月2日に完了。収穫時の天然生成アルコール度数は14.05度まで上がっています。非常にポテンシャルの高いワインとなったのでマロラクティック発酵の終了もなかなか終わらず、瓶詰めは2004年11月26日。これも『花の日』です。 ●・・・ソーヴィニヨン・ブランのワインなはずですが・・・最初の香りはかなり南の要素を感じるオレンジ色、ヴィオニエとかミュスカのようなしっかりとした芳香を持っています。グラスに入れて暫く落ち着かせる事10分程度、ようやくそれらしい、黄色い柑橘系、白い花、ミネラル感のあるハーブに移ろい、記憶にあるソーヴィニヨン・ブランが戻ってきます。ある意味香りの移ろい、良い意味でめまぐるしく、飲まずにもその力の強さを感じます。と同時に、まだまだ寝かせてあげないと、イケナイのかな・・・? ●グラスの縁に見られる粘性の高さ。酸がきめ細やかでしっかりとしているため、口に含むと意外にするっと抜けますが、抜けた後がこのワインのまさしく真骨頂。まだ堅くしっかりとしたミネラルの芯を中心にミルフィーユの様に幾層にも重なる、うっすらと優しい果実味。静かながらも鮮やかな印象の余韻が残ります。・・・・2002年のクロ・デ・ルージュ・ゴルジュ、2003年のレ・レザン・エ・ランジェ、こんなところに近いのかな・・・・ ●この試飲の段階では入荷直後、と言うこともありまだ本来の力の75%ぐらいしかだしていないのでしょうね。ボディの強さにおされて、まだまだディティールが断片的で控え目です。一番最初に感じた香りから、今以上に深みのある味をとなることは確実。決して飲み急がないで下さい。できれば半年ほど待って・・・非常に楽しみな一本です。(2005.10.26 いのまた) ●と、締めつつも日本シリーズ最終戦(結果的に)の経過などチェックしながらグラスに入れて30分ぐらいでしょうか?綺麗にまとまってきました。芯の回りの薄皮剥けて、輪郭がより明快になってきた感じかな。この芯が緩やかに開き始めるときが飲み頃なんでしょうが・・・・・。実はこの試飲、横着してそこいらにあったリーデルのブルゴーニュ・グラスなどでやっているのですが、大きいボウル一杯に整った香りがあふれています。最初予想していた「オレンジ色」の強さはありませんが、しっかりとした深みが感じられます。グラスを代えて、リーデルのソーヴィニヨン用のグラスで試すと・・・ロワールらしさが俄然と出てきます。やはり酸がくっきりとする分だけ全体がびしっと締まります。まだまだ可能性は残したままですが、期待通りの力を引き出せました。おっと、明日の分を残しておかなきゃ。クルトワの『クオーツ』にも似た力強さ、端正なミネラル、ピシピシと感じつつ、どこか優しい・・・。(2005.10.26 いのまた)  ↓以下2002年のコメントとなります。いちおうは飲んでいるのですが・・・ ●フランス各地のプロ向けのテイスティング会で評判となったのはこちらのソーヴィニヨンブランです(マロラクティック発酵完了前の状態)。alarも昨年11月の「お披露目会」で飲んでおりますが、クリーンで尚かつ底力のある厚みを感じました。気持お値段高めですが彼女の努力に免じて、ご容赦下さい。貴重なファーストヴィンテージです! 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko AraiソーヴィニヨンブランAOCトゥレーヌ ブラン 2006 最新作,人気SALE

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールロゼダンジューヌNV いちおう2007ヴィンテージ 新作登場,得価

●何となく、ご町内の世話役、と言った感じのマルク・アンジェリ。ですが、実は、かなり反骨精神溢れる情熱家。彼の『闘争の歴史』が刻まれた『ロゼ・ダンジュール』2007年物入荷です。グロロー・グリ60%、カベルネ・フラン40%から作られました。   2005年物のコメントです↓ ●また「ダンジュール」になっちゃいました。なぜか今までにない「クレーレ」的な色合いです。これは色調がスタンダード物とはちがいますね。例によってINAOへの「挑戦状」は「ラベルの裏側」。瓶の後ろから光をかざして読み取れます。どうやら「フランスは肥沃な豊かな国だから、葡萄を効率よく育てると、効率よく税金を取り立てられる」と言うような、どなたかの言葉が書いてあるようです。 ●で、どんな具合に色が違うか、と言うのが下の写真。左は2004年のロゼ・ダンジュー、右が2005年のロゼ・ダンジュール、です。 ●そして、入荷後の話ですが、今回はACがとれなかったと言うよりも、最初から取る予定がなかったようですね。料理通信0号(料理通信社)のマルクの特集を読むと「多くのロゼ・ダンジューは酷いモノだから、あえてAOCを取ることをやめて、「在りし日のロゼ」と名付け、これを商標登録し、2005年からこれに賛同する15人の栽培家が『ロゼ・ダン・ジュール』を作ることになった」と語っています。その内の一人がオリヴィエ・クサン。これまでマルクのロゼはここの畑のモノを使っていたのでクサンもロゼ・ダン・ジュールを作るようになると、サンソニエールのモノが自動的に減ってしまいます。そのためこの2005年から入荷量も少なくなりました・・・。まずはご報告、です。  2004年物のコメント、これだけ、です↓ ●3年ぶりに「ロゼ・ダンジューヌ」から「AOCロゼ・ダンジュー」となりました。  いちおう2003年物のコメントです↓ ●マルク・アンジェリ、手を変え品を変え、2003年もロゼ・ダンジューヌ、だしてきました。今回のご注目はラベルの裏側!お得意のメッセージに加え、堂々と「2003」と書かれています。2003年もヴァン・ド・ターブル扱いなので、表にヴィンテージの表記はできませんが、こんなところを使ってきましたね。 ●瓶も今回は変えています。伝統的なアンジューのレリーフの入った瓶は使えなくなったのかな?色調もかなり薄くロゼからオレンジに傾いています。ロゼと言うよりも多少年季の入ったコトー・デュ・レイヨンと言う感じですね。(とりあえず左の写真をご覧下さい。右側の2002年とだいぶ色が違うでしょう)。この色調については、表ラベルの横に説明がしてあるようです。「補糖とSO2添加をしていないから、こんな色になっちゃいました」と。 ●さて肝心の、お味の方はどうでしょう?・・・・う~ん、いつもと少し感じが変わっていますね。2002年ほどの甘さを感じません。甘さを引き立てる酸度が柔らかいのかな?若干樽のニュアンスが強目ですね。イメージ的には榮太郎さんのニッキアメをお湯で溶いた感じ?少し時間が掛かりそうな感じです、調子だすには。 ●今までの印象に較べると「貴腐」の感触がややおとなしげ、です。時間が経つとシェリー酒のような熟成感のある香りがでてきます。サンソニエールの辛口白に近いかな?醸造段階でSO2使っていないので既に若干の酸化が進んでいるのでしょうか?うっすらと乗った若いタニックな味わいは、樽に由来するものなのかな?2003年はフランス国内中どこも暑かったようですので、少し例年のスタイルと異なるのかも知れません。甘さが僅かに後退し、その分苦みのあるミネラル感が強いので、これが帰って食事にはあわせやすいかも知れません。 ●お約束の北京ダックやフォアグラ・ソテー以外にも、酢豚や京都風の甘辛すき焼き、タイ料理にでてくる甘いソース付きのフリッターなんかに合いそうですね。(2004.02.20 いのまた)  2002年物のコメントです↓ ●ついにやってしまった、マルク・アンジェリ。こちらのワイン、昨年までロゼ・ダンジューででていた物ですが、2002年は、当局よりのお達しで、そのAOCが名乗れなくなってしまいました。しかもヴィンテージも・・・。 ● 品名はRose D'Anju からRose D'un Jourに・・・。 ● 毎年、マルク・アンジエリはこのロゼワインにグロロー・グリの貴腐果をふんだんに使ってきましたが、その為本来のロゼ・ダンジューとは異なった色調と色合いになってしまいました。その為INAO(フランス国内でAOCを管理している団体)から「ロゼ・ダンジューと名乗ることはまかりならん!」となってしまったわけです。(このロゼはグローロ・グリ60%、カベルネ・フラン40%から作られます。この畑はクリマの特徴で毎年グローロに貴腐が付くためこれだけ香りの高いロゼが出来るのだと言うことです。) ● その為彼の考えたネーミングが「ロゼ・ダンジューヌ」、「ある日のロゼ」と言う程度の意味合いです。そしてそのいきさつは、ラベルの左上に彼が皮肉たっぷりに書いていますね。   「この惨めなワインは、(アンジュ・ロゼとしての)色調と味わいが規格外のため、    AOCの承認を否定されました。私に言わせれば、システムの方がおかしいのです    が・・・。この年はエチケット(ラベル)上で年号を記載する権利がありません    が、皆さまはコルクでご確認いただけます。」 ● 色調で言えば、昨年2001年の物とほとんど同じ、でも透過光の元では、ずっと2002年の方がロゼっぽいぞ!。また昨年の物より少し酸がしっかりとしている感じがします。素人考えでは、「これならいいじゃない!」と言うところですが・・・。目をつぶって飲めば、コトー・デュ・レイヨンと間違えてしまう、と言うところがいけないんでしょうね?01ほど、貴腐貴腐していませんが、甘露な甘みはやっぱり美味しいです。グリオットやラズベリーの新鮮で、しかもぎゅうとつまった果実味、美味しい酸味としっかりとしたミネラルの味わい。飲めば飲むほど美味しさが増してきます。気持この年の方が飲みやすいかな?・・・・なぜINAOが、このワインのAOC取得を許さなかったのか、その気持ちが分かります。だって、これをロゼ・ダンジューとしたら、そのほかのロゼ・ダンジューは行き場を失ってしまうから?すこしかんがえすぎかな?。(2003.05.09いのまた) ● インポーターさんは、このワインのお相手に地鶏や鴨の皮をぱりぱりに焼いた物に蜂蜜やフルーツのあまり甘くないソースをかけた物がオススメ。alalは北京ダックで飲みたいですね(そー言えば杏露酒にもにているわ)。脂のたっぷりのったノルゥエー産のスモークサーモンも良く合いそう。もちろんでシャーベットやアイスのデザートにも良く合いそう。えへへっ。(alarにはこのワインをINAさん、ル・テロワールさん、ラシーヌさんの3社から順次入れております。) ●春の第1便から暫く経って、この秋に手にしたクラスマンのレビュー・ド・ヴァン・ド・フランスを眺めていたら・・・でていますね、ロゼ・ダンジューヌ!なんと9.5ポイント。ちょっとビックリですね。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールロゼダンジューヌNV いちおう2007ヴィンテージ 新作登場,得価

ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 限定セール,安い

●2005年の「サヨナラ」は500ml瓶となります。2006年物が登場したので隠しておいた分を出してみました。この2005年はかなり高い比率で貴腐果を使っています。それだからこのサイズでこの値段になってしまうんですよね~。(doux:そこそこ甘口の表示はalar的に、こんな処かな?です。オフィシャルな表示ではありませんので、よろしく) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 限定セール,安い

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック 2002 人気定番,100%新品

●お帰りなさいニコラ!と言いたくなる、ニコラ・ルナールの手になるヴーヴレです。昨年のテュイリー・ピュズラのヴーヴレ「ポド・テールNo.2」、そしてこの夏の「ヴーヴレ・ペティアン」に続く正真正銘ニコラの作品です。 ●ありきたりな表現かも知れませんが『凄い!』です。コルクを抜いただけでフワ~と香りが立ち上がっています。グラスに注いだ色合いは気持この手のワインとしては濃いめかな、と言う程度ですが、まず香りの凝縮度が違います。グレープフルーツのマーマレード。ピーチのコンポート。クチナシの花、ジャスミンの様なオリエンタルな香り、まだ積みたてのセージやタイム。それぞれのコンポーネントは繊細ですが、これらが一気にあふれ出してきます。軽くスワリングするだけでそのワインの粘性の高さにビックリ。これを口に含むとまた凄い。凝縮された香りとと共に厚みのあるボディ、しかもミューズの美しさを持っています。ミネラルもたっぷりしていますがあまり硬質な感じではないですね。柔らかさ、しなやかさがあります。優しい苦みを伴いますが、これがちょっとビックリのするぐらい長いアフターのなかで、心地よいハーブやミンティーなニュアンスに再び戻り、これまたきれいなフィニッシュを見せてくれます。(2003.12.06 いのまた) ●正直言ってこの値段でこの味わい。ちょっと感動モノですね。甘みを抜いたオレンジ・キュラソー。時間とともにお約束の蜂蜜や花梨の香りもゆっくりと立ち上がってきます。ゾクゾクします。テュイリーのproduceしたNo.2よりもさらに密度がまし、オート・ボルヌのヴーヴレーのミネラル感とはまた異なったパワフルさがあります。サンソニエールやルネ・モスの重厚さとはまた一味違う、シュナン・ブラン第3領域。のこの辺はヴィンテージ、畑の土の違いかな?全体のプロポーションの均整が取れているところは、さすがニコラ・ルナール!ですね。 ●インポータのラシーヌさんには10月末ごろ入荷でしょうか?alarには12月初旬の入荷ですので約一月ねていたことになります。それにしてもコンディション抜群、最初からこんなに飛ばして良いのかな?という心配もありますが、このワイン持ちますよ!きっと。きっちりアルコール度数13度キープしているし、酸とボディのバランスは、こうしてコメント打っている間にどんどん良くなっています。このままではテイスティングでなく、ドリンキング状態に突入してしまう!この他にも異なったキュベが入荷するというので、今から楽しみです。ペティアンが欲しい!甘いのも欲しい~! ●2回目の入荷(2004.02)にあわせて初回入荷分のうちから一本とって置いた物を試飲してみました。約1月半落ち着かせた物です。サン・スフル(SO2無添加)に近い状態ですので幾分熟成スピードが速いようですが、その分味わいに凝縮感がましています。最初に飲んだときよりもさらに印象深い味わいです。発酵・熟成はステンレスタンクで行っていますので、純粋なシュナン・ブランだけのオイシサです。この分だと2~3年は十分に楽しめそうな素晴らしい出来。ますますオススメしたくなりました。(2004.02.04 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック 2002 人気定番,100%新品

クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨン・ブラン ビュイッソン・プュイユー AOCトゥレーヌブラン2004 人気SALE,100%新品

    穴子の天ぷらなどにいかがでしょうか? ぴしっとしたミネラルが小粋です。    ●2004年のビュイッソン・ピュイユーです。試飲完了まで今暫くおまちください。それまではこちらの2003年のコメントを・・・・って2001年からすすんでいません。申し訳ありません。まずは写真だけで・・・必ず2004年は新しいコメント入れます。 ●と言うことで、善は急げ?2004年試飲してみました。ところで前々から気になっていたんですが、普通のソーヴィニヨン・ブランとソーヴィニヨン・ブラン『ビュイッソン・プイユー』のとの違いは何処にあるんでしょうかね?このあたりに注意して飲んでみようかな?と思います。さて本番! ●まずは香りですが、洋なしっぽいと言うか、白い花っぽいと言うか、おそらく飲んでは甘くなんだろうけど、そう感じさせるような果実味の強さが違いますね。で飲んでみると・・・実は、そう違いが感じられないんです(例年のことなんですが)。酸のバランスとか、ミネラル感とか僅かにスケールの違いが感じられますが、バランスはほとんど同じなんですね・・・・。 ●で、結論言っちゃうと、400円の差というのは、ワインの持ちにあるんですね、これが。最初のうちはあまり差がないんですが、暫くグラスに入れておいておくと、がぜんビュイッソン・ピュイユーの力が安定してきます。一旦開き始めたら俄然ビュイッソン・プイユー有利。変なたとえなんですが「ざるそば」と「天ざる」ぐらいの差かな?ここは神田猿楽町「松翁」の穴子天ざるが良いと思います。(2005.08.29 いのまた)●こちらはソーヴィニヨン・ブランで作られた辛口の白ワイン。樹齢45~60年というふるい樹のブドウが使われています。このワインだけは今回(2005.03)が始めて入荷ですのでまだ試飲していません。以下古いコメントですが、ご容赦下さい。 ●大変綺麗で透明度の高い湖、と言う感じのワインです。ソーヴィニヨン・ブランらしい、爽やかな香り、レモンピールやオレンジピールとジャスミン?、気持ちの良い青草の香りがありますが、フィニッシュには全く「苦み」が無く、優しい余韻を残してくれます。口の中でも、「目に見えない密度の濃さ」がしっかりとありはつらつとしたワインです。でもこういうワインが空けてから2日目、3日目で、とんでもない芳醇なワインに変身することもたびたびあるんですよね~。 ●↑これは前回入荷した2001年のコメントですが全くそのまま(2002年も)使わせていただいております。変わらないですねテュ=ブッフのソーヴィニヨン・ブランは。アルコール度数14度とんでもないパワフルなワインですが、それに釣り合うだけの酸をしっかりと保持しているのは、見事という他はありません。まだ解き放たれていないミネラルの塊、スパイシーさも残しながら柑橘系の香りや味わいの間にまだほんのりとした甘さを感じさせる、と言うところも見事ですね。これもまた長くお付き合いできるともっといい目に合いそうです。 ●さすがに長期インプレッション(と言ってもたかだか一週間)で最初に落ちていくのはこの辺り。ピークはやはり3日目~4日目ぐらいですね(バキュバン無し、そのままalarのセラーに放置)。5日目辺りから酸も落ちてフラットな感じになりますが、その直前のレモンや青リンゴの果実味の華やかさはやはり見事です。このワインもあと半年は寝かせて置きたいですね。澱を沈めるのがちょっと大変そうですが。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフソーヴィニヨン・ブラン ビュイッソン・プュイユー AOCトゥレーヌブラン2004 人気SALE,100%新品