アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




ジョセフ・ロティACブルゴーニュ ルージュ 2005キュヴェ・デ・プレソニエール 驚きの破格値,人気

●ふ~ん、こちらもちゃっかりと先に飲んじゃていますが・・・かなり好奇心と言おうか期待以上の味わいに、興奮とは言わないまでも感覚的な中枢を刺激されてしまいます。ま、掴みがバッチリなワインですね。フレッシュな酸味もたっぷり、それに伴う果実味も実に鮮やか。アフターにはホンワリと品のある樽香とかそこいらに由来するちょっとモカ的、あるいはヴァニラ的な甘さも一滴・・・中盤の盛り上がおとなしい処は、まだ着きたてのためか、若さのせいか?ですが、真打ち昇進間近にひかえた二つ目辺りの技量はしっかり持っていますね。ACブルというクラスを考えた上では、スキルはほぼ間違いない完成度を感じますね。 ●ここはやっぱりお肉物。お砂糖で下味付けて関西風のすき焼きかな?おネギの甘さも大切ですね。じっとりと甘辛含んだ焼き豆腐。皆さんがそれぞれ準主役級。それを支える脇役が・・・。すき焼きはやっぱり冬場かなと思いつつも、牛肉系の佃煮など・・・・わかりやすい美味しさ、これはこれで良い物です。(2008.04.11 いのまた) ●真打ち昇進間近!などと言っていたら、かつてはジュブレ・シャンベルタンの村名区画からのワインだったとは・・・どうりで出来が良いはずです。インポータさんのコメントです。   「1994年まではACジュヴレ・シャンベルタンを名乗る事が出来ましたが、法改正によりACブルゴーニュになりました。ジュヴレを名乗っていただけあり、他のACブルゴーニュとは全く異質のワイン。複雑味に富み、スケール感の違いは歴然。かなりのコストパフォーマンスを持っています。濃厚でブラックチェリーのような香りを放ち、ミディアムからフルボディの構造のしっかりとした力強く、それでいて洗練されたスタイル。果実のぎっしりと詰まった飲み心地のよいスタイル。(P.P: 88-89) 」・・・でもプレッソニエール:Pressonnierlってどういう意味なんだろ・・・・。 ●ワインドヴォケイト誌のコメントです。   「A 2005 Bourgogne Cuvee de Pressonnier offers fresh black cherry and cassis aromas and flavors but with a hint of caramelization and resin as well (possibly reinforced by second-year barrels-although most of Roty's wines are lavished with new wood, yet do not betray it in any obvious way). At just under 13% natural alcohol, it displays ample ripeness and berry-tart persistence」 ●こっちはまずまずイイぞ、2日目も。ちょっと甘さもでてきてますね。今なら抜栓後何もしないで6時間というのが美味し目安でしょうか?実際にお家で飲むときなんぞは、皆さん一晩でどのくらい飲まれるんでしょうかね?そんなことを考えつつもこれならなんとか2日はもつかな?ただ、これがジュブレの味わいか、と言うとかなり近いんだけどちょっと違うかな?と言うところもこの2日目になると感じるところもあったりして、と言うことなんですが、ま、あまり細かいことは抜きにして楽しみましょう。 ●で意外にふたくち目辺りからが粘り腰。なるほどジュブレ・シャンベルタンっぽいなと思いつつ、表面だけのイイへなちょこワインじゃあないこともしっかり判明。ACブルゴーニュ・クラスながらも3~4年は寝かせても良さそうな性格です。そうなるともっとジュブレらしいミネラル感とかがハッキリしてくるんじゃないかな?そんな期待もしてみたい一本でした。(2008.04.12 いのまた) ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 ジョセフ・ロティACブルゴーニュ ルージュ 2005キュヴェ・デ・プレソニエール 驚きの破格値,人気

ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新作登場,新品

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新作登場,新品

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 人気SALE,新作登場

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。 ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 人気SALE,新作登場

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 格安,2016

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 格安,2016

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ ニュイ・アン Nuits 1 2006 新作登場,定番

●2006年のロック、入荷しました。ちょっと冷えすぎですが早速試飲を・・・・。ダークチェリーにミュールの様な果実、幾分ワイルドながらも凝縮感を持っています。ほんのりとヴァニラや甘草の甘い香りも湧いてきます。冷えすぎと言いながらもしっかりとした存在感。どうでしょうか?何となく無くロックのワインらしくないストレートなニュアンス。2005年よりも全体的な要素がバランスよくつまっているのかな? ●常々この「ニュイ・アン」には一級の味わいを期待しちゃいけないと思っているんですが、この2006年は、バックラベルの表示通りにニュイ・サン=ジョルジュ1erCruを期待していただいてイイかもです。感じとしてはモレ・サン=ドニのクロ・デ・ラローシュを一回り小振りにした様な・・。樽の感触なんですかね?でも果実由来のタンニンがすごっく丸まっていて滑らか。いわゆるビオ的なある種の線の細さが感じられません。もっとこう太い輪郭。で、樽のニュアンスが落ち着いてくると幾分中盤が間延びしつつも今度はお待ちかね、乾燥したハーブボックスとか、人参や牛蒡などの根菜類の持つ旨味の登場。・・・・これはもう牛蒡と人参のきんぴらに少し牛肉混ぜて、と言うパターンですね。中華系なら牛肉に片栗粉まぶしたのと筍のせん切りや赤ピーマンのせん切りをオイスターソースあたりで炒めたヤツとか・・・。コス・デス・トルネルよりもロックの方が何となくパゴタがにあいそうです。(2008.12.27 いのまた)  2005年物のコメントです ●下の方の2004年のコメントでは「それなり」と書いておりますが、2005年、お値段も高くなった分だけかなりの出来です。ニュイの1級でこの値段というのはちょいとお得では?と思っちゃいますね・・・。 ●いわゆる凝縮感に富んだ味わい。熟し加減が程よい果実味、ミネラルやスパイスを感じさせてくれる奥行き。一応、今は秋ですが、ニュイの丘の向こうには沸き上がる入道雲、そして澄んだ青い空って感じで、夏を感じるワインとなっています。でも、暑苦しくないのは、酸やミネラルの心地よい木陰のせいかな?2005年のロックのワイン、全て飲んでみたくなりました!!(2007.11.08 いのまた) ●暑い夏を感じさせながらもどこか涼しげ?味わいは十分に濃いけれど、まとまりすぎてスケール感が普通のプルミエクリュ・・・寝かせてどうかと問われれば・・・全体の落ち着きはでるけれど、タンニンがまとまりきれるかな?2つか目ですが意外に開かないと言うか、神経質というか・・・この辺り「ロックのワイン」なんですね。パカレもなかなか開いてくれないところがありますが、同じ年のパカレのニュイ・サン=ジョルジュの一級と較べるともっと質量がある。その分、重いと言うか動かない。あえて言うなら・・・叔母さんのところのワイン(最近飲んでいないけど)に似ているかな?・・・と考えつつ、このアンコールワットとかアンコールトム(行ったことないけど)なんかを勝手に感じさせるオリエンタルな神秘な感じ・・・・こう上のクラスは一体どうなっているのだろうと・・・(続く、かも 2007.11.08 いのまた) ●余談ですが、この辺りの7月の平均気温って夏場(7月)でも25度ぐらいなんですね。やはり日本よりも幾分低い。なのですがこの2005年はこの辺りも平気で30度越える暑さがあったわけで、その暑さの中で、ちょっとした木陰を演出してくれているこのワイン、なかなか良いワインと思う次第です。暑さは暑さとしながら、涼しさもきっちり抑えているんだよね・・・・おそらく畑の低いところのブドウかな? ●という感じで、3日前に開けたこちらのワイン飲んでいるわけですが、程よい味わい醸しちゃっています。アンコールワットから抜け出してその門前のお土産屋さんが並んでいる辺り、と言う幾ばくかの気軽さ・・・(相変わらず行ったことが無いので想像の世界です)。でもなんとなく異国情緒溢れるこのワイン・・・イイですよ~。ニュイ・サン=ジョルジュと言うよりもヴォーヌ・ロマネの雰囲気を醸しています。近頃気になるオーレリアン・ヴェルデなどと較べるとずっと怪しさが増しますね。つぎにフレデリックとあったときには「何処がクロ・デ・コルヴェになるか」じゃなくて「何がクロ・デ・コルヴェじゃないのか?」質問の内容変えてみよ。(2007.11.10 いのまた)   2004年物のコメント↓ ●一級クロ・デ・コルヴェの格落ちが「ニュサンジョルジュ1erCru」そしてさらに格落ちがこちらの「ニュイ・アン」となります。そしてその価格差は約5分の1。お得と捉えるか、それなりと捉えるか・・・・残念ながら「それなり」です。でもこのチャーミングな味わい。酸ものった豊かな赤い果実味、遠くから醸される樽のニュアンス。それでもまだまだ開ききらない処もあって、なかなかにプリューレ・ロックの魅力を伝えてくれる一本です。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ ニュイ・アン Nuits 1 2006 新作登場,定番

ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 定番人気,HOT

●下のヴォーヌ・ロマネと較べると、幾分こちらの1998年の方が熟成が進んでいるかな?と言う感じです。でも、基本的に「作り」は変わらないな・・・ヴォーヌロマネよりも果実味の膨らみを感じますが、ベースとなるタンニンの厚味とふくよかさ、そしてやや甘味すら感じさせるボディ。このあたりは共通しています。酸の繊細はやはりブルゴーニュなのですが、全体の味付けはNZ系のピノににているんでしょうかね・・・・。ちょっと面白いシャンボール・ミュジニ、そしてなかなかオイシイシャンボール。ミュジニ、であります。 ●いわゆるポテンシャルを感じさせられないのですが、きちんとしたクオリティをかんじるのかな?かなり詰めたニュアンスの作りを感じます。やること、やってるねと。酸のきれいさ、たゆたうようなボディの存在、欠点はあまり見つからないんだけどな~・・・・、伸びシロが測れない。ミネラル感が希薄。これがクリアーされるとかなり高得点が期待できるのですが・・・それでもワインとしては妖しい魅力に溢れています。(2008.07.21 いのまた) ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 定番人気,HOT

マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 全国無料,定番人気

●AOCムルソーの畑に隣接するACブルゴーニュ区画レ・ミルラン内に0.35ha所有している、平均樹齢35年ブドウから。新樽率40%で年間生産量は1500~2500本。 ●バーガウンド.comの27号ではかなりイイ感じです。    「Producer note: Claudine Russel, Thierry Matrot's aunt, directs this small 3.5 ha domaine that produced its first harvest in 1999. Mme Russel told me that the '05 reds reminded her of a slightly riper version of her '02s. The wines, both red and white, were bottled in September. Note that there was some doubt that the correct bottles were pulled for this small tasting as I would have reversed them based simply on typicity. I was assured by Mme Russel's cellar master that no mistake had been made but when the bottles are not labeled and the corks not stamped, I confess to wondering.」    「Tasting note: This is quite ripe with a lovely nose of orchard fruit, hazelnut and subtle spice hints that lead to utterly delicious medium weight flavors that possess good mid-palate fat, fine volume, solid length and impeccable balance. This is an outstanding Bourgogne and highly recommended as it offers villages level quality plus it will age.Tasted: Jul 01, 2007Score: 87Drink: 2009+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●なるほど、アウトスタンディングとトップヴァリューとなっています。 マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 全国無料,定番人気

ドメーヌ アルローペールエフィスシャルムシャンベルタン GrandCru2002 定番,安い

●2002年から再びシャルム・シャンベルタン登場です。バーガウンド・ドットコムのアラン・メドウ氏も注目! ●サンプル到着までこちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comとNBIのレポートです。  Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)  「A hint of reduction is not sufficient to hide the expressive red pinot fruit nose that introduces sappy, round, supple, moderately structured flavors that are pretty and intense but this finishes on the short side. This could easily flesh out with time however and if so, I would expect my score to be on the conservative side. (88-90)/2008-15  NBI Archives・・・・November,2003  「A massive red Burgundy, redolent of thyme, cherries, pepper, crystalline raspberry fruit, and baked earth. This is very serious for a Charmes, as if holding back for now its ultimate raw sex appeal. Prunes, flaky pie crust, and true complexity are the hallmarks of this wine. Estimated maturity: 2008-2015. Only 48 cases.」 R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。  ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。 2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。 ドメーヌ アルローペールエフィスシャルムシャンベルタン GrandCru2002 定番,安い

ロイスデュフルールボーヌ1erCru レサンヴィーニュ 2004 100%新品,人気SALE

  これが初めての日本国内販売ではない証拠に、ほれ。2001年のコメントです。 ●下の写真をごらん下さい・・・・どことなく某(超)有名ドメーヌの風体に似ている、と思いません?ラベルの上にも、いかにも手書き風に「ボトルで4856本、マグナムで300本つくったよ」と書かれています。 ワインを紹介していただいているインポーターさんによると、フィリップは「茶目っ気のある目つきと、思わず心を揺すられる笑い声の持ち主」と紹介されていますが・・・そんな性格の現れでしょうか? ●レ・サン・ヴィーニュの畑はボーヌ北端の低斜面にあり、土壌は砂地。ブドウの植樹は1960年と1980年に行われています。生産量は6000本あまりとなります。サンプル来ましたので、早速試飲してみます(本当は1週間ほど経っちゃたけど)。とっと濃いめのルビー色、透明感があって綺麗です。香りもなかなか華やかで親しみやすい雰囲気。ラズベリーやグリオット、柔らかな樽香も感じられ、チャーミングですね。ワンテンポ遅れてくるのはビオ系の旨味系かな?よくワインの素性が判らないので何とも・・・。 ●飲んでみると・・・・その系統ですね、これは。果実味と同時に旨味がでてきます。梅カツオ系とやや甘味のある樽のニュアンス、まとまっています。ミディアム・ボディーに詰め込まれたタンニンの滑らかさとも良くマッチしています。アフターはそれほど長くありません。果実味と涼しげなハーブの香り、モカ的なこくのある焦げ味、この2つを結ぶ中間部分にやや弱さがありますが、これは落ち着くと何とかなるかな? ●少しぽっちゃり気味のブルゴーニュ、肉付きがいいので抜栓直後から楽しめます。グラスに放っておくとやや苦味がでやすいので、少しずつ「つぎ足し継ぎ足し」の方がイイのかな?それともたっぷり注いでくっ、くっ、くっといった方が良いのかな?完全に身を委ねちゃう的癒し系のワインではありません。飲み手の側からのいろいろなアプローチで楽しみたい参加型の楽しいワイン?そんなところに作り手さんの顔が見え隠れする「アカルイ」イイワインです。(2004.06.12 いのまた) ●と、このように一日目の印象をかなり気楽に書いておりましたが、やっぱり2日目3日目辺りから一段と美味しさに磨きが掛かってきました。やはり最初に感じた果実味の豊かさはそのままに、丸くなったタンニンの旨さが光っています。全く以てアカルイワイン。これはオススメです。(2004.06.15 いのまた) ●バーガウンド.comの10号にコメントがでていました。  「Notes of fresh pinot fruit and fairly prominent pain glille notes combine with bigger, richer, nicely sappy flavors that deliver fine length for this level. This too is delicious with a lovely mineral component. 86/now」 ロイスデュフルールボーヌ1erCru レサンヴィーニュ 2004 100%新品,人気SALE

フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 低価,新作登場

●かなりお気に入りのダレン。2005年物が再々入荷しました。  『05年のぶどうはしっかり完熟です!持ち前のフルーティーさがたっぷり出ています。もちろんミネラルも十分!じわーっとしみていく優しい浸透感がとても心地よいです。』とのことで期待が持てます。またお値段も2004年から据え置き。これまた嬉しいことです。 ●抜栓して2日目の状態でのコメントです。・・・ウン!これはイイ!おそらくミネラルとか酸とかの角が幾分丸くなり、果実味も適度にほどけた状態だと思いますが、それでも果実味が豊かでリッチな味わい。過度に熟した感もなく、桃や柑橘系のしっかりと詰まった感触。これまでの2003年や2004年に比較するとワンランク上のバランスを持っていると感じます。 ●2日目でもミネラル感はしっかりと残り、果実味をしっかりと支えています。やはり飲み下した後の味わいの広がりが実に秀逸。2005年の素晴らしさはやはり此処、リュリーにも及んでいるようですね。・・・今飲んでも十分な美味しさながら、あと4~5年は十分に熟成させて楽しめそう。でもそれまで待てるかな?コストパフォーマンスの高い一本です。(2007.03.04 いのまた) ●で、再入荷に伴い、改めて上の方の解説読んでいると、なるほどリアルワインガイドに載っていたのか・・・このワイン、改めてネゴシアン物なんですね。でもそこで誰にと媚びない潔さ、それは同時に優しさ・・・・も一度飲んでみようかな・・・   2004年物のコメントです↓ ●のっけからオレンジ・ピールの甘い香り、振りまいちゃっています。なんだか香りにビオを感じましたが、・・・確かにそうでした。2003年に較べるとずっと果実味が濃い感じ。ハニー系の香りは後ろに控えていると言う感じかな?後になって出てきます。酸が太くてそしてソフト。幾分?な苦味が全体をとらえていますが、大きめのグラスだととんでいくのかな? ●と言うことで大きめグラスに移し替え。OK!ソフトな味わいに整いました。でも果実味がとんでいってしまったな~。美味しく飲むのはなかなか手間のかかることです。それはさておき2003年に較べると果実味は豊かですが全体としては酸とミネラルがシャープ。そのため全体としては「コンポート」までは行きません。その代わりしっかりと寝てくれる予感・・・・2,3年先が飲み頃かな?酸が落ち着くのを待って、と言うところで明日もう一度試してみたいのですが・・・次回レポートは4日後ぐらいとなりそうです。(2006.04.16 いのまた)  2003年物のコメントです↓ ●なるほどバランスがとれていますよ、このワインは!いろいろあってどれをサンプルに取ろうかなと思案した上で、危うい2003年飲んで見ればその作り手の実力がわかるかな?と、あえて美味しそうな2002年はスルーして2003年にしたんですが、きっちりと押さえるところは押さえた良いワイン。地理的恩恵もしっかりとうけているのかな?久々にハニーな甘さに酔いしれるシャルドネ、です。 ●果実味、酸味、ほの甘さ、香ばしさ。それぞれの要素がしっかりと韻を踏んでます。それぞれの要素が、繊細ながらもタンッ、タンッと踏まれた事により飲み口にリズムが生まれてくるんですね。・・・・時間を置くと桃や洋なしのコンポートにオレンジ系の妖しい味わい。トロピカルな果実味ものってきます。酸も柔らかくなり始めた頃にはさらにバランスもますます良くなり、それでも芯のしっかり残ったクリーンなフィニッシュ。バターでしっかりと焼き上げたブリオッシュが遠くにかおりつつ、オーソドックスなシャルドネの味わいに、懐かしくも心引かれるワインです。(2005.08.13 いのまた) ●レ・サンジャークはリュリーの一級クロ・サンジャークの隣の畑。もっとミネラルがパンパン?と予想していたのですが・・・ フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 低価,新作登場

ラジブリオットポマール キュヴェスザンヌショードロン 20051500mlマグナム オスピスドボーヌ落札ワイン 豊富な,新品

ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラジブリオットポマール キュヴェスザンヌショードロン 20051500mlマグナム オスピスドボーヌ落札ワイン 豊富な,新品

フィリップ・パカレシャルム・シャンベルタンGurandCru 2006 大得価,2016

●勢いで開けてしまいました・・・。2日目のレポートです・・。初日は随分とラヴォー・サン=ジャークが頑張っていたので「オイオイ、グラン・クリュなんだからもうちょっとしっかりしてよね」とコメント残すのやめようかと思っていたんですが・・・。2日目、ドッシリとグラン・クリュな佇まいです。 ●でもたとえば・・デュガとかとは一線を画します。怒濤の果実味とか緊密なコンクリートのようなタンニンとかというわけではないんですね。タンニン系の感触は何となく似ていなくも無いところで、ジュブレ特級一族の味わいなのですが、果実味が興奮するようなところにない。でもその先に熟成させて、という好奇心が湧き出る作りをしています。 ●目指している山のスタイルが違うのかな?そー言えばパカレはレッド・ツエッペリンが好きだとか・・・・。ソ~言う存在かも知れないな・・・。Charms・・魔力とか魔法とか、そんな意味があった、かもしれない。(2008.05.01 いのまた)● 追伸:3日目・・・残りをじっくりと?飲んでみました。ジュブレの特級の風合い、ようやく出て来たかな?朧気な果実味が締まってきて、張りのあるまとまりを見せつつ、輪郭となるミネラルの構成がより緊密になってきた印象です。初日の「おい!おい!」からようやっと目指すべき方向が定まってきたかなという、ところ。飲み頃は十分に2012年以降ですね。 Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレシャルム・シャンベルタンGurandCru 2006 大得価,2016

ナタリーヴィゴヴォーヌ・ロマネ 2004 2016,100%新品

●お母さんが2004年に他界され、このヴォーヌ・ロマネの畑を相続しました。面積は0.17ha。平均樹齢60年のヴィエイユ・ヴィーニュです。19ヶ月間の樽熟成(1回使用樽50%、2回使用樽50%)。ファーストヴィンテージとなる2004年分の生産量は1,000本のみ、となります。 ナタリーヴィゴヴォーヌ・ロマネ 2004 2016,100%新品

ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 高品質,限定セール

●写真は2006年物ですがお届けするのは2007年のものとなります。 2009年2月7日よりの出荷となります ダニエル・バローマコン・シャントレ 2007 高品質,限定セール

ドメーヌシャソルネオクセイデュレス ルージュ Les Crais レクラ 2008 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

ベルナール・ファン・ベルクブルゴーニュ・グラン・オルディネール ル・サン・ルージュ・デ・ラ・テール 2004 新作入荷,爆買い

●なんとかまともなコメント残さなきゃと思いつつも、残せない!かなり困ったワイン・・・・作っているのはベルギーの人なんだけど、イメージ的にはオランダ絵画かな?暫く前に東京都写真美術館で上映されていた『オランダの光』という短編映画があったが、そこで取り上げられていたフェルメール、レンブラントの絵画の源となる光にヨゼフ・ボイスやタレルがコメントする・・・・光の元は一つにして多彩!なんだよな・・・。 ●あるいはワインの名「土地の持つ赤い血」の通りに地中深く潜んだ力の表れなのかもしれない。幾多の光と土地の恵を受けたワイン・・・自然派的な旨味を保ちながらも、クラシックなブルゴーニュの味わいにも通じる・・・「繋ぐもの」というあるお客様の感想が、シンプルな言葉ながらもしっかりと感じられる。同時に作り手としての「繋ぐ者」、光や土を素材とし葡萄を育てワインに仕立てる、命の循環をこの作り手は繋いでいる(2006.09.22 いのまた) ベルナール・ファン・ベルクブルゴーニュ・グラン・オルディネール ル・サン・ルージュ・デ・ラ・テール 2004 新作入荷,爆買い

ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 高品質,豊富な

重要:商品出荷は10月25日よりとなります。 ●この2005年も「座りが悪い」かな?と思いきやなるほど2005年と、言うほどに果実味が乗っています。でその座りの悪い原因とも思えるタンニンもうまいこと乗り続けているので、トータールバランスがなかなかよろしい。気持ち的にはもう少しマセラシオンの期間を短くした方が好みかな、と思いつつも早「このワインどこへ持ち込もうかな?」と考えてしまっています・・・。 ●できれば「豚カツや」さんとかで薄めのロースカツとタマネギ揚げてもらって・・・と言うところなんですが。で、下の004年物のコメント見ると「ステーキ」に流れてますね?でもこの年は「豚カツ」だな~。重心の低さよりも果実味の豊かさやメリハリある酸で、むしろ程よい軽さを感じるんですね、この2005年は。トータルではやはりこちらの2005年が勝ちってことかな?などと考えていると・・・何気にアブナイ領域に入っています。もう、ラベルの上まで減っている・・・(2007.04.18 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●まずはACブルから試してみるか?と入れてみました・・・「畑は0.5ha。樹齢6年。14~18日間の長期低温マセラシオン。10~12ヶ月間の樽熟成で、新樽は使用しません。生産量が年間2,000本程度しかなく、「昔から贔屓にしていただいている個人のお客様を大切にしたい」ということで、日本への割当はほとんどありません。」と言うことですが・・・。 ●あまりじっくりと試飲していないのですが・・・・。ここのオススメはジュブレの村名と、ジュブレの一級物(恐ろしく旨い、らしい)とのことですが、初物なのでまずはACブルでと・・・。ズバリ言っちゃうと、ちょいと据わりが悪い。微妙なところなんですが、いわゆる2004年的青っぽさが感じられます。そして焦がした樽のようなミネラル感というかタンニンというかがかなり重い・・・果実味はやや枯れた印象ながらもビオ系らしい自然な感触があってイイ。旨味も中盤からアフターに掛けて良い感じで広がります。が、まずは一口、口に含んだ際のバランスが今ひとつ。頭でっかちというか、ブルゴーニュグラスになみなみとワインを注いでしまいちょっと不安定、と言う感じかな? ●グラスにおいて暫くすると幾分重心も下がって来て、一安心ですが、抜栓して2時間ぐらいから先は、変化無し。枯れる、と言う雰囲気ではありませんが、不安定な状態が改善されません。ミネラル感自体は土っぽくもあり、濃いめのハーブのニュアンスがジュブレっぽくもあり、素直になるほどと思うところはあります。とある日本のワインを試飲して「山形牛のステーキ」をイメージしつつこちらに移ったわけですが、その際の印象をうまく受け継ぎ、食事に合わせるともっと良い感じ、と思いましたが・・・如何せんワイン単独でのバランスが・・・。 ●これがこのワインの特徴なのか、ヴィンテージの反映なのか、まだ入荷直後でコンディションが整っていないのか、何とも判別がつきません。・・・・と言うことで少し落ち着くであろう一月後、ぐらいに再試飲と行きたいと思います(って言いながらしっかり空になっています、どういうこっちゃ)。(2006.09.01 いのまた) ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 高品質,豊富な

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 人気SALE,低価

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。 ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 人気SALE,低価

プリューレ・ロッククロ・ド・ヴージョ GrandCru2004 人気定番,定番

●シトー派の修道僧たちによって開かれたクロ・ド・ヴジョののなかでも、標高250~260mにある中央部から上位に位置した条件に恵まれた区画に約0.62 haを所有しています。この区画の平均樹齢は約50年、最も古い木は1932年に植樹したもの。植樹密度を11000~12000本/haと高め、一方の収穫量は22~23hl/haと抑えられています。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロッククロ・ド・ヴージョ GrandCru2004 人気定番,定番

ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 新作入荷,爆買い

●香り自体には幾分まだ還元的なニュアンスを残しながら、チェリーや木イチゴの香り。赤い果実中心に少し青っぽい色の果実の香りも感じられる。軽めのヴァニラ、あるいはオークのニュアンスに伴って南方のハーブのベール。小さいまとまりながらも、無駄のない精錬された香り。やや太めのボディ、程よく鞣され暖かさを感じるグリップ。例によって、ながら軽めのお焦げ的な味わいの向こうから、幾分乾燥した凝縮感のある赤い果実味。そう長くはないけれどまとまりあるバランスを感じさせる落ち着いたフィニッシュ。 ●ま、いつも通りのこのオート・コート・ド・ニュイですが、例年の印象から較べると、僅かに軽くその分伸びやかな印象かな?実は少し冷やしてと思っていたのですが、あまり時間もなくてただいまの液温17度ぐらい。でもワイン自体がよりクリアーに仕上がってイルので、このくらいが丁度良い。最初に還元的な香りがあって、飲んだ印象も先に渋さが出ていたので、充分に果実味が開いていませんが・・・クラスとしては非常にバランスの取れた良いワインかな?と。3年ほど置いておけばまずまず飲み頃スタート、でしょうか?少し樽の焼き方(あるいはその比率)を変えたのかな?2006年の良かったところが、そのままこの2007年も引き継がれている感じがします。印象としてはやはり「クリーンな」なのですが、造り手の方向性としては「タイトな」ところを狙っているんでしょうかね?いずれにしろ暫くそっとしておいて・・・一皮剥けるの待ちましょう(2009.08.28 いのまた)    2006年物のコメントです ●2006年物入荷しました。・・・2006年、安心感のあるうっすらとした色合いです。いつもより赤い色調がハッキリとでている感じがします。香りには柔らかなチェリーの果実味。レッドカラント系のニュアンスも強くでています。そして・・フローラルな香りに優しいハーブ系の色づき。柘植とかの木質のニュアンスも見られます。味わいもなかなかに素直な伸びを見せている。幾分タンニンがまだ張っていますが、その下からの赤い果実味がしっかりとでています。 ●ここ数年のこのワインで感じていた、少しばかし茎っぽい感触。これがチョイとばかし裏通り的な野暮ったさと同時に、裏通り的なご近所感覚を醸していたのですが、この2006年に関しては非常にクリアーな纏まりを見せています。そしてその纏まりから2005年以上の凝縮感、集中力。芯がはっきりとしているので、後々の可能性もいつもよりあるのかな。2005年よりも伸びシロを感じますね。 ●酸のノリも、鼻の頭に汗かくくらいに充分。非常に整ったバランスを見せています。何となく作りの上では踏ん切りが付いたのかな?迷い無くしっかりとした味わいはいままでにはない好印象。12.5度というこの年らしい軽さも手伝って、気を許すとスルスルと喉を潤してくれます。これまでよりも何となく、一歩進化したローラン・ルーミエを見た感じがしますね。これからますます楽しみな造り手です。(2008.06.19 いのまた) ●「2004年物です。試飲完了まで2003年のコメントを↓」と言っているうちに2005年が入ってきました・・・・・やっぱり侮れんな~。香りの処から「きた~っ」て感じですね。抜栓直後、ちょっと中盤弱いのですが、それ以後の旨味はのびるな~。この年は酸もたっぷりなので、もう少し、2年ぐらいおいて丁度ボチボチと美味しくなるでしょうね。同じ時期に入荷した、新人オーレリアン・ヴェルデと較べると、こちらの方がぐっと軽やか。おそらく収量はこちらの方が多い、ですがこの軽やかさが良い感じ。濃縮感というのはありませんが、上手い味わいにしっかりと落とし込んでいます。明るいな・・・。 ●何となく軽めのシャンボール・ミュジニ風。緩やかな丘の上をはしゃぎ回る風達のよう・・・。例年、このオート・コート・ド・ニュイ、キュッと締まった味わいが魅力ですが、この2005年、それに磨きが掛かっています。「おっちゃん、カシラ3本、塩でね!」と。(2007.07.25 いのまた)       L・ルーミエのオート・コート・ド・ニュイ、いつも一番侮れません    ●取り急ぎ試飲してみました。幾分色調に黒い果実が感じられます。香りは・・・甘いです。赤いラズベリー系に幾分乗りかかるようなカシスの風味。これに加えてカラメルっぽい甘さが漂っています。やはり酸は低めなのかな?時間と供に甘さは落ち着き幾分スパイスのニュアンスも出てきます。それほど低く抑えた収量(45hl/haほど)ではありませんが、アペラシオンを反映した、きりっとしたワインとの雰囲気ですね。やはり暑さを反映しているのでしょうか? ●グラスに入れて静かに15分ほど。もうそろそろ良い頃合いでしょう。想像していたよりもかなりドライですっきりとまとまっています。静止状態でのスタートですので果実味が立っていないのかな?酸も期待以上にしっかりとしてバランス的には良いのですが、まだ十分に「当たり」が出ていません。アフターに感じるタンニンに支えれたミディアムクラスのボディや、うっすらと乗った旨味の確かさ。ふっと横切るヴァニラのニュアンス。伸びる要素は十分あります。標高が高いだけあって結果的に良いワインになりましたね。もう半年ぐらい寝かせて果実味が安定して開き始めたところを楽しむか?2~3年おいて果実が枯れ始め旨味たっぷりとなったところを楽しむか?楽しく思い悩ませてくれそうな予感がします。(2005.08.10 いのまた) ●結論から言っちゃうと、やっぱり2003年難しいです。今朝方ちょいと味見してみましたが、フムフムという良い感じ。果実味も幾分乗ってきたかな問うところですが、夜になって試飲してみると・・・アタックの強さだけが印象に残ります。果てさてどうしよう?昨晩はポテンシャルを感じつつまずはこのアペラシオンとしては当たりのワイン、と思いましたが・・・もう暫く、長い目で見ていきましょう。(2005.08.11 いのまた)   おまけで、2002年のコメントと新井順子さんのコメントを付けておきます。 ●2001年をのんだとき「やっぱりルーミエ系はシャンボール」などと言っていたので、このコート・ド・ニュイ、のんでなかったんですけど、改めて2002年のんでみるとおいしいですね。最初に旨味に似た味わいが「じゅじゅっ」と来て、一拍置いて果実味が「じわーッ」と来ます。そして「ほぁ~」としたタンニンが横切り、「じゅん」とくる柔らかな酸でフィニッシュまとめています。決して大袈裟なワインではありませんが、優しさと力強さ・・・。程々に、いいワインです。 ●どちらかというと食事の引き立て役かな?お相手はオージー・ビーフ。厚めに捌いて、じょわ~とくる赤身のステーキ的美味しさに合いそうです。・・・時間と共にドライなハーブのニュアンスが強くなってきます。梅紫蘇系の味わいは、最近の流行なのかな?こうなるとお肉にも気持、お醤油欲しくなります。大根おろしやアサツキいっぱい掛けてね。そうそう、お醤油はできればだし醤油が良いと思います。(2004.06.18 いのまた) ●おおよそ2日目、多少果実味がしぼんでいますが、これがまた、なめし革やタバコの葉、柔らかなスパイスのニュアンスと混じり合ってイイ感じです。でもポテンシャルから行くとやっぱり1日目の方が良いかな?この辺りは皆さんにお任せです。 2001年ヴィンテージの新井さんのコメントです。 コート・ド・ニュイの西側の350mと標高の高い斜面に畑が広がる2haの畑は傾斜の畑なので、通常のブルゴーニュの畑は10000本/haという樹を3300本/haという少ない本数で、かつ両方に枝を伸ばし(ダブル・ギヨ)6~15芽残した仕立てです。少しずつ理想的な畑作りを目指す為、1976年、1980年、1990年、2000年と植樹を増やし今の畑となりました。その中でも良い葡萄を選択して醸造したので、とても地区名のAocとは思えない、コストパフォーマンスの良いワインです。 新樽5%、残りは古い樽で15~18ヶ月熟成。収量は45hl/ha、2001年は軽くフィルター作業を行いました。シャンボール・ミュジニイとは全くタイプの異なる、アタックの強いしっかりとしたピノの個性を前面に出した味わいです。 ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 新作入荷,爆買い

ドメーヌシャソルネサンロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2008 格安,品質保証

ドメーヌ・シャソルネブルゴーニュ・ブラン ビゴ 2004 爆買い,限定セール

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ 1erCru クロ・デ・コルヴェ 2004 定番,お得

アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ 1erCru クロ・デ・コルヴェ 2004 定番,お得

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 セール,2016

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 セール,2016

ボージョレヴィラージュプリムール2015by フレデリックコサール avec ケヴィンデコンブ 大得価,豊富な

    果実味に溢れエレガントかつ軽快(と思う)    ●2014年から始まり2年目となるフレッド&ケヴィンのヌーボーです。2105年は乾燥してとても暑い年でしたので、ヌーボーらしいワイン用の葡萄探しに苦労したとの事。フレッドのヌーボーの特徴は果実味たっぷりでガスの残った軽い飲み口。その為成熟の遅い標高650~700mに位置するマルシャン村のブドウを選んで作っています。マセラシオンカルボニックは早めに切り上げプレスに廻し白ワインの様な作り方でより軽さを際立たせています。全体的に収穫・醸造が早く進んでいるので仕上がりに余裕が出来ました。解禁日にはベストな状態で登場する事を期待しています。  2014年のコメントです ●10年目となるフレドリックのヌーボー・プロジェクト。一つの節目として、またこれまでのパートナーであったニコラ・テスタール(ラパンの所有者)がいよいよ独り立ちするときが来たとの判断の下、新たなパートナー、ケヴィン・デコンブ(左写真)とのヌーボー・プロジェクトがスタートしました。 ●ケヴィンはあのジョルジュ・デコンブの次男さん。2012年から父親の畑4haを譲り受け、父親のネゴシアンセクションを手伝いながら、自らもドメーヌを立ち上げました。ブドウのポテンシャルを最大限引き出すワイン造りを目指し、更なる美味しさを追求しています。創造性あふれるコサールのセンスと、若く才能豊かなケヴィンの共働により生まれるボージョレョ・ヌーヴォー。デコンブのワインはとても果実味に溢れ瑞々しさが特徴。この辺りがフレッドのセンスとどうコラボしていくか、これまでのニコラ・テスタールとの『ラパン』との違いなど・・・今年2014年のヌーボーで最も楽しみな一本です。 取り敢えず以下2013年までの「ラパン」の記録  ●とりあえず『ラパン』とフレドリックとニコラのことなど・・・・ ボジョレー・プリムール「レ・ラパン」が、初めてリリースされたのが2004年、「ブルゴーニュ以外の地域でも、シャソルネイスタイルによるピュアでコストパフォーマンスの高いワインが実現できる!」というフレデリック・コサールの新たなコンセプトの下、知人でもあるシャトー・デュ・モンソーの所有者バグダサリアン氏(Saintgeorges de Reneins の現市長)のモノポール畑「レ・ラパン」をワインの醸造まで100%彼が手がけたことによって実現したものだ。そして2005年、フレデリックは彼の右腕となる人物として、ドメーヌ・プリューレ・ロックで働いていたニコラ・テスタールを引き抜き、フレデリックがコンサルタント、ニコラが畑&醸造の管理という現在のタンデムスタイルを確立する。ニコラ・テスタールは自分のドメーヌを2007年に開設するが、現在もレ・ラパンの区画を 3 人で管理している。(その他ドメーヌ・デ・ラジャを含めて計15ha の畑)レ・ラパンは100%ビオロジックで、ブドウ品種はガメイ、樹齢は60 年から100 年を超えるセレクションマサールで構成されている。ブドウの収穫日、醸しやスーティラージュのタイミング、瓶詰め日など、その他細かい醸造に伴う指示はフレデリックが行なっている ●・・・2012年のラパンの現地レポート第一弾。8月半ばの様子です・・・ ■7月まで続いたモンスーンのような長雨は終わり、8月に入りやっと太陽と暑さが戻ってきた!現在、畑ではブドウがヴェレゾン(ブドウの色づき)の段階に入っている!今年は開花期間が長くまちまちだった影響で、すでに色づきが終わったブドウもあれば、これから色づき始めるものもあり、ヴェレゾンの進行具合はブドウによっててんでばらばらだが、これはすでに 2010 年にも同じ経験をしており、ラパンのヴィエーユヴィーニュの底力はいつもラストからなので、あまり心配はしていない!実際、今年はブドウの樹一本当たりの房の量が少なく、その分ブドウ一房にしっかりと栄養が集中するスピードも早まるだろうから、このまま今の天候が維持できれば、最終的に2010年のように完熟したブドウと酸のあるブドウとそれぞれがうまくバランスのとれたブドウが収穫できると思う! ■それよりも、今一番心配なのは突発的な雷雨出現による雹の被害だ!ラパンの畑も8月に入ってすでに2回雹に当たっている。特に8月5日に降った雹は、ラパンの畑をかすり抜けるように北上していったが、勢力がとても強く、実際、直撃を受けて壊滅したブドウ畑はラパンと2Kmも離れていな場所にあり、本当に紙一重だった!幸い、ラパンの畑は 2 回とも雹の直撃はなく、被害も最小限で収まっているが、毎日がヒヤヒヤ、ドキドキの連続だ。収穫日は9月15日前後を予定している。収量は去年の4~6割減の20~25hl/haを覚悟している。(ちなみに去年は45hl/ha 2012年8月16日情報) ●そして、現地レポート第2弾到着・・・・  「2012年のラパンの収穫は当初9月15日前後で考えていたが、9月11日、12日と収穫直前に大雨が降ってしまったので、もう一度仕切り直しが必要となりそうだ…。ラパンよりも少し南の方では、雨ではなく雹が降った様子で、収穫直前の雹は生産者にとってかなり致命的だ…。そうでなくても今年は極端にブドウの収量が少なく、ブドウの確保が難しい中、たとえ大雨で収穫日が仕切り直しになっても、このタイミングでぎりぎり雹を避けられた私たちはむしろラッキーなのかもしれない! 今年は元々ブドウの房が少ないこともあって、予想以上に最後の熟成のスピードが速い!8月当初はブドウの色づきも遅く「果たして解禁日までに無事ワインを仕込み終わることができるのか…?」と内心心配であったが、9月10日にブドウの糖度を計測したところ、潜在アルコール度数が12度近辺まで上がっていてビックリした!8月から9月上旬の太陽のおかげで、最後にブドウが素晴らしい追い込みをかけてくれたようだ! だが、9月11日、12日の雨でいったんブドウの潜在アルコール度数は下がるだろう…。熟したブドウがいったん水を吸い上げると、熟すスピードが上がると同時に腐敗も進みやすくなるので、これから天候や収穫のタイミング等作業がよりデリケートになりそうだ。醸造はブドウの梗の部分が未熟なので、ワインの味わいに青くささが出ないようマセラシオンの時間を短くして、なるべく梗の抽出を避けるつもりだ。スタイル的には、色の淡い果実味と酸がフレッシュなヌーボーらしいワインが出来上がるだろう! (2012年9月11日訪問) ・・・・この歴史に残るくらい厳しいミレジムだからこそ、逆に彼らの腕に期待したい!ですね。「厳しい年だからこそテロワールが発揮される!」です。 ややこしくなりますが2011年の収穫までのレポートも載せておきます。今年との比較になれば・・・↓ ■2011年8月初旬・・・・・  「現在、ブドウはヴェレゾンの真っ只中にあり、どのブドウもすくすくと健全に成長している!7 月に入ってからは、気温の上がらない愚図ついた天気がほぼ毎日続き、ブドウの成長に少しブレーキがかかった。通常であれば、この 7 月の悪天候はブドウの成長にとってマイナスだが、今年に限ってはまさに恵みの雨!4月から6月末までほとんど雨が降らず、畑もブドウの葉が一部赤く変色するくらいの重度な水不足に陥っていたのだが、この問題が 7 月の雨で一気に解消された!粒の小さかったブドウの実も、今はしっかりと果汁を蓄えている!  「8月に入ってからは、今のところ日照にも恵まれ、気温も平均が 28 度前後と、猛暑ではないこの適度な気温がブドウをじっくりと成熟させている!収穫は、当初8月20日を予定していたが、最終的には10日ほど延びて、8月30日の予定になりそうだ。このまま何も問題がなければ、まさに2011年が今までにない、ラパンの中では最高のミレジムになる可能性は大いにある!今年は個人的にも最高のプリムールをつくり上げ、大震災で被害を被った多くの日本人に、少しでも明るいニュースを届けられたらと思っている!   アリガト!フレドリック! ■そして2011年9月の収穫後・・・・ 「収穫は当初8月30日を予定していたが、結局9月9日まで待つことにした!まわりがブドウの腐敗を恐れて早期収穫に走った中で、我々は完熟を待つリスクを選択した。結果は大成功!さすがはヴィエーユヴィーニュの貫禄か、ラパンは樹齢がある分若いブドウ木よりも根が深いため、多少の雨が降っても急な水分の吸い上げはなく、結果、7月8月の長雨にもどうにか耐え忍ぶことができた!収穫したブドウは一部水分を吸って大きく膨らんだがものが乾燥してふやけた干しブドウのような状態になっているものもあったが、大半のブドウは破裂や腐敗がほとんどなく、ほぼ完全な状態で収穫することができた!  「潜在アルコール度数は12.6度!十分凝縮したブドウを収穫することに成功した!私は、2011年がラパンにとって最高のミレジムになるというスタンスは全く変わっていない!味わい的には、2009年よりも果実味に富んだリッチなワインが出来上がるだろう!なお、2011年ミレジムを腐敗や長雨のせいにして過小評価しているのは、大抵、若木のブドウ畑に大量の化学肥料を撒いている生産者で、彼らは、たくさんのブドウの房を生らせる結果、晴れていうるうちは何も問題ないが、いったん天候が雨に変わると、風通しが悪く、しかもブドウ自体が余計に水分と窒素を吸い上げてしまうため、腐敗が一気に進んでしまうだけのこと…。決してミレジムのせいではない! ●いずれにしろ、フレドリックのラパン、この2012年も(雹害がなければ順調にきそうですね。alarの扱っているヌーヴォーの中で最も果汁感?が高いかな?ご期待ください。 ボージョレヴィラージュプリムール2015by フレデリックコサール avec ケヴィンデコンブ 大得価,豊富な

マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 定番,豊富な

●AOCムルソーの畑に隣接するACブルゴーニュ区画レ・ミルラン内に0.35ha所有している、平均樹齢35年ブドウから。新樽率40%で年間生産量は1500~2500本。 ●バーガウンド.comの27号ではかなりイイ感じです。    「Producer note: Claudine Russel, Thierry Matrot's aunt, directs this small 3.5 ha domaine that produced its first harvest in 1999. Mme Russel told me that the '05 reds reminded her of a slightly riper version of her '02s. The wines, both red and white, were bottled in September. Note that there was some doubt that the correct bottles were pulled for this small tasting as I would have reversed them based simply on typicity. I was assured by Mme Russel's cellar master that no mistake had been made but when the bottles are not labeled and the corks not stamped, I confess to wondering.」    「Tasting note: This is quite ripe with a lovely nose of orchard fruit, hazelnut and subtle spice hints that lead to utterly delicious medium weight flavors that possess good mid-palate fat, fine volume, solid length and impeccable balance. This is an outstanding Bourgogne and highly recommended as it offers villages level quality plus it will age.Tasted: Jul 01, 2007Score: 87Drink: 2009+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●なるほど、アウトスタンディングとトップヴァリューとなっています。 マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 定番,豊富な

アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 セール,人気SALE

●バックラベルに「Omayga-6」と入っているので、2005年のパステュ・グランと同じくサン・スフルかそれに近いキュベだと思います。 ●で、05に較べると、随分とまた「キレイ」なビオ系ワインです。05も危うく「すっぱい」という感じでしたがこの06は、さらにそこいらを攻めてきます。おそらく05と06のヴィンテージの違いなんでしょうか?重々しくなくキレイな酸、そして赤い果実いっぱい、と言うのが香りの第一印象。ガメイのニュアンスが上品に色を添えています。 ●で、味わいは薄旨系。僅かにタンニン系のほろ苦さが強めに出ていますが、酸のノリもミネラル感も程よくでている。いわゆるチャーミングというか、プリティーなというかなワインですが、それなりに中盤の果実味の膨らみはピノの恩恵でしょうか。薄~い果実味の重なりが楽しめます。ただ、フィニッシュが少しばたついている。僅かに青い感触。是が実に惜しいところですね。1~2ヶ月落ち着かせるとイイ感じになるのかな?・・・・こうして飲んでみると確かにサン・スフルのような気がします。若干の還元香も残っていますが、その辺りは適切な範囲に押さえられている。 ●そして、グラスをグルグルやって放っておくと、大夫甘い感触、も出て来ます。このあたりはガメイの特徴となりますが・・・好みの問題かな?基本的には薄目の豚カツ、がやはりよろしいかと。付け合わせにタマネギのリング揚げ?ですかね。alar的にはこれまたお醤油ですけれど、リーペリンのようなウスターソースでもイイかな。鶏の唐揚げなんぞも心やすきお友達、です。(2008.12.15 いのまた)  2005年物コメントです。この年はまだ「Omayga」の名前が入っていませんでした・・ ●0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%。マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。(インポータさんの資料より) ●インポータさんからの案内では「サン・スフル」となっていますが、ラベル上には表示がありません。バックラベルには「オメガ5」と何となく妖しげなキュベの名が・・。ドメーヌのHPを見ると普通のパステュ・グランと「ナチュレル」というキュヴェがでていますが、こちらはその「ナチュレル」に相当するキュヴェなのでしょうか?そして何となくバックラベルに書かれているのはフランス語で「(おそらく)発酵スタート時はサン・スフルで補糖とか補酸とかしていない、そしてフィルターを通していない」という感じの事や「10-15℃で保存して」と書いてあるようです・・。一応、瓶詰め時にSO2入れているかどうかわからないので、alarではその表記無しで行きたいと思います。 ●・・・・で、飲んでみたところ、ですが、かなりサン・スフルな香りがしています。いわゆる還元的なと呼ばれる、幾ばくかの硫化水素系のやつ。でもごく僅か、ですね。グラスグルグルでこのトップのニュアンスは飛んでいきます。で、安心して飲んでしまっていますが、特筆すべき点は先ずは酸のシャープさ、ある種のミネラル感の集中力。ともすると「すっぱい!」の一歩手前、微妙にフレッシュな感覚です。酸の痛烈な度合いを外すとジャン・フォイヤールとかオーベルニュのガメイ軍団とかに通じる、軽やかなる深み、が感じられます。一応セパージュはガメイ70:ピノ・ノワール30と言うことですが、ここで香り、あるいは味わいを微分式に当てはめてもあまり意味はない。ちょっと他では経験したことのないキャラクターを持ったワイン、ではないでしょうか?そのキャラクターは・・・甘くない!ガメイが入ると何となく甘さを感じる処がありますが、このワイン、何処までも危うく「すっぱい」という感じの酸味で攻めてきます。・・・・実はalar豚カツを醤油で食べるのが非常に好きなのですが、その辺りの感覚にとてもニアーな物があります。軽さで行けばアジフライ(勿論醤油で)もありかな・・・・。 ●おそらく葡萄は健全な葡萄だと思われますが、ブドウのポテンシャルはまだまだこれから。現段階ではサン・スフルで育った野生酵母の力が勝っている。だからこそ、のこの妙に複雑な味わい!ビゾの、と言うよりもしっかりビゾの奥様の感性が際立ったワインと言えるんじゃないでしょうか。いわゆる「造りたいワイン」が明確に出ている。おそらくここでのジャン=イヴの役割は方向性を整理する、と言った感じでしょうか?良いですねこのスタンス。結果ワインはかなりのオススメ具合に至っています(2008.08.20 いのまた) ●一応、インポーターさんからの資料を添付しておきます。     「0.40ha。樹齢30~60年。収量35hl/ha。生産量156cs。ガメイ70%、ピノ・ノワール30%マニ・レ・ヴィレ村とペルナン・ヴェルジュレス村に面した、粘土質石灰土壌の区画から。収穫時に2品種を混合し、SO2を添加せずに全房醗酵。果実味を残すため、9ヶ月間タンクで澱とともに熟成。100%マロラクティック醗酵を行い、それが終了後最低限のSO2を添加。フィルターなし。ガメイが多くを占めるワインとは思えない、チェリーとブラックペッパーの香り。豊かで熟したタンニンが口中を覆います。」 アンリ・ノーダン・フェランプルゴーニュ・パステュ=グラン 2006 セール,人気SALE

メゾン ルー・デュモンAOCムルソー 2002 得価,人気

ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCムルソー 2002 得価,人気

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 新作,人気SALE

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 新作,人気SALE

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 大得価,2016

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。 ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 大得価,2016

クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 HOT,セール

●2005年物ゆっくりと入荷しました。ジュヴレ村とブロション村の丘境にあるシャンという12aほどの小さな区画のブドウを使っています。平均樹齢は80年でほとんどの樹がセレクション・マサールで植えられています。50%をスミ・カルボニック・マセラシオン。2週間の発酵の後、24ヶ月間熟成させています。   2004年物のコメントです。 ●入荷本数が少なくて試飲できないので・・・同じ2004年のジュブレV.V.のコメントでお許しを・・・。 ●暫く置いておいて、意外な展開になったジュブレ・シャンベルタン2003。2004年はどうでしょうか?色合いは他のキュヴェよりもかなり濃いめ。香りの重心もしっかりと低く抑えられています。で、早速結論を言っちゃうと・・・・イイねこりゃ!此処で、テロワールがどうのこうのと言っちゃうと全く野暮な話で、なにも足さずに、なにも引かずに、・・・・かつて(90年代後半、おそらく98年ぐらいかな)のデュガ(クロード)のジュブレだよ!と言うことで、うわ~っ、です(これは言い過ぎかな?話半分で聞いておいてください)。 ●少数精鋭ですが、切り込んで来るような新鮮さを保った果実味(勿論デュガ系なのでかなり黒っぽい)軍団。で軍団に頂くのは緋色を纏った女王様!このコントラストの鮮やかさが実にヴィジュアル。合わせるならば子牛なんですが、ワインで煮込むより、ローストしたところにワインを煮詰めたソースをしゅるしゅると。かなり注目せざるを得ない造り手です、クロ・ノワール!(2007.02.04 いのまた) ●一応。2日目も飲んでみました・・・やっぱりデュガではないけど・・・、しっかりとした味わいです。赤と黒の境がなくなってきてまとまりがあります。幾分ほっそりですが、このくらいが丁度良いかな?ほんのり、モカ系のかおりもでてきたし・・・これはしっかりと応援してあげなくては!(2007.02.05. いのまた)  2003年物入荷時のコメントです・・・・ ●さてこちらのジュブレ・シャンベルタン、フィサンと同じ傾向かなと思いきや・・・・、しっかりとしたヴォリュームを感じる良いワイン。このドメーヌの大部分をフィサンが占めていますが、こちらの収穫に時間がかかって、気持ちは焦れどジュブレに手が回らない・・・、で結果的に収穫が予定遅れたことにより良いワインになった、ようです。 ●で、改めて飲んでみると、実にジュブレらしいつちのミネラル感や乾燥したハーブの香り。ワイン自体もクラスにふさわしい力強さがあります。それと、抜栓直後はあまり感じられませんが、暫くして生まれ出る果実味。これが幾分乾燥させた果実味を伴って、しっかりとした印象が生まれます。・・・フィサンと同じ作り手とは思えないな・・・2つを飲み比べるととても良いお勉強ができます、収穫のタイミング、大切です。 ●・・・とえらそうなこと言っておいて、しかも売り切れ後のコメントです・・・上のコメントいつ書いたのかな?日付は大切!と言うくらいにワインの姿が変わっています。・・・何となくいつもの「どうよ?」的な感じで開けたのですが・・・う~ん、インポーターのM氏曰く「2004年を期待していてください!」は・・・。 ●何が、「う~ん」かと言うと、ここにきて妙に迫力が付いてきました。初めは何となくビオ的なフラフラした感じでしたが、腰が据わっている。しっかりとジュブレの魅力を表現しています。赤い果実味主体ながらしっかりとヴィンテージを反映した黒系とタンニンの豊かさ!そのものを感じさせるストレートで力強い味わい。たとえばの話で,ドメーヌ・アルローのジャスティスとかに通じる味わいなのかな・・・。この数ヶ月での変身ぶりにはちょっとまいりました。と言うか、そこを見抜けなかった未熟さ痛み入ります・・・・・。 ●樽の使い方、どうなんだろう?この甘味の由来が良く解りません。アフターに口中を支配する甘さと言うか焦げ味というか・・・もしかするとクロード・デュガ辺りがターゲットに入っているのかも?しれません。なるほど、ラベルには「デカンタージュがオススメ」と書いてありますね・・・デカンタージュしなくても、充分にオイシイです。(2006.12.21 いのまた) クロノワールジュブレシャンベルタン ヴィエイユヴィーニュ 2005 HOT,セール

オーレリアンヴェルデモレサン=ドニ 2006 安い,人気セール

●モレ・サン=ドニ(2009.02.08 いのまた)  「ジュブレよりも薄い、輝きのある明るく赤い色調。甘い果実味。赤くよく熟れた。ソフトな樽の香りか?柔らかく包み込まれる。陶器の柔らかな感触。果実味の躍動感、リズム感。ゆっくりとしたリズム。意外に芯の温度が高い。外への力と、内への力のバランス。優しさふくよかさ。陽の光。緑の絨毯を踏みしめて。 ●2006年から加わったモレ・サン=ドニです。これまたオーレリアン・ヴェルデという縦糸にモレ・サン=ドニらしい横糸の織りなすしなやかな味わい。2006年の村名クラス5本の中では最も早くから楽しめそうです。全くつまらないこと、ふと思いついたのですが・・・「モレ・サン=ドニ」って「萌え・サン=ドニ」?2日目も萌え系の味わいでした。 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オーレリアンヴェルデモレサン=ドニ 2006 安い,人気セール