アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




ドメーヌロンデパキ シャブリグランクリュ レクロ 2013 品質保証,人気SALE

クリックしてください! ■牡蠣(かき)にシャブリ! 歴史に語り継がれるほど 相性の良い組み合わせと言われている。 シャブリといえば、「生牡蠣とシャブリ」の組み合わせでも有名な、 世界中の人々から愛される最もポピュラーな高級白ワイン銘柄のひとつ。 ドメーヌ・ロン・デパキは、そのブルゴーニュ最北のワイン産地である シャブリの中でも、クリュ・シャブリを代表する造り手です。 シャルドネ品種を100%使用したシャブリワインの味わいは、 生き生きとした酸味と口中を心地よく引き締めてくれる ミネラル感が特徴的で、この地区特有のキンメリジャンと呼ばれる、 粘土と石灰石が交互に重なった土壌が、火打ち石の香りと表現される 独特のスモーキーなフレーバーを生み出します。 キリッと引き締まった辛口の味わいは、魚介類全般と大変相性が良く、 幅広く和食に合うワインとして、 日本でもワインブーム以前から親しまれてきました。 フランス大革命の時代、現在のドメーヌ・ロン・デパキの源である ポンティニー修道院は、ジャン・デパキが院長を、そしてその弟である シモン・デパキが管財人を務めていました。 革命の後、1790年に二人は僧籍を離れ、翌年、シャブリに隠遁した シモン・デパキは、国有財産の競売会で「ヴォーデジールのムトンヌ」 と呼ばれていた、とびきり評判の良い畑を購入します。 これが現在の「ラ・ムトンヌ」。 ドメーヌ・ロン・デパキが世に誇る至宝の畑です。 シモンの家系が途絶えると、従兄弟のフランソワ・オーギュスト・ロンが 養子に迎えられてその跡を継ぎ、ここにロン・デパキ家の時代が始まります。 フランソワの息子、ルイ・ロン・デパキが、医者を兼業しながら ドメーヌの管理を始めたのは1910年のことです。 不幸なことに25歳の若さにして交通事故により失明してしまった彼は、 以来ブドウ畑とワインに情熱を注ぎ、 パリの一流レストランに「ラ・ムトンヌ」を広めていきました。 1967年にルイ・ロン・デパキが死去した後、ドメーヌ・ロン・デパキの 名声をさらに高めたのはブルゴーニュの名門ネゴシアン、 アルベール・ビショー家です。 同家によってロン・デパキのブドウ畑は拡大し、 現在ではグラン・クリュ地区全体の約1割に当たる9ヘクタールと、 16ヘクタールのプルミエ・クリュ、シャブリ全体では62ヘクタールに 及ぶ畑を管理・運営するに至っています。 また、シャトーの改修や近代的な醸造施設の整備、ブドウ畑の拡張なども 精力的に進めたアルベール・ビショー家は、シャブリ地区を代表する 名門ワイナリーとしてのドメーヌ・ロン・デパキの名声を揺るぎないものとしました。 『レ・クロ』は、シャブリ最大のグラン・クリュ。 ドメーヌ・ロン・デパキでは2区画を所有しており、 テイスティングによってテロワールの個性が感じとれます。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 シャブリ地区 ◆原産地呼称:A.O.C. シャブリ グラン・クリュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆テイスティング◆ 淡いイエローの美しい色合い。 フローラルな香りに加え、アーモンドや ヘーゼルナッツの香りも感じられる。 口中はふくよかで、丸みがある印象ながら、 フレッシュな酸が味わいをひきしめている。 ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中15点獲得!2009年! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2009年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー92点獲得! ドメーヌロンデパキ シャブリグランクリュ レクロ 2013 品質保証,人気SALE

ポマールエプノ 2010 大得価,品質保証

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ◆格付け:AC ポマール・プルミエ・クリュ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ コート・ド・ボーヌ地区、 ポマール村の「エプノ」と呼ばれる一級畑。 スミレとラズベリーを思わせる香り、 タンニンの調和に優れた味わい豊かな赤ワインがつくられます。 ポマールエプノ 2010 大得価,品質保証

のし包装紙無料箱代 ラクロワドボーカイユ 2004 ジェードジャガースペシャルギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 2016,低価

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■第2級格付けの シャトー・デュクリュ・ボーカイユのセカンドワイン■ デュクリュ・ボーカイユは、木々に囲まれた、 ジロンド河がよく見える、絵葉書のように美しい風景の中にあります。 所有しているのはボリー家で、今は亡き ジャン・ユジェンヌ・ボリーはメドックでは数少ない、 この地に在住する当主であり、この地方の偉大な名士でもありました。 ワインへの情熱、高品質へのあくなき追求、注目すべき謙虚さと、 ボルドーの大使として頻繁に海外を訪問したことから、 彼はこの地域で最も敬愛されるワイン関係者の一人でした。 数年前に亡くなった後は、グラン・ピュイ・ラコストに住む 息子のグザヴィエがデュクリュを全面的に管理していましたが、 2003年に兄のブリュノに引き継がれました。 デュクリュ・ボーカイユのワインの本質はエレガントさと均整、 バランス、気品、格、そして独自性です。 これはサン・ジュリアンで最も逞しい、最も豊かな、 最もフルーティーなワインになることはありません。 もともと頑固なまでに時間をかけて熟成するワインです。 デュクリュ・ボーカイユの最高のヴィンテージのほとんどで、 すばらしく調和のとれた果実味と力強さが見られるように なるまでには最低10年はかかるのが通例です。 多くの点で偉大なワインですが、細部への細やかな配慮、 最高の葡萄、最高の樽だけが瓶詰めを許される厳しい選別、 そして保守的な葡萄栽培方法といったことのすべてが、 このワインの成功に大きく寄与しています。 『ボーカイユ』は、「美しい小石」という意味 で、その名の通り、 このシャトーの土壌は、絶妙な砂利、粘土などで構成されています。 ◆ラ・クロワ・ド・ボーカイユ [2004] ジェード・ジャガー・スペシャル CROIX DE BEAUCAILLOU ★Jade Jagger Special★ Grands Cru Classes ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー オー・メドック地区 サン・ジュリアン村 ◆格付け:A.O.C.サン・ジュリアン グラン・クリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン85%、メルロー15% ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:75ha ◆樹齢:35年 ◆生産者:シャトー・デュクリュ・ボーカイユ ◆コメント◆ ラ・クロワ・ド・ボーカイユは、 ファーストワインになれなかったワインをセカンドとして 売られるではなく、105haあるこのシャトーの畑の中で、 ジロンド河の運河に沿って伸びる シャトー・デュクリュ・ボーカイユの まさしく中心を成す中央の区画だけで造られる特別なキュヴェ♪ ◆テイスティング◆ 甘い青系の果実味に甘草や 森林の風味がいり混じっている。 豪勢でたっぷりとした口あたり、 肉付きがよく、深みがあり、際立って良く仕上がっている 特別なキュヴェ!セカンドワイン! ※Jade Jagger ◆ラベルデザイン◆ 2010年ヴィンテージから、 ラベルのデザインを任されたのが、ジェイド・ジャガーさんです。 人気の有名なアーティストでローリング・ストーンズの ミック・ジャガーさんの娘さんなのです。 ですので、ワイン名に ★ジェード・ジャガー・スペシャル★ と書かれております。 2010年が初リリースでしたが、シャトーにあった 2004年の在庫に特別にラべリングした貴重品です。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中15点獲得!2004年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16点獲得!2004年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16点を獲得した2004年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター88点獲得! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ラクロワドボーカイユ 2004 ジェードジャガースペシャルギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 2016,低価

のし包装紙無料箱代 ラシャペルドカロン 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 本物保証,お得

■片方選べる2本ギフトセット♪詳細■ ご注文時に片方選べる2本ギフトセットと お客様がお好きなワインを1本ご注文ください。 ※お取り寄せのワインでもOK!です。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ボルドー第4版パーカー氏コメント■ サン=テステフのコミューンの最北区域にある砂礫(されき⇒砂と小石) と鉄分の多い石灰岩が底土(しはに⇒底の土・下の方の土)の カロン=セギュールは、格付けシャトーとしては最北端に位置する。 近隣のモンローズと同様にオーナーはシャトーに住み込んでいる。 無意味なことは許せず、くだらない者は相手にしないカプベルン=ガスクトン夫人が その人である。カロン=セギュールの白いシャトーは、よく目立つ。 2つの塔には珍しい丸屋根がついており、シャトーの周囲には石壁がめぐらされている。 この「クロ」は、ブルゴーニュではよく見られるが、ボルドーでは珍しい。 カロン=セギュールの歴史はローマ時代にさかのぼる。 この頃、サン=テステフのコミューンは「カロネス」として知られていた。 ワインを生産するシャトーとしての名声は、18世紀、 セギュール侯爵(こうしゃく)が発したと言われる有名な言葉によって ますます高まったことは間違いない。 彼は 「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と 言って友人を驚かせたのである。カロンに対する彼の思い入れは、 カロンのラベルにあるハートの中に今も生き続いている (バレンタインデーのプレゼントにうってつけのラベルだ)。 20世紀の大半において、カロン=セギュールは万事うまく行っていたし、 どこから見ても一級シャトーに匹敵するほどの心動かされる ワインを生産することも多かった。 1929年、1928年、1926年には格別の成果を上げたし、 陰鬱(いんうつ⇒晴れ晴れしないこと)な1930年代にあっても、 1934年は上等だった。 1940年代後半から1950年代初めにかけての ボルドーで、カロン=セギュールが1953年、1949年、1948年、 1947年、1945年に享受したとしても魅力的な成功に匹敵する 成果を上げたシャトーはほとんどない。 もっとも、1954年以降カロン=セギュールが 本当に深遠なワインをつくったのは1982年のことである。 その間も悪くはなかったのだが、1960年代、1970年代は 最高の年の物でさえ、かすかに酸化しており、果実味がくたびれていた。 時には、カビ臭い古樽の風味があったり、渋いタンニンが多すぎたりする ものもあった。 ボルドーの消息通(しょうそくつう⇒ある方面の事情をよく知っていること) の間ではセラー内でのワインの育て方、いわるゆエルヴァージュが 原因ではないかと考えられていた。 また、瓶詰が遅すぎたとか、澱引きや古い樽の清掃が、投げやりとは 言わないまでも、丁寧でない事が多かったのだろうとも考えられていた。 1982年以降、カロン=セギュールは本来の姿を取り戻し、1990年、 1989年、1988年には上等なワインを、2000年、1996年、1995年に はたけた、はずれのワインをつくりだした。 この歴史ある偉大なシャトーは1970年代にその方向性を見失ったかに 見えたが、今では力強く立ち直り、そのワインは、スタイルこそ 大きく異なるが、コス・デストゥルネルやモンローズに迫るほどのものになっている。 ガスクトン夫人なら(在命中であれば、彼女の夫君も)こう言っただろう。 サン=テステフのすべてのシャトーのうち、カロン=セギュールが最も忠実に、 伝統的なスタイルの、長命な、成長し花開くまで時間のかかるワインを つくり続けていること。この点で異論はない。 伝統を重んじる人々には名高い1855年の格付けでは (地理的な意味合いで)最後に名があげられた、この立地の良い歴史的に 重要なシャトーの近年の作品を検討してみるようおすすめである。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆ラ・シャペル・ド・カロン [2012] La Chapelle de Calon◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 サン・テステフ村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・テステフ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1% ◆醸造:醗酵ステンレスタンク(18日間のマセレーション、1日2回のポンピングオーバー)ステンレスタンクにてMLF ◆熟成:16ヶ月間フレンチオーク樽熟成(3年使用樽) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆所有者:GFA カロン・セギュール ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆コメント◆ カロン・セギュールの造るサード・ワイン。 比較的若いブドウ樹の区画から造られるため、 フレッシュでより親しみやすい味わい。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ラシャペルドカロン 2012 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 本物保証,お得

アルデッシュシャルドネ 2013 Ardeche Chardonnay 安い,人気

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の 生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 特級畑を最も多く所有するワインメーカー ワインの産地としてボルドー地方とともに賞されるブルゴーニュ。「ルイ・ラトゥール」は、 この地で家族経営を守り続けている世界的に著名なワインメーカーです。その歴史は、 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、 ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。 1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、 醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波を もろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 困難から生まれた名作ワインが成長の糧に また成功への大きな契機となったのは、4代目当主による大胆な改革でした。 19世紀後半、彼はヨーロッパのぶどう畑がフィロキセラ(畑を食い荒らす害虫)で 壊滅状態になった際、従来のピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘にそれまで 誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの 2大白ワインのひとつと謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させたのです。 こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は現在、コート・ドール最大の グラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、 村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の作り手にまで 成長を遂げています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆格付け:I.G.P. アルデッシュ ◆タイプ:白・辛口 ◆ぶどう品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ フルーティさとシャルドネ種の個性を生かすために、 ステンレスタンクで造られており、リンゴを思わせる、 若々しさと酸味の中にもコクと繊細な風味が感じられます。 アルデッシュシャルドネ 2013 Ardeche Chardonnay 安い,人気

包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ TLM 2010 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大得価,100%新品

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆コート・ド・プロヴァンス トレ・ロン・マセラシオン [2010] COTES DE PROVENCE T.L.M◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、シラー10%、カリニャン10%  ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆熟成◆ ラドゥ産バリック(新樽率70%)にて約18ヶ月 残りの30%はテルトル・ロートブッフの使用樽です。 新樽を使い初めてから4ヴィンテージ目となります。 過去3年の経験が活かされ、テクニカルインフォメーション上は 前と同じですが、微妙なトースト具合の変化や 樽と接触させる際の温度の工夫等を施す事で 果実味と樽が見事に拮抗した仕上がりとなっております。 ◆テイスティング◆ 完熟した黒い果実の中にカベルネ由来の 品の良いハーブのニュアンスが感じられます。 口の中では綺麗に熟したタンニンの舌触りが 心地よく優しい果実味が口一杯に広がります。 樽由来の香ばしさも感じられますが果実の風味と 調和が取れており“新樽の強い香り”は強く感じられません。 また2010年にも、ラ・レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス本誌にて 「ワイン今年の人10部門」のネゴシアン部門の 最高賞を獲得しております! 誌面では 『プロヴァンスで彼らのようにピュアなワインは珍しい』 『南仏嫌いの人にもオススメ』 と大絶賛されています!! ◆コメント◆ 紫がかった濃いガーネット色。 香りは濃縮感を含み、ブラックチェリーや ブラックベリーのコンポート&コンフィ、 すみれの花、甘苦系スパイス、ほのかな灌木や樹脂などの香りが調和。 まろやかで膨らみのある果実味から、広がりは豊かな印象を与え、 タンニンも豊富ながらなめらか。 アフターにもスパイシーなフレイヴァーを長く残す。 Dupere-Barrera Cotes de Provence TLM ギフト対応 包装紙のし無料箱代 デュペレバレッラ TLM 2010 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 大得価,100%新品

ドメーヌデュクロフランタン ジュヴレシャンベルタン レミュロ 2013 送料無料,得価

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin(2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze(3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin(4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin(5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin(6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin(7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin(8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin(9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、 現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、 酸とタンニンが多いのでバランスがよく、ビロードの喉越しをもち、 余韻の長い赤ワインを産することで有名である。   上記グラン・クリュのなかでシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの 2つは、別格扱いされる最高級のクリマである。 シャンベルタンのクリマ自体は遠く13世紀に 開設されたわずか13haにすぎない小さなぶどう園である。 不世出(めったに世に現れないほどすぐれている天才)のナポレオンがこのシャンベルタンを 愛飲した話は有名である。力強く、際立って華麗な色調、すみれの芳香と濃縮された果実味と ビロードのような、滑らかな喉越しは、まさにブルゴーニュの王者の風格がある。 クロ・ド・ベーズは630年にベーズ僧院(Abbaye de Beze)の僧侶達によって 開発されたのでその名が起こった。 このクリマは有名なシャンベルタンの畑とムネ続きになっている。 ここのワインの品質および銘柄はシャンベルタンと同様の扱いを受ける資格が与えられており、 シャンベルタン、または、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名で売られる。 このワインにはきっぱりとした確かさ、力強さ、洗練されたきめのこまかさなど、 およそ他の追随を許さない銘醸ブルゴーニュの本質的な美点を兼ね備えた個性的な輝きがある。 上記両クリマは多数の所有者(栽培者)によって分割されている。 ■著名な一流の24名の所有者を次にあげる。 (1) ピエール・ダモア/Pierre damoy(2) リヴィラ/Livera(3) マリヨン博士/Dr. Marion(4) ジャント/Jantot(5) ルイ・ラトゥール/Louis Latour(6) エルヴィナ・デュポン/Elvina Dupont(7) J.H. レミー/J.H. Remy(8) J. プリュール/J. Prieur(9) レオン・カミュ/Leon Camus(10) ド・マルシイ/De Marcilly(11) ルブールソー/Rebourseau(12) J & H/J & H(13) ルイ・トラペ/Louis Trapet(14) デュフルール/Dufouleur(15) ドルーアン・ラローズ/Drouhin-Laroze(16) コルソルティウム・ヴィニコール/Consortium Vincole(17) ゲラン/Gelin(18) ジャブレ・ヴェルシュル/Jaseph-Vercherre(19) ジョセフ・ドルーアン/Joseph Drouhin(20) グロフィエ/Groffier(21) ペラゾー・グロイフィエ/Peirazeau-Groffier(22) トルトショ/Tortochot(23) マダム・トマス/M Thomas(24) クレール・ダュ/Clair-Dau  これらの人は、いうまでもなくその伝統と格式ある酒づくりには定評があり、 最良の元詰めシャンベルタンを世に送り出すが、この所有地がきわめて小さく、 年間生産量も微量であるから、彼らは自分自身の名でそのワインを売りには出さず 搾りたての新酒を樽のままでネゴシアンに売ってしまう。  シャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ以外の7つのクリマ、 マジ、シャペル、グリオット、シャルム、ラトシエール、マゾワイエール、 リュショットの各ワインは、その固有のクリマ名のあとに、シャンベルタンの名前を 続けて呼ぶ権利をもっていて、たとえば、リュショット・シャンベルタンというように 表示できる(シャルム・シャンベルタンはマゾワイエール・シャンベルタンとも 名のることができるが、両者はどちらの名称を用いてもよいこととなっている)。  これらグラン・クリュAOCの法定基準は必要アルコール含有量11.5~14.5度、 1ha当たりの生産制限量3700リットルと定められている。 ただし、別格扱いのシャンベルタンとシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは、 必要アルコール含有量は11.5~14.5度であるが、 1ha当たりの生産制限量3500リットルと、基準が一段と厳しくなっている。 ※ワインの知識とサービス 浅田勝美 著 柴田書店より掲載文抜粋 「コート・ドール」は、ブルゴーニュの中では別格のエリアです。 一般にコート・ドールと称されるのは、コート・ドール県内、 ソーヌ河上流の西側地区に広がる南北100kmちょっとの細長い地域。 その中で北部がコート・ド・ニュイ、南部がコート・ド・ボーヌです。 この二つの地区にフランス最高峰の赤ワインと白ワインの畑が点在しています。 コート・ドールとは「黄金の丘」という意味ですが、 幾重にも連なる小さな丘と複雑に入り組んだ地層が まさにコート・ドールの特質でしょう。 わずか数十メートルの違いで土地の傾斜や風の強さも変り、 ミクロ・クリマ(微気候)と呼ばれる優良な気候条件もその地形と地層から生まれます。 その中でクロ・フランタンが所有している畑は、合計12ケ所。 ただし、12の畑すべてを合せても面積は僅かに15haです。 これに含まれるクロ・フランタン所有の7つの特級畑と1つの1級畑は、 まさに至宝の輝きです。 ブルゴーニュのブドウ畑とナポレオンとは、大変深い関わりがあります。 まず、ブルゴーニュの畑の区画が現在の形になったのは、ナポレオンの時代でした。 フランス革命を経て貴族や寺院が所有していたブドウ畑が没収され、 1804年に発布されたナポレオン法典によって、 ブルゴーニュの畑の再整理が推進されたのです。 今ある古参ドメーヌの多くは、 この時にブドウ畑を所有した農家に起源を発しています。 「ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン」も同様です。 ナポレオンと言えば、好んだワインとされるのが「シャンベルタン」。 「ジュブレ・シャンベルタン」というのがそのワインを産する村の名ですが、 実はこの村はナポレオン1世の時代にはジュヴレ村という名でした。 「シャンベルタン」というのはもともとある畑の名で、 あまりに有名な畑なので、これを村の名前に加えてしまったものです。 ナポレオンが失脚し、後にブルボン家が一時的に復活する19世紀半ばに、 ジュブレ村は「ジュヴレ・シャンベルタン村」と名を変えました。 ブルゴーニュの地名では、こうした例は珍しくありません。 現在、ジュヴレ・シャンベルタン村には、 「○○シャンベルタン」の名が付く特級畑だけで9つもありますが、 「シャンベルタン」は今も最高峰の畑として君臨しています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ジュヴレ・シャンベルタン村 ◆原産地呼称:A.O.C. ジュヴレ・シャンベルタン ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・クロ・フランタン ◆テイスティング◆ 輝きのあるルビー色の外観。 若いうちは赤い果実のフルーティなアロマに スパイシーなニュアンスが感じられ、熟成を重ねると、 ムスクや毛皮を思わせるアニマルなブーケがもたらされる。 ベルベットのようになめらかで、 程よいタンニンがとてもバランスの良いワイン。 心地よい余韻が長く続く。 ドメーヌデュクロフランタン ジュヴレシャンベルタン レミュロ 2013 送料無料,得価

シャトーマルジョス ルージュ 2012 新作登場,格安

シャトー・マルジョスの館は、著名な建築家であり、 ボルドーの大劇場を建築したことで知られる、 ヴィクトル・ルイによってアントル・ドゥー・メール地区に 建造され、一時は、フランスの詩人アンリ・シェニエが所有するなど、 由緒ある歴史を持ったシャトーです。 現在の所有者であるピエール・リュルトン氏は、 シャトー・シュヴァル・ブランの醸造責任者ですが、 複雑な要素を兼ね備えたシャトー・マルジョスの 畑の土壌に惚れ込みました。 パワフルな赤い果実や、黒い果実の香りが、 かすかなトースト香やヴァニラ香とともに華やかに香ります。 フレッシュで、しっかりとしたボディのワインです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 アントル・ドゥー・メール地区 ◆原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆ブドウ品種:メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、マルベック ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:シャトー・マルジョス ◆テイスティング◆ 紫がかった濃い色合い。 チェリーやブラックベリーのフレッシュな香りに続き、 トーストやヴァニラといった樽由来の香りがかすかに混ざります。 口に含むと、フレッシュでしっかりとボディを感じる味わい。 良質のタンニンが酸と果実のボリュームをバランスよく整えます。 余韻は長く続き、まだ若干固さを感じさせます。 更なる熟成が楽しみなワイン。 熟成が進むと、より丸みを帯びた味わいとなります。 ◆2011ヴィンテージ:2012年アキテーヌ・ボルドーワインコンクール銀賞 ◆2011ヴィンテージ:ワイン・アドヴォケイト86点(2014年4月) ◆2010ヴィンテージ:2012年デカンター・ワールド・ワイン・アワード銅賞 シャトーマルジョス ルージュ 2012 新作登場,格安

ヌメロアン ブラン 高品質,正規品

◆ドゥルト/Dourthe 1988年の誕生以来、ドゥルト ヌメロ・アンは、 ボルドーの代名詞といえるブランドとして認識されています。 ワインメーカーの断固たる信念と完璧を求める精神、 そして彼らの才覚が実を結んだワインです。 ワインメーカーの妥協を許さぬ姿勢により、ヌメロ・アンは生産量を抑え、 かつ他と一線を画する高い格式を持つワインとなっています。 ◆「専門家達の確かな信頼を得ています。」 ヌメロ・アンは数々のフランス有名レストランでオンリストされています。 オテル・マジェスティック(カンヌ)、 オテル・ド・ノルマンディ(ドーヴィル)、 オテル・デュ・バレ(ビアリッツ)、ル・シャポン・ファン(ボルドー) ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:A.C.ボルドー ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:15度未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ドゥルト・フレール ◆コメント◆ ボルドー大学醸造博士ドゥニ・デュブルデュ氏との 共同開発によって生まれたワイン。 クリスピー、すがすがしくクリーンで生き生きとした印象。 ドライさ、レモンやオレンジピールを感じる若々しさを持ち、 熟したソーヴィニヨン・ブランから造られる とても美味しいドゥルトは多くのワインファンを惹きつけます。 ■2005年ヴィンテージ デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2006 銀賞受賞! ヌメロアン ブラン 高品質,正規品

ブシャールエイネ ブルゴーニュピノノワールレヴァンダンジュー 2011 激安大特価,新作登場

◆ブシャール・エイネ・エ・フィス社は1750年ジョセフ・ブシャールによって 設立された、ボーヌでもっとも由緒あるネゴシアン・エルヴァール (ワインの貯蔵熟成も手がける販売業者)です。 「最良のワインであるため、畑からびん詰めまでを見守り続ける」。 それこそがブシャール・エイネのスピリットです。 ◆フランスはもとより世界を代表する名醸地として、 ボルドーと双璧をなすブルゴーニュ。フランスの東方内陸部、 北のシャブリから南のリヨンまで南北に約300km続く細長いエリアです。 ボルドーと比較すると、ぶどうの栽培面積やワインの生産量は約半分ですが、 華やかな香りと滑らかな味わい、独特の力強さをもつブルゴーニュの赤ワインは、 優れたワインとして世界的に愛されています。 ブルゴーニュ地方のぶどう園は、ボルドーのように1生産者(シャトー)ごとに 畑が区分されておらず、1つの畑は数人から数十人の生産者が所有する 小さな区画(リュー・ディ)が集まって構成されています。 そんな所有者のなかには、ぶどうの栽培から醸造、瓶詰め、 出荷までのすべてを扱うドメーヌ(ボルドーでいうシャトーにあたる)もいますが、 大半は十分な醸造設備をもたない小規模な生産者です。 このような小規模な生産者からワインを買い付けブレンドしたり、 あるいは眠っていた優れたドメーヌを発掘して、高品質なワインを 消費者に届けるのがネゴシアンと呼ばれるワイン商です。 そのなかには、畑を所有し、自らぶどう栽培を行うネゴシアンや、 貯蔵熟成も手がけるネゴシアン・エルヴールと呼ばれる者もいます。 このように、ブルゴーニュのワインの多くは、小規模のドメーヌと 優れたネゴシアンたちによって造られ、守られているのです。 ◆そんなブルゴーニュにあって、古くから名ネゴシアンとして その名を知られるのが「ブシャール・エイネ・エ・フィス」です。 「ブシャール・エイネ・エ・フィス」は、 1750年、ミッシェル・ブシャールと彼の息子ジョセフ・ブシャールによって 設立されました。以来250年余にわたり、ブルゴーニュのワイン産業の 中心地であるボーヌの中でも、 屈指のネゴシアン・エルヴールとして知られてきました。 その品質は広く世界に認められ、世界的コンテストでの数々の入賞歴に加え、 世界各国のエアラインに採用されるなど、高い評価を得ています。 その秘密は、ぶどう園を所有せずに貯蔵熟成のみを行う ネゴシアン・エルヴールだという点にあります。 確かにぶどう畑を所有するドメーヌのなかには 優れたワインを造り出す者もいますが、ぶどうの栽培は天候や環境などに 左右されるため、小規模なぶどう栽培を行うドメーヌにおいては ぶどうの出来がそのままワインの品質につながってしまうのです。 そのため、毎年安定した高品質のワインを生産できるとは限りません。 しかし、ネゴシアン・エルヴールは、毎年より良い状態のぶどうやワインを 各ドメーヌから購入することができるため、 安定した良質なワインを提供することができるのです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆格付け:AC ブルゴーニュ ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ブシャール・エイネ・エ・フィス ◆コメント◆ セカンドネームの“LesVendangeurs”とは 「ぶどうを収穫する人々」という意味です。ベリー系の香り、 繊細な味わいなどピノ・ノワール種の特徴が素直に表れています。 ブシャールエイネ ブルゴーニュピノノワールレヴァンダンジュー 2011 激安大特価,新作登場

包装紙のし無料箱代 シャトー グリヴィエール 2005 シャトートゥールドミランボー キュヴェパッション ルージュ 2011 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,2016

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆シャトー グリヴィエール [2005] Chateau Griviere◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 ◆原産地呼称:A.O.C.メドック ◆格付:クリュ・ブルジョワ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.46% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆醸造・熟成:オーク樽熟成 12ヶ月(225L、新樽比率 50%) ◆オーガニック等の情報:サステーナブル農法 ◆年間生産量:160,000本 ◆生産者:Domaine C.G.R. ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆コメント◆ 17世紀にはすでにワイン造りが行われていた歴史の古いシャトーです。 豊かなタンニンとオーク樽での熟成による 落ち着いた芳香が素晴らしいメドック・ワイン♪ 飲み頃のバックヴィンテージをリーズナブルに提供してくれる グリヴィエールに新たなヴィンテージが登場しました。 新ヴィンテージと言っても、熟成したビックヴィンテージ2005年です。 ラフィット・ロートシルトが所有し再構築を行ったシャトー"ラ・カルドンヌ"で 元ランシュ・バージュの醸造長マガリ・ギュイヨン氏が造ったワインを、 300万本保管可能な広大な地下セラーで熟成した飲み頃ワインです。 ◆テイスティング◆ 深い深紅の色合い。プラムやサクランボのコンポートのような 香りの中にトーストのニュアンスが漂う、 フレッシュで丸みと噛み応えのある味わいで、タンニンは滑らかです。 非常に飲みやすくエレガントな熟成ワイン♪ 諄くない余韻がフルボディとは想えない繊細さのお墨付き。 ブルーチーズとも良く合います。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中14.5点獲得!2005年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中15点を獲得した2005年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2005年! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 85点獲得!2005年ヴィンテージ! ◆シャトー・トゥール・ド・ミランボー キュヴェ・パッション ルージュ [2011] Chateau Tour de Mirambeau Cuvee Passion Rouge◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆ブドウ品種:メルロー82%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、カベルネ・フラン8% ◆アルコール度数:13.60% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆年間生産量:40,000本 ◆樹齢:28年 ◆土壌:粘土石灰質 ◆栽培面積:10ha ◆収量:30hl/ha ◆醸造・醗酵:ステンレス・タンク ◆熟成:オーク樽熟成8~10ヶ月(新樽比率50%)/ステンレス・タンク熟成12ヶ月 ◆オーガニック等の情報:リュット・レゾネ ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ モン・ペラのデスパーニュ家が 元々所有しており、名声の元となったシャトー。 非常にバランスの取れた風味。 余韻にはブルーベリーやブラックベリーを想わせる 果実の香りが心地よく続く。 ※ボルドー地方、アキテーヌ地区では、標準的な金、銀、銅メダルで評価されるコンクール。 ■コンクール・ド・ボルドーワイン・アキテーヌ■ Médailleドール 2014を獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中15.5点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 86点を獲得した2011年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 90点を獲得した2011年ヴィンテージ! ギフト対応 包装紙のし無料箱代 シャトー グリヴィエール 2005 シャトートゥールドミランボー キュヴェパッション ルージュ 2011 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,2016

シャトー レイソン レゼルヴ 2007 セール,送料無料

◆メルシャンの傘下に入って以降、 ワインの品質向上を目指した大規模な改革に着手した シャトー・レイソンは、98年度のマコン・グラン・ヴァン・コンクールに おいて、オー・メドックのワインの中で唯一の金賞を受賞しました。 このマコン・グラン・ヴァン・コンクールは、 出品されるワインが1万数百点にのぼるという、 ギネスブックに登録された世界最大規模のワインコンクールです。 シャトー・レイソンは、このコンクールで金賞を受賞したことにより、 改革の成功と、それによるワインの品質向上を、大きく世界にアピールしました。 また、1990年代以降、グラン・クリュ・クラッセの ワイン価格が高くなり過ぎたこともあり、すぐれた品質を持つ クリュ・ブルジョワ級ワインの人気はますます高まっています。 フランスの有名レストランにおいてもクリュ・ブルジョワ級の ワインが数多くワインリストに掲載されるようになりました。 シャトー・レイソンは、それらクリュ・ブルジョワ級のワインを 代表する存在として、多くの人々に親しまれています。 現在シャトー・レイソンは、その名の通りシャトーを代表する存在である シャトー・レイソンのほかに、さらにワンランク上の味わいを追求した シャトー・レイソン・レゼルヴ、そしてレイソンの伝統的なワイン造りを 活かしたリーズナブルなA.C.ワインなどを手掛けています。 プレミアムワインであるシャトー・レイソン・レゼルヴは、 フランスワインガイドブックのバイブルともいえる「ギッド・アシェット」 に毎年掲載されている上、96年ヴィンテージはラベル掲載特別推奨品となりました。 ◆シャトー・レイソン・レゼルヴ [2007]◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ヴェルトイユ村 ◆ブドウ品種:メルロー80%、カベルネ・ソーヴィニヨン20% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:シャトー・レイソン ◆コメント◆ シャトー・レイソンの畑で収穫されたぶどうの中から 厳選されたぶどうのみを使用して造られた限定銘柄。 ぶどうはすべて手摘みされ、 選果も徹底したワンクラス上のプレミアムワイン。 香ばしく濃厚な香りと厚みのある味わいが印象的。 ドゥニ・デュブルデュー氏を 醸造コンサルタントに迎えて品質の向上に努めており、 ワイン評価誌などで高い評価を受けています。 メルロー品種主体のしっかりした味わいです。 鮮やかで輝きのある色合い。 じっくりと樽で寝かせたことによる、 力強く香ばしい香りと果実の香りが感じられます。 しっかりしたタンニンと芳醇な味わいがバランスよく調和しています。 シャトー レイソン レゼルヴ 2007 セール,送料無料

のし包装紙無料箱代 シャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,人気

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ※ワイン造りの職人たち シャトー・ラフィット・ロートシルトやロス・ヴァスコス(チリ) シャトー・オーシエール(フランス)カロ(アルゼンチン)を 要するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆◆ワイン造りの職人たち◆◆ <つつましさと高い品質基準> ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット、以下DBR)は、 代々優れたワイン造りを受け継いできました。 数世代にわたる一流の職人たちが、数世紀をかけて 潜在能力の高い土壌を探し出し、最高のものをという信条を掲げて、 努力してきました。 *DBRの全チームは、以下の2つの原則に基づいて行動しています。 ◆◆謙虚な気持ちで学ぶこと◆◆ 土壌を最高の状態にするのは時間のかかる作業です。 品質の優れたワインは、たゆまぬ労苦により生み出されるものなのです。 ◆◆高い品質基準を実現すること◆◆ 最善の生産プロセスを採用することで品質に細心の注意を払い、 常にそのプロセスの改善に努めることで、高品質を実現します。 シャトー・ラフィット・ロートシルト(Château Lafite-Rothschild)は、 オー・メドック地区ポーイヤック村にある著名なボルドーワインのシャトーの名称、 および同シャトーが生産する赤ワインの銘柄の名称である。 現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 シャトー・ラフィット・ロートシルトはしばしばその筆頭に挙げられる。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」の ドイツ語風の読みであり、フランス語での発音は異なる。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っている。 他に「ロスシルド」などと表記されることもある。 ◆ルビ(英語:ruby)とは、文章内の任意の文字に対し、 ふりがなや説明や異なる読み方といった役割の文字を より小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側、 横書きの際は文字の上側に記されるものである。 ただしシャトー・ラフィット・ロートシルトの運営主体である DBR社では「ロートシルト」という日本語表記を採用している。 なお、シャトー・ムートン・ロートシルトは、 ロスチャイルド家の別の系統の一族が所有している。 ◆王のワイン◆ 「ラフィット」という呼び名は中世の農園の名称として14世紀の文献に登場する。 ポーイヤック村の中で一番小高い丘に位置していたことから、古いガスゴーニュ語で 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと 名づけられたという。 ブドウの作付けは中世から行われていたが、17世紀に セギュール家がシャトー・ラフィットの所有者となり転機が訪れた。 1670年代から80年代にかけて、ジャック・ド・セギュールがブドウ畑を広げ、 ワインの生産を本格化させた。 ジャックの相続人アレキサンドルは1695年にシャトー・ラトゥールの女性相続人と 結婚し、息子のセギュール侯爵ニコラ・アレキサンドルをもうけた。 ラフィット、ラトゥール、カロン・セギュールなどの広大な農園を相続した セギュール侯爵は、ワインの生産技術の改良に力を注ぐとともにヨーロッパ各国の 上流階級へ販路を広げ、ほどなく「葡萄園の王子」とあだ名されるようになった。 当時ボルドーワインの需要の中心地は、歴史的経緯もあってイギリスであった。 ワイン好きの首相ロバート・ウォルポールは3か月ごとにラフィット1樽、 つまり普通サイズのワイン瓶300本分を空けていたという。 一方、フランスの宮廷ではギュイエンヌ(ボルドーの旧州名)は田舎という イメージがあり、専らブルゴーニュワインが愛飲されていた。 1760年、ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人は、ワインで王の歓心を買おうと ブルゴーニュのある高名な畑を手に入れようとしたが、コンティ公に競り負けてしまう。 この畑は後にロマネ・コンティと呼ばれるのだが、顛末を見ていたギュイエンヌ総督の リシュリュー男爵マレシャル(リシュリュー枢機卿の縁者)が、代わりにラフィットを ポンパドゥール夫人に勧め、大いに気に入った夫人はヴェルサイユ宮殿の 晩餐会で必ず飲むようになった。 これをきっかけにボルドーワインが宮廷で脚光を浴び、 中でもラフィットは「王のワイン」という名声を得ることになった。 フランス革命前夜、ラフィットの名声は既に揺るぎのないものとなっていた。 当時ヴェルサイユにアメリカ合衆国大使として赴任していた トーマス・ジェファーソンはアメリカ大陸でのワイン造りを思い立ち、 1787年5月にラフィットを含む主要なボルドーワインを調査して回った。 ジェファーソンもまたラフィットに魅せられ、生涯の愛好者となった。 ◆シャトー・ラフィット・ロートシルト [1971] Château Lafite-Rothschild◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポーイヤック村 ◆格付け:AC ポーイヤック メドック 第1級 ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー20%、カベルネ・フラン5%、 プティ・ヴェルド5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆畑面積:100.0ha ◆植樹密度:7,500本/ha ◆平均収量:48hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間 ◆熟成:オークの新樽で16~20ヶ月 清澄は行うが、濾過はしない。 ◆平均樹齢:45年 ◆年間生産平均本数:約21万本(ラフィット)、約28万本(カリュアド) ◆セカンドラベル:カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト ◆生産者:ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(略語DBR社) ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆テイスティング◆ カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンドさせます。 優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、 タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、 品格を感じさせるものとなっている。 ◆パーカー氏ボルドー第4版コメント◆ ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸(ぼんよう)だったが、 1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、 忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における 価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを 手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 ◆ボルドー第4版ラフィット古いヴィンテージ◆ 1959年(100点、最終試飲年月:2002年3月)は、 まぎれもなく最も最大なラフィット・ロートシルトだ。 十分な飲み頃に近づいているのだが、いまだに2000年、 1996年、1986年、1982年のようなヴィンテージが 同じくらいの高みに達することができるかわからないほどである。 非常に香り高いブーケは花、黒トリュフ、西洋杉、鉛筆、 赤系果実を思わせ、私が試飲したことのある最も力強い、 凝縮したラフィットの1つだ。 ミディアムボディからフルボディで、ビロードのような 舌触りをしており、豊かで、純粋で、この偉大なシャトーが あったらどうなるかという生の証拠だ。 若々しいワインで、あと30年強は持ちこたえるはずである。 1953年には2度100点をつけたし、別の機会にもほとんど 完ぺきの99点をつけている。何人家の老大家によると、 十分な飲み頃になってからほとんど30年近くもたつそうだ。 ミネラル、鉛筆、西洋杉、スパイスの並はずれたラフィット らしい芳香がある。ビロードのような舌触りをしており、 すばらしくまろやかで、甘いがそれでいて 十分に輪郭がはっきりしているし、バランスもとれている。 ただし、今日では低温のセラーからの、あまり頻繁に 転売されていないワインだと保証されていない限り、 マグナム以上の瓶で購入するのが最良だ。 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!84点獲得!1971年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料箱代 シャトーラフィットロートシルト 1971 メドック第1級 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 定番,人気

ドゥルト キュヴェ 202 ブラン 新作,得価

「ドゥルト」はフランス、 ボルドーのトップネゴシアン(ワイン商)のうちの1つです。 創業は1840年。 ボルドーの70ものシャトーと独占契約を持ち、 世界80カ国以上にワインを輸出しています。 さらに「ドゥルト」はトップネゴシアンでありながら、 A.C.オー・メドック、グラン・クリュ・クラッセの シャトー・ベルグラーヴなど 6つのシャトーを持つ造り手でもあります。 360ha以上の畑を所有し、ぶどう造りの段階から、 ワインの品質向上に努めています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆タイプ:白・中口 ◆アルコール度数:15度未満 ◆容量:750ml ◆生産者:ドゥルト・フレール ◆コメント◆ 『202』とは、1840年 ピエール・ドゥルト氏によってボルドーに 設立されたドゥルト・フレール社の設立当初より 評判のキュヴェにつけられていたナンバーです。 さわやかな口当たりのフレッシュな白ワインです。 素材を生かした日本料理はもちろんのこと、 ピザやパスタなど軽めの西洋料理によく合います。 ドゥルト キュヴェ 202 ブラン 新作,得価

デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT 高品質,送料無料

■ピュアな果実味へのこだわりから DRCに認められし生産者“デュペレ・バレッラ” 夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で 地質に関してのプロフェッショナルです。 そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで 更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。 元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い そして プロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。 その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を 図り1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。 若い彼らは開業当初畑を購入できるだけの資金力はなく 選んだのはネゴシアンの道でした。 ワインのリリース当初はゴー・ミョーにて若手でありながら 初登場でいきなり巻頭に写真付きで紹介される という異例の取り上げられ方をされ‘クラスマンガイド2005’の 創刊10周年巻頭特集では他の大物醸造家と肩を並べて取り上げられる などスーパー・ネゴシアンとして南仏を代表する生産者にまで成長しました。 デュペレ・バレッラとしては 初の試み新樽にて熟成を行なった“TLM” 今まで 『ピュアな果実の風味を大切にする』 事を目的に 新樽の使用を控えてデュペレ・バレッラですが 2006ヴィンテージのTLMから新樽を使い始めました。 これまでは頑なに新樽の使用を拒んでいた デュペレ・バレッラですがワイン造りを始めて10年近くが 経ち、時と場合によっては考え方も変りました。 2007年は素晴らしいカベルネが収穫できた為、 カベルネを中心にTLMを造ろうと考えた デュペレ・バレッラ。 そこで考えたのが 『カベルネ・ソーヴィニョンの熟成には新樽が 有効なのではないか?』 という結論でした。 新樽は使ってもデュペレ・バレッラらしさは変りません。 TLMの特長はなんと言ってもその名前とおりの 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」 です。 開放式のタンクで醗酵中に、手でタンク上方に 渦巻きを作り、ピジャージュを行い、その後は足で 圧搾。デュペレ・バレッラの特別なワインにだけ施される 「Nowat製法」 にて醸造が進められます。 他のワインとTLMが違うとこは、更にここから果帽 ごとワインを樽に入れ2ヶ月間、果皮や種から成分を 抽出を行いながら熟成を行ないます。 デュペレ・バレッラではこの期間も「マセラシオン」 と考えており、ワイン名を 「Très Long Macération =とても長いマセラシオン」と呼んでいます。 2ヶ月後に果帽とワインを別け、同じ樽に戻して更に 約16ヶ月の熟成を行い清澄・フィルタリングは 行なわずに瓶詰めが行なわれます。 ◆デュペレ・バレッラ ノワット [2010] DUPERE BARERRA NOWAT◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:プロヴァンス地方 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE PROVENCE ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン30%、シラー10%、 (モール山脈麓のシストの母岩の上に粘土と泥土が重なる土壌) ムールヴェードル30%、カリニャン30% 自社畑プロキュールより収穫(粘土石灰質土壌) ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆熟成:テルトル・ロートブッフおよびロマネ・コンティから仕入れた1~2年樽で18ヶ月熟成 ◆テイスティング◆ デュペレ・バレッラの真骨頂とも言える 『柔らかく、滑らかで、濃さもあり、でも優しい』 独特の質感を存分にお楽しみいただけるノワット♪ 優しい果実味の中には品の良いミネラル感も感じられます。 このワインはプロヴァンスでも高品質な赤ワインが造れる証明であり 何故デュペレ・バレッラが、ロゼのイメージが強いプロヴァンスで 高級な赤ワインを造ろうとしたのかがご理解頂けると思います。 Dupere-Barrera Nowat デュペレバレッラ ノワット 2010 DUPERE BARERRA NOWAT 高品質,送料無料

メドック ド シトラン 2004 Medoc de Citran 100%新品,お得

◆年々その品質と評価を上げている、 日本でも人気のブルジョワ級ワイン! 「シャトー・シトラン」が、2004年限定でリリースした 珍しいメドック規格のワインです♪ 2004年は収量が多く、シトランの名を冠するに値しないと されたワインが一部存在しましたが、後の試飲で品質の高さが見直され、 再度シトランの名を冠するワインに格上げとなりました。 ◆近年着実に評価を上げている シャトー・シトランの特別限定生産ワイン なのです?! 「メドック・ド・シトラン」 はその名の通り、 このワインは近年着実に評価を上げている シャトー・シトランがメドックで特別に限定生産したワイン! それも2004年限定で今後も造られる予定はないとの事! 何故そんなことが?!?! 実は2004年は収量が多かった為、一度はシトランの名として売り出さないと 事が決まったワインが発生したのですが、それが後に品質の高さが見直され、 再度シトランの名で売り出す事になったそうです。 そして メドックA.O.C.の名で誕生した のがこのワインです。 意図して出来たワインではないので、今のところは メドック・ド・シトランを今後造る予定はない (> メドック ド シトラン 2004 Medoc de Citran 100%新品,お得

包装紙のし無料箱代 シャトーポンテカネ 2007 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 品質保証,低価

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ギフト対応 ■パーカー氏ボルドー第4版コメント■ メドックの格付けシャトーとしては最大の生産量と、 シャトー・ムートン・ロートシルトのすぐ向かいという人もうらやむ 畑の立地を思えば、とりわけ高い品質と器量のワインを期待したくなる ものだが、 1962~1985年の記録をつぶさに観察してみると、 健全で理にかなったワインではあっても、興奮と称される、 あの特別な成分に欠けていたことがわかる。 だが、1994年以降、オーナーを見ればわかるように、勢いを取り戻し、 こだわりが表れ始めた。醸造用のセラーが完全に一新され、あまり 出来のよくない槽が出た時のためにセカンド・ラベルが導入され、 新樽の比率も高められた。また、機械による収穫は取りやめられた。 1975年までのオーナーはよく知られたクリューズ社だったが、 同社はポンテ=カネを販売促進になる1つのブランド名として扱うばかりで、 他とは異なる独特な個性を持つポイヤック産シャトー元詰めワインとは 見ない傾向があった。 シャトー元詰めをするようになったのは1972年のことだが、 それまでは長年ヴィンテージ表示もないまま、いつでもポンテ=カネの 名でフランス国鉄にまとめ売りしていたのである。 だが、1975年には同社がブレンドやラべリングの 慣行(かんこう⇒以前からのならわしとして通常行われること)を無視して いることが裁判で明るみに出て、同社はシャトーを売却せざるを得なくなる。 それを、著名なコニャックの商人ギー・テスロンが買い取り、 息子のアルフレッドに管理を任せるようになって今に至るわけだ。 ボルドー中の人が賛成すると思うが、注意深く管理・運用すれば、 ポンテ=カネの畑は莫大な可能性を秘めているし、アルフレッド・テスロンも その難題に応えて、畑とセラーに多額の投資をし、非常に厳しい 選別プロセスを実施した結果、1994年以降のポンテ=カネは、 メドックでも有数の成長株となっている。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・ポンテ・カネ [2007] CHATEAU PONTET CANET◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポイヤック村 ◆格付け:AC ポイヤック メドック 第5級 グラン・クリュ クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー33%、カベルネ・フラン5%、 プティ・ヴェルド2% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:78.9ha ◆植樹密度:8,500本/ha ◆平均収量:50hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは天然酵母の後押しとともに木製(50%)、コンクリート(40%)、ステンレスタンク(10%)のタンクで3~4週間。 ◆熟成:熟成は新樽60%で16ヶ月。軽い清澄と濾過を行う。 ◆平均樹齢:30年 ◆年間生産平均本数:25万本(シャトー・ポンテ・カネ)、23万本(レ・オー・ド・ポンテ) ◆飲み頃の続く期間:収穫後8~30年 ◆所有者:デスロン家 ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ 健全につくられてはいるが、1980年の 半ばまでは魅力に欠け、興味も持たれていなかった。 ただし、1990年半ばからは顕著(けんちょ⇒はっきり 目立つさま、いちじるしいさま)に向上している。 価格の方も最近のヴィンテージの品質を追って上昇傾向にあるが、 それでも依然としてコストパフォーマンスがよいワインである。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中16.6点を獲得した2007年ヴィンテージ! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中17点獲得!2007年! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17.5点獲得!2007年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター90点獲得! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 92点獲得!2010年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー92点獲得! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 92点獲得!2007年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2007年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2007年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!95点を獲得した2007年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!96点獲得!2007年ヴィンテージ♪ ギフト対応 包装紙のし無料箱代 シャトーポンテカネ 2007 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 品質保証,低価

包装紙のし無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 全国無料,セール

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Lagrange 2014年ヴィンテージ PP (87~89)点獲得!若い 2013年ヴィンテージ WA 89~91点獲得!若い 2012年ヴィンテージ PP 90点獲得!若い 2011年ヴィンテージ WA 90~92点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 89+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 90+点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 89+点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 86点!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 87点!若い 2005年ヴィンテージ PP 87点獲得!VP 95点!若い 2004年ヴィンテージ WA 89+点獲得!VP 88点!若い 2003年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 95点!若い 2002年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 88点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 88点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!若い 1999年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 88点!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 87点!早めに 1997年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 87点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 96点!飲み頃 1995年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 92点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 85点!早めに 1993年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 78点!落ちている 1992年ヴィンテージ WA 87点獲得!VP 79点!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 98点!飲み頃 1989年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 90点!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 89点! 1986年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 94点!飲み頃 1985年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 90点!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 82点獲得! 1983年ヴィンテージ WA 86点獲得!VP 86点!落ちている 1982年ヴィンテージ WA 85点獲得!VP 98点!落ちている 1979年ヴィンテージ WA 78点獲得!VP 85点!落ちている 1978年ヴィンテージ WA 80点獲得!VP 87点!落ちている 1975年ヴィンテージ WA 70点獲得!VP 89点!落ちている 1973年ヴィンテージ WA 50点獲得!落ちている 1971年ヴィンテージ WA 65点獲得!VP 82点!落ちている 1970年ヴィンテージ WA 84点獲得!VP 87点! 1966年ヴィンテージ WA 72点獲得!落ちている 1964年ヴィンテージ WA 60点獲得! 1962年ヴィンテージ WA 70点獲得!落ちている 1961年ヴィンテージ WA 85点獲得! 1947年ヴィンテージ WA 89点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 1792年ヴォルネイに設立されたドメーヌで、 1972年にムルソーへ移転。地下二層にもわたるカーヴは 65万本ものワインが保管可能です。 このカーヴは迷子になりそうなほど広く、 膨大な量のワインボトルが熟成されている姿は圧巻です。 更にヴォルネイにも10万本保管できるカーヴを持ちます。 ブドウ栽培は厳格なリュット・レゾネを実践。 熟成されたワインは必要と判断した場合を除き、 基本的にはリコルクは行いません。 シャトーの歴史は古く、17世紀頃のワイン地図に既に記載されています。 1842年にルイ・フィリップ朝において内務大臣などを歴任した デュシャテル伯爵が所有者となり、 1855年のメドック格付けで3級に格付けされました。 しかし、その後経済状況の悪化により所有者が入れ替わり、品質が低下します。 1983年にサントリーが購入。 かつてボルドー大学で醸造研究所長を 務めていた醸造学者で、シャトーマルゴーの再生も成し遂げていた エミール・ペイノー博士に協力を要請。 ペイノー門下生である マルセル・デュカス氏が社長に、同じくペイノー氏の元で学んだ サントリーの鈴田健二氏が副会長に就任し、畑から醸造所、 シャトーまで徹底的な改革を行い、ラグランジュは復活を遂げ、 世界に認められるワインへと成長しました。 現在は、ブルーノ・エイナール社長と椎名 敬一副会長の下、 ラグランジュの持つテロワールの限界に挑戦する「創造」のステージに進み、 さらなるラグランジュの品質向上に取り組んでいます。 ◆シャトー・ラグランジュ [2011] Chateau Lagrange◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:サン・ジュリアン村 ◆原産地呼称:A.O.C.サン・ジュリアン ベイシュヴェル ◆格付け:メドック 第3級 グランクリュ・クラッセ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ ソーヴィニヨン65%、メルロー35% ◆飲み頃温度:17℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:115ha ◆年間生産量:35万本 ◆平均樹齢:25年 ◆収量:58hl/ha ◆タンク:ジャケット式ステンレスタンク ◆発酵:15日から20日間、28℃から30℃ ◆新樽率:60% ◆樽熟成:20ケ月 ◆コラージュ:卵白6個 ◆濾過:する。 ※和牛ほほ肉の赤ワイン煮 ◆テイスティング◆ ステンレスタンクでアルコール発酵と醸しを行い、 その後マロラクティック発酵を20℃で行います。 各キュヴェの品質をチェックして選別、アッサンブラージュを行い、 新樽比率60%で18~20ヶ月間樽熟します。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 美しい果実味と豊かで溶け込んだタンニンがあり、 芳醇で長い余韻が感じられる、長期熟成タイプのワインです。 ◆コメント◆ 近年飛躍的な品質の向上を遂げた名門シャトー。 カシス系の果実を想わせる深いコクと 十分なタンニンは、まさしく最上の赤! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター87点獲得! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 100点中88点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー89点獲得! ※ワインのウェブサイト(7人の盲人・重要ロサンゼルスベースのブラインドテイスティンググループ) ■ジェフLEVE・ワインセラーインサイダー評価■ Wine Cellar Insider 89点獲得!2011年ヴィンテージ! ※英国のワインジャーナリスト ■ワイン評論家ティム・アトキン氏の評価■ TimAtkin.com 高得点91点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!91点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 93点獲得!2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2011年ヴィンテージ! ギフト対応 包装紙のし無料箱代 シャトーラグランジュ 2011 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 全国無料,セール

のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 新作登場,大人気

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても 広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 コー​​ト・ド・ボーヌに南ヴォルネーとポマールの位置、 ムルソーはコート=ドール県で白ワインの生産に特化し最大の町です。 プルミエクリュの優れた品質は、この名前にはグラン・クリュを 持っていないという事実を補償します。 独占メゾンルイ·ラトゥール、 シャトー・ド・ブラニーのブドウの木は、 ムルソ​​ーとピュリニー・モンラッシェを見下ろす丘の上にあります。 この気候は、その新鮮さ、優雅さ、 そして優れた熟成能力によって特徴づけられる。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】ルイ・ラトゥール ムルソー プルミエ・クリュ シャトー・ド・ブラニー [2000] Meursault 1er Cru "Château de Blagny" Louis Latour◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー村 ◆格付け:AOCムルソー プルミエ・クリュ/第1級 Meursault Premier Cru ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:30年 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆テイスティング◆ その淡い黄色の色と新鮮で豊富な 鼻はレモンと統合された オークのノートであなたを誘惑する。 彼はそのすべての新鮮さを保つ! さらに数年待つことができる実質の御馳走。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター84点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家89点獲得!2000年ヴィンテージ! ギフト対応 のし包装紙無料↓バッチリ値下げ↓箱代 蔵出し熟成ブルゴーニュ ルイラトゥールムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 新作登場,大人気

2本以上木箱発送 蔵出し バタールモンラッシェ 1999 ルイラトゥールDomaine Louis Latour Batard Montrachet 大人気,お買い得

■ オレンジ色 ◆グラン・クリュ(特級) A.モンラッシェ B.バタール・モンラッシェ C.ピアンヴニュー・バタール・モンラッシェ D.シュバリエ・モンラッシェ E.クリオ・バタール・モンラッシェ ■ ブルー色 ◆プルミエ・クリュ(1級) *シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ *ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ ■ グリーン色 ◆ヴィラージュ(村名) *シャサーニュ・モンラッシェ *ピュリニー・モンラッシェ ※バタール・モンラッシェは、Bの区画になります。 ※ブルゴーニュとは、微細な差異を楽しむワインだ。 ひとつのアペラシオンの中で造られるワインのあいだにも、数多くの差異がある。 その際をもたらす最大の要因は土地だ。  真に偉大なワインは個人の趣味を超越する。 飲まねばならないものは、飲まねばならない。  無垢なる心をワインに捧げるなら、そう命令する声が聞こえているはずだ。 ブルゴーニュ至高のワインと呼ぶか、シャルドネの頂点と呼ぶか、 白の最高峰と呼ぶか、それぞれ表現は違う。しかし、意味はひとつ。 それは飲めばわかる。だから、モンラッシェを、飲まねばならないのだ。 ◆モンラッシェを知るためのおさえておきたい*五つの基本事項* (1)モンラッシェとは何なのか  モンラッシェとは何かと尋ね、ジャック・プリウールを率いるマルタン・プリウールは、 ただ一言、王と答えた。次の言葉までに、長い沈黙があった。「・・・驚くべき力。 本当に、特別な存在。ベルベットの手袋の中の鋼鉄の手という表現があるが、 それはモンラッシェにこそふさわしい」。  白ワインは赤ワインより強い。だからブルゴーニュでは白ワインが赤ワインのあとに供される。 その白ワインの中で、唯一最高の存在。すなわち、ワインの女王と呼ばれるブルゴーニュの強者たちが 披露されたあと、フィナーレに登場し、全軍に号令する、王たちの中の王。それがモンラッシェだ。  重厚さと軽妙さ。堅固さと柔軟さ。積極性と節度。厳格さと包容力。真剣さと遊び。 霊性と官能性。無尽蔵ともいえる対立項を内包しつつ、それらを調和させ、ひとつの統一体として 提示するワイン、モンラッシェ。その膨大な構成要素に遺漏なく耳を澄まし、自分自身の内に イメージとして再構築しようとする姿勢の中に、ワイン趣味の真髄がある。 (2)モンラッシェの歴史  ピュリニーは、ガロ・ローマ時代にはプリニアカスと言われた村であり、部度いう栽培の歴史は古い。 中世にこの地のワイン造りの伝統を守っていたのは、ベネディクト派メジエール修道院。1152年、 この修道院に、ピュリニー村のピエールとアルノレ兄弟が、「モン・ラシェ」にあるブドウ畑を寄贈し、 1286年には、シャニーのギ・ペリエも寄贈する。これがモンラッシェの歴史のはじめである。  14世紀は飢饉とペストによって土地が荒廃し、ピュリニーの土地はフィリップ豪胆公に接収され、 ブドウ栽培が中断してしまう。再興されるのは、15世紀、ボーヌの弁護士であったジャン・ペロンが ピュリニーの領主となってからだ。  17世紀まではモンラッシェは決して高く評価されていなかったようだが、18世紀になり、 現在のマルキ・ド・ラギッシュの先祖にあたるクレルモン=モントワゾン家が畑の所有者となってから、 評価が上がった。1787年にフランスのワイン畑を視察し、格付けを記した、 かのトーマス・ジェファーソンによれば、ブルゴーニュ最高のワインは、 シャンベルタン、ロマネ(現在のロマネ・コンティ)、クロ・ド・ウージョ、 そしてモンラッシェであり、それら4つの価格は同じだったという。  1855年のラヴァル博士の格付けを見ると、シャンベルタンやロマネ・コンティは テット・ド・キュヴェであるが、唯一、ピュリニー村に属するモンラッシェは テット・ド・キュヴェ・エクストラという特別な称号を与えられている。 以降、モンラッシェがブルゴーニュ最高のワインであるという評価は不動である。 (3)モンラッシェのテロワール  モンラッシェの面積は7.998ヘクタール。 そのうち4.0107ヘクタールがピュリニー・モンラッシェ村に3.9873ヘクタール がシャサーニュ・モンラッシェ村に属している。  標高は255メートルから270メートルで比較的低い。斜度は10%以下とゆるやかで、 ピュリニー側では東南、シャサーニュ側では南を向いている。 地質年代はジュラ紀バトニアン(一説にカロヴィアン)であり、石灰岩とマールの土壌をもつ。 ドルーアンの醸造長フォールブラックによれば、「表土はピュリニー側で50センチ、 シャサーニュ側で60センチ表土の土性は軽めだが、ピュリニー側は石英が混じり、より軽い」。  モンラッシェについて、生産者たちは揃って「一番簡単な畑。雨が多ければ排水し、 雨が少なければ保水してくれる。適度にストレスがありつつも、決してストレス強すぎない。 病気にもならないし、樹勢も適度に抑制してくれる。毎年きちんと酸がある。ブドウの新梢の節の長さも、 短めで全部揃っている。畑が勝手によいブドウを作るから人間はあまり仕事をしなくてもいい」と言う。 これが偉大なテロワールでなくしてなんであろう。 (4)ピュリニー側とシャサーニュ側  ピュリニー側とシャサーニュ側のテロワールは微妙に異なっており、 それがワインの味わいに差をもたらす。  その差を理念形として誇張的に言うならば、ピュリニー側のモンラッシェは、リンデン、ミント、 フェンネル、アニスシードといった清涼感のある香りに、レモン、青りんご、洋梨のような 果実の香りがする。酸はキメ細かく、スッキリとしており、質感はシルクのようで、 硬質ながらも微粒子的なミネラル感があり、全体的に端正で優美なワインだ。  シャサーニュ側のモンラッシェは、ハーブの香りはあまりせずに、ターメリックや コリアンダーシードやバニラといったエキゾチックなスパイスの香りが混じることもあり、 パイナップル、ピーチ、ネクタリン、リンゴのミツのような果実の香りがする。酸は低めで太く、 質感はベルベットのようで、がっしりとした巨石のようなミネラル感があり、 全体的に分厚く力強いワインだ。  取材生産者の中では、ジョセフ・ドルーアン、ブシャール、オリヴィエ、ルフレーヴ、 ルイ・ラトゥールが、ピュリニー側のブドウからワインを造り、それ以外はシャサーニュ側である。 この基本的な違いをまず知った上で、個々のワインを鑑賞し、使い分けてみたい。 (5)生産者と所有者、ネゴシアンとドメーヌ  モンラッシェの畑を多く所有するのは、筆頭のマルキ・ド・ラギッシュ、第2位のバロン・テナール、 第4位のコント・ルノー・ド・ボーカロンといった貴族である。彼らは、ほぼすべての収穫を ネゴシアンに売ってしまう為、モンラッシェはネゴシアンのワインを多く見かけるアペラシオンとなっている。 今回訪問した生産者の中では、ジョセフ・ドルーアン、エチエンヌ、ソゼ、オリヴィエ・ルフレーヴ、 ルイ・ラトゥール、ルイ・ジャド、アンリ・ボワイヨは 畑を所有しておらず、上記の貴族たちから、ブドウ、マスト、ワインいずれかの形で、収穫分を購入する。 ※マスト(ぶどうを除梗、破砕し、普通は亜硫酸が添加されたものが、 ワインの醸造原料ですが、 これをマスト(果醪、もろみ)と呼びます。)  貴族が所有する畑の区画はさすがに優れた場所にあり、そこから造られるネゴシアンのワインは、 よい区画ならではの上品さとバランスの良さがある。生産量も多く、生産者の技術も高いため、 品質が安定している。しかし栽培に問題がある場合も見受けられる。  自分の所有する畑のブドウからワインを造るドメーヌは、最初から最後まですべて自己責任のもと、 個々人にとってより理想に近い栽培と醸造ができる可能性がある。  そのようなドメーヌのワインは大変に魅力的であるが、 ブシャール、テナール、DRC以外のドメーヌは面積が大変に小さく、品質の安定がむずかしい。 また、ほんの一部の区画からしかワインが造られない場合は、複雑性にかけるきらいがある。 技術の低い生産者もいる。 とは言え、どのモンラッシェも品質が高いことには間違えない。生産者の違いによる価格の高低は、 投機性によるもので、価格と品質の比例関係は見られない。つまり、最高のワインであることだけでなく、 賢く選べば、もっともお買い得なワインでもある。  百本の村名ワインの味を忘れても、一本のモンラッシェの味は決して消える事がなく、 望む時にそのイメージを口中に立ち上がらせて、鮮烈な感動を与え続けてくれる。 ワインの楽しみのすべてが含まれているモンラッシェは、ワインの中の基本だ。 誰もが知らねばならないワインであり、もちろん飲まねばならないワインである。 ※ワイナート47より掲載文抜粋 ●優良年1999ヴィンテージ!! ルイ・ラトゥールはコルトン・シャルルマーニュを始めとし、 コート・ドールでも最大級のグランクリュを所有する生産者です。 その歴史は1768年から200年以上にも及び、 現在は7代目当主ルイ・ファブリス・ラトゥールが経営。 昔ながらの伝統を守る一方、最新の技術も取り入れ、 常に革新的なワインを作り続けています。 ◆ルイ・ラトゥール公式サイトより バタール・モンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ共に 1999ヴィンテージは現在飲み頃 と表示されています。 ◆生産者名欧文:LOUIS LATOUR ◆生産者名和文:ルイ・ラトゥール ◆蔵出し バタール・モンラッシェ [1999] Domaine Louis Latour Batard-Montrachet ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ドール コート・ド・ボーヌ ◆格付:ACバタール・モンラッシェ グランクリュ コート・ド・ニュイの南に連なる地区で、 生産量の70%は赤ワインですが、この地区の白ワインは、 辛口白ワインの中で世界最高の評判を持っています。 その極上の白ワインは十分なコクがあり、まろやかでかつ豊かな味わい。 赤ワインは優雅で香り豊かなワインに仕上がります。 アロス・コルトン村、ボーヌ村、ポマール村、 ヴォルネー村、ムルソー村、ピュリニー・モンラッシェ村、 シャサーニュ・モンラッシェ村などが中心的な地区。 ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆タイプ:白・辛口 ◆品種:シャルドネ100% ◆醸造:新樽にて発酵、同容器にてマロラクティック発酵後8-12ヶ月熟成。 ◆ロバート・パーカー著「ブルゴーニュ」より ***~***** ルイ・ラトゥールは、コート・ドールの白ワインの生産量の10%を生産する。 コルトン・シャルルマーニュの生産量にかけてはトップに違いない。 本格派の白はオーク樽発酵、12~14ヶ月の樽熟。 いずれも心浮き立つワインだ。 ◆マイケル・ブロードベント著「ヴィンテージ・ワイン必携」より抜粋 *1999…★★★★ 非常に良い年。 夏の終わりから秋の初めにかけての晴天続きで葡萄は完熟し、 極めて高い糖度と、嬉しいことに十分な酸を持った。 さらなる瓶熟でもっと良くなるかも。 ※(蔵出し バタール・モンラッシェ [1999]) (蔵出し シュヴァリエ・モンラッシェ”ド・モワゼル”[1999]) 組み合わせOK!合計2本以上(6本迄同梱OK)の御注文で6本入りスライド式の木箱発送とさせて頂きます。 ◆ブルゴーニュ(白)におけるヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ Vintage Chart White Burgundy ◆1985★★★1986★★★★1988★★★1989★★★★★1990★★★★1991★★1992★★★★1993★★1994★★1995★★★1996★★★1997★★★★1998★★★★1999★★★★2000★★★2001★★★★2002★★★★★2003★★★★2004★★★★2005★★★★★2006★★★2007★★★2008★★★2009★★★★ 2本以上木箱発送 蔵出し バタールモンラッシェ 1999 ルイラトゥールDomaine Louis Latour Batard Montrachet 大人気,お買い得

包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーピションロングヴィル コンテスドラランド 2007 豪華2本ギフトセット第2級 グランクリュ クラッセ 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ お得,新作

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande 2014年ヴィンテージ 93~95点獲得! 2013年ヴィンテージ 87~89点獲得! 2012年ヴィンテージ 90点獲得! 2011年ヴィンテージ 89点獲得! 2010年ヴィンテージ 95+点獲得! 2009年ヴィンテージ 95点獲得! 2008年ヴィンテージ 92点獲得! 2007年ヴィンテージ 92+点獲得! 2006年ヴィンテージ 95点獲得! 2005年ヴィンテージ 89点獲得! 2004年ヴィンテージ 92点獲得! 2003年ヴィンテージ 93~95点獲得! 2002年ヴィンテージ 92~94点獲得! 2001年ヴィンテージ 93点獲得! 2000年ヴィンテージ 97点獲得! 1999年ヴィンテージ 87点獲得! 1998年ヴィンテージ 87点獲得! 1997年ヴィンテージ 89点獲得! 1996年ヴィンテージ 96点獲得! 1995年ヴィンテージ 95点獲得! 1994年ヴィンテージ 91点獲得! 1990年ヴィンテージ 79点獲得! 1989年ヴィンテージ 93点獲得! 1988年ヴィンテージ 90点獲得! 1986年ヴィンテージ 94点獲得! 1985年ヴィンテージ 90点獲得! 1983年ヴィンテージ 90点獲得! 1982年ヴィンテージ 100点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ■パーカー氏ボルドー第4版コメント■ 現在、ピション・ロングヴィル・ コンテス・ド・ラランド (ピション=ラランド)は、間違えなく最も人気が高く、 1978年以降ポイヤックで最も一貫して輝かしいワインとなっている。 この村の3つの名高い一級シャトーにも肩をならべられるほどである。 1961年以降、大変な成功を収めてきたが、1970年代後半から 1980年代前半にかけて、ランクザン夫人(彼女は同業者たちから 親しみをこめて「女将」と呼ばれている)のエネルギッシュな指揮のもとで 品質が劇的に向上したのは疑う余地のないことである。 ワインのつくりは知的で、暗い色をしており、しなやかで、 フルーティでで、若いうちから飲めるほどなめらか。 マルゴーのパルメとともに、メドックでは最もよく知られた メルロのブレンド比率が非常に高いシャトーの1つという特異性が あるのだが、それでもピション=ラランドは10~20年は 上品に熟成できるだけのタンニンと深みとコクがある。 メルロの比率の高さ(35%)が、ワインのやわらかく、 肉づきのよい特徴に一役買っていることも間違いない。 このシャトーは、かつてはピション=ロングヴィルという 1つのシャトーの一部分だった。分割されたのは1850年で、 ランクザン夫人の父エドゥアール・ミアイユが購入したのは 1924年のことだが、現在の名声を築いたのは娘のほうだ。 1980年代にはかなりの投資が行われ、1980年には発酵室が、 1988年には新しい樽熟成のためのセラーとテイスティング・ルーム (お隣のシャトーラトゥールの壮観な眺め付き)が新しくつくられた。 シャトーの改修が完了したのは1990年のことで、 今では樽貯蔵室の上に立派な博物館もできている。 ランクザン夫人もピション=ロングヴィル・バロンの筋向いにある このシャトーに住んでいる。畑はポイヤックとサン=ジュリアン の両方にまたがっており、ピション=ラランドのしなやかなスタイルは そのサン=ジュリアン側の性質によるとされることが多い。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ◆シャトー・ピション・ロングヴィル・ コンテス・ド・ラランド [2007] Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 オー・メドック地区 ◆村名:ポイヤック村 ◆格付け:AC ポイヤック メドック 第2級 グラン・クリュ クラッセ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン45%、メルロー35%、カベルネ・フラン12%、 プティ・ヴェルド8% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆畑面積:75.0ha ◆植樹密度:9,000本/ha ◆平均収量:45hl/ha ◆育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで18~24日間 ◆熟成:毎年半分ずつ更新される樽で18~20ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。清澄するが、濾過はしない。 ◆平均樹齢:30年 ◆年間生産平均本数:約18万本(ピション・ロングヴィル・ コンテス・ド・ラランド)、約16万本(レゼルヴ・ド・ラ・コンテス) ◆飲み頃の続く期間:収穫後5~25年 ◆セカンドラベル:レゼルヴ・ド・ラ・コンテス ◆所有者:メイ=エリアーヌ・ド・ランクザン ◆輸入元:JSRトレーディング株式会社様 ◆ボルドー第4版一般的な評価コメント◆ 才能豊かなメイ=エリアーヌ・ド・ランクザンのひらめきある リーダーシップによって1980年代初頭からは大幅によくなっており、 ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともあるが、 価格は一級よりかなり安いので、 良好なお値打ち品であることに間違えはない。 また、一般的に寿命が長く、ヴィンテージの状態を問わず 特筆に値するほど一貫性がある。 ※ボルドー第4版 ロバート・M・パーカーJr. 著から引用 ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16点獲得!2007年ヴィンテージ! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中17点獲得!2007年ヴィンテージ! ※フランスで最もポピュラーなワイン専門誌 ■ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス誌■ LaRVF.com 20点中17点獲得!2007年! ■ゴー&ミヨー・フランスワインガイド■ Gaultmillau.fr 20点中18点獲得!2007年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター88点獲得! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー89点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点獲得!2007年ヴィンテージ! ※韓国からのワイン評論家、コンサルタント、著者、教育者 ■アジア口蓋ジーニーチョー・リー氏の評価■ Asianpalate.com 91点獲得!2007年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 92点獲得!2007年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 92点獲得!2007年! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 95点獲得!2007年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92+点獲得!2007年ヴィンテージ! ギフト対応 包装紙のし無料↓バッチリ値下げ↓箱代 シャトーピションロングヴィル コンテスドラランド 2007 豪華2本ギフトセット第2級 グランクリュ クラッセ 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ お得,新作

ドメーヌデュパヴィヨン シャルドネ 2012 DOMAINE DU PAVILLON BOURGOGNE CHARDONNAY 2016

1993年にアルベール・ビショーの所有となった ドメーヌ・デュ・パヴィヨンは、 ポマールの畑『クロ・デ・ユルスリーヌ(モノポール:4ha)』 の中央に位置しています。 ここでは、コート・ド・ボーヌ産赤ワインの醸造・熟成が行われ、 800樽の貯蔵が出来るポマール最大級の地下セラーを 所有していることでも知られています。 ドメーヌ・デュ・パヴィヨンは、ムルソー、 ヴォルネイ、ポマール、ボーヌ、アロース・コルトンに 計17ha以上の畑を所有しています。 中でも、ポマール村の中心の『クロ・デ・ユルスリーヌ』(4ha)と、 コルトン・グラン・クリュ(0.5ha)と アロース・コルトン・プルミエ・クリュ(1.5ha)からなる 『クロ・デ・マレショード』は、モノポール(単独所有畑)で、 『コルトン・グラン・クリュ クロ・デ・マレショード』は 同ドメーヌのフラッグシップワインとなっています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆タイプ:白・辛口 ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆生産者:アルベール・ビショー/ドメーヌ・デュ・パヴィヨン ◆テイスティング◆ 深みのある美しいゴールドの色合い。 柑橘のさわやかな香りにローストした アーモンドやレーズンのようなドライフルーツを 思わせる香りも感じられ、複雑なアロマが楽しめます。 ふくよかな味わいながら、 フィニッシュはフレッシュな印象で、余韻は長く続きます。 ドメーヌデュパヴィヨン シャルドネ 2012 DOMAINE DU PAVILLON BOURGOGNE CHARDONNAY 2016

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル ルージュ 2014 SALE,お買い得

《シャトー ラフィット》を擁する ロスチャイルド家が醸した、ファン待望のボルドーACワインです。    カベルネ・ソーヴィニヨン種ならではの気品ある香りが漂い、 ブラックチェリーを思わせるような色濃い果実味が口中に心地よく広がります。 5本の矢のロゴが目印です。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆造り手:ドメーヌ バロン ド ロートシルト ◆コメント◆ フランスを代表する大手ワインメーカー、 カステル社がつくるボルドー地区・村名ワインです。 ボルドーの代表的な赤ワイン産地、メドック地区の葡萄を 厳選してつくる赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体とした、 心地よいタンニンが感じられる上品できめ細やかな味わい。 ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル ルージュ 2014 SALE,お買い得

お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ルイラトゥールムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 豪華2本セット セール,得価

メーカー希望小売価格 19,800円 が SPECIALPRICE¥15,120円! お得な23.7%OFF!送料無料! ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。 ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても 広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 コー​​ト・ド・ボーヌに南ヴォルネーとポマールの位置、 ムルソーはコート=ドール県で白ワインの生産に特化し最大の町です。 プルミエクリュの優れた品質は、この名前にはグラン・クリュを 持っていないという事実を補償します。 独占メゾンルイ·ラトゥール、 シャトー・ド・ブラニーのブドウの木は、 ムルソ​​ーとピュリニー・モンラッシェを見下ろす丘の上にあります。 この気候は、その新鮮さ、優雅さ、 そして優れた熟成能力によって特徴づけられる。 ◆【蔵出し熟成ブルゴーニュ】ルイ・ラトゥール ムルソー プルミエ・クリュ シャトー・ド・ブラニー [2000] Meursault 1er Cru "Château de Blagny" Louis Latour◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー村 ◆格付け:AOCムルソー プルミエ・クリュ/第1級 Meursault Premier Cru ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:シャルドネ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:30年 ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆テイスティング◆ その淡い黄色の色と新鮮で豊富な 鼻はレモンと統合された オークのノートであなたを誘惑する。 彼はそのすべての新鮮さを保つ! さらに数年待つことができる実質の御馳走。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター84点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家89点獲得!2000年ヴィンテージ! お得な5日間↓バッチリ値下げ↓ ルイラトゥールムルソー プルミエクリュ シャトードブラニー 2000 豪華2本セット セール,得価

サンテミリオンローズヴィル 2014 Saint Emilion Roseville 定番,低価

◆シュレーダー・エ・シーラー 1739年に創立されたシュレーダー・エ・シーラー社は、 代々シーラー家によって受け継がれ、ネゴシアン(酒商)としては 最古の歴史をもつ、由緒あるファミリー会社です。 ※8代目社長 ヤン・シーラー氏 8代目にあたるヤン・シーラー氏により、 事業経営には近代的な手法がとられていますが、 ワインづくりそのものにはボルドーワインの素晴らしい品質を維持するため、 あくまでも伝統的技術が用いられています。 納得のいく味わいに仕上げた上でびん詰めし、 70カ国以上に及ぶ販売網を通じて世界中で販売されています。 ◆生産地:フランス ボルドー ◆格付け:AC サンテミリオン ◆ぶどう品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン 他 ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆生産者:シュレーダー・エ・シーラー ◆コメント◆ 「バラの街」と名づけられたワイン。 その名にふさわしいエレガントで重厚な味わいです。 サンテミリオンローズヴィル 2014 Saint Emilion Roseville 定番,低価

ジネステボルドーブラン 2013 Ginestet Bordeaux Blanc 新作登場,高品質

◆創業者はボルドーワインの発展に貢献した著名ネゴシアン◆  ボルドー市サン・ルイ通りの一角を占める美しい石造りの建物。 ここからジネステ社の歴史は始まりました。 ジネステ社の創業者であるネゴシアン(ワイン商)、 フェルナン・ジネステが、この場所に店を構えたのが1897年のこと。 彼はボルドーワインの発展に大きく貢献し、 現在の「ボルドーワイン委員会」の基礎を築いた人物としても 名を知られています。 創業以来こだわってきたのが、ぶどうの栽培からワインの 製造・販売まで一貫して責任をとるという方針。 生産者とネゴシアンのパートナーシップと、 品質に妥協を許さない姿勢が、ジネステ社の名をさらに高め、 ブランドへの信頼は高まりました。 そして1978年。 ジネステ社はフランスの主要ワイングループである タイヤン・グループの一員となりました。 それにより、「シャトー・グリュオー・ラローズ」や 「シャトー・フェリエール」等のグラン・クリュ・シャトーとの交流が生まれ、 その高い技術力はジネステ社のワインの品質向上に活かされています。  ジネステのワインはボルドー中に広がる41の生産者から成り立っています。 生産者は「クオリティー・チャーター(品質憲章)」と呼ばれる 厳格な品質管理体制に従っています。 これこそがジネステのワインのおいしさの秘密。 ぶどうの栽培、ワインの品質管理、トレーサビリティ。 この3つが重要な鍵で、どれかが欠けても質は維持できません。 「よいワインはよいぶどうから作られる」という言葉の通り、 テロワール(土壌など、ぶどうの成育環境)や品種、天候を考慮した 最適な栽培方法をエステート・マネージャーが生産地を回って指導し、 高品質のぶどう作りに情熱を注いでいます。 こうやって生産者の長年培われた経験と、最新の技術が融合し、 出荷されるまで「クオリティ・チャーター」はさまざまな工程で守られていきます。 さらに近年関心が高まってきている、いつ、誰が、どの畑のどの区間で 作られたぶどうで、できたワインなのかというトレーサビリティの システムも確立しており、これもまた品質向上に重要なポイントとなっています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆格付け:A.O.C.ボルドー ◆タイプ:白・辛口 ◆ブドウ品種:ソーヴィニヨンブラン、セミヨン ◆アルコール度数:12.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ジネステ ※シーフードサラダ ◆コメント◆ 青草やグレープフルーツ、 軽い薫製の香りと後味に感じるかすかな苦みが特徴。 甘味と酸味の絶妙なハーモニーが魅力のワインです。 ◆セルジュ・デュブス氏のコメント◆ 緑色の光沢の中に藁色のニュアンスを感じる色。 きれいで混じり気のない香りは、 優しさと心地よい調和に満ちたもの。 優しくさわやかで軽やか、そして後味は楽しく爽快です。 ■■コンクール受賞歴■■ ◆コンクール・ド・ボルドー・ヴァン・ダキテーヌ2006銀賞獲得!(2005VIN) ◆コンクール・ド・ボルドー・ヴァン・ダキテーヌ2004銀賞獲得!(2003VIN) ◆コンクール・モンディアル・ド・ブリュッセル2002銀賞獲得!(2001VIN) ジネステボルドーブラン 2013 Ginestet Bordeaux Blanc 新作登場,高品質

コーディア シャトーメルル 赤 SALE

コーディア社はボルドー最大のネゴシアンのひとつであり、 ボルドー地域にいくつかのシャトーを所有・管理・運営しています。 2000年7月には同じボルドーのメストレーザ社を買収し、 正式にはコーディア・メストレーザ・グラン・クリュ社として、 ボルドーのテーブルワインからグラン・クリュ・クラッセに 至るまで全てのワインを網羅し、 ネゴシアンとしての地位を更なるものとしました。 現在、コーディア社のプレミアム・ブランドとしての 「コレクション・プリベ」ブランドを確立し、 その一方でボルドー地域の優秀なプティシャトーと 独占契約を結んだ「クラブ・コーディア」をスタートさせています。 これはコーディア社がぶどうの栽培からワインの製造に至る全てを管理、 徹底した品質保証を約束するものとして絶大なる評価を獲得しています。 徹底した品質主義は、脈々と現在まで引き継がれているのです。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー ◆原産地呼称:A.O.C. ボルドー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン ◆アルコール度数:15%未満 ◆容量:750ml ◆合う料理:グリルした豚肉料理、チーズ ◆飲み頃温度:14~16℃ ◆生産者:コーディア社 ◆テイスティング◆ やや紫色を帯びたルビー色、 ボルドーの大地が与えてくれた胡椒を 思わせるスパイシーさと、ストロベリーや 赤スグリのフルーティな香りが印象的です。 バランスの良い赤い果実の味わいが楽しめます。 コーディア シャトーメルル 赤 SALE

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル ルージュ 2014 セール,定番

《シャトー ラフィット》を擁する ロスチャイルド家が醸した、ファン待望のボルドーACワインです。    カベルネ・ソーヴィニヨン種ならではの気品ある香りが漂い、 ブラックチェリーを思わせるような色濃い果実味が口中に心地よく広がります。 5本の矢のロゴが目印です。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆造り手:ドメーヌ バロン ド ロートシルト ◆コメント◆ フランスを代表する大手ワインメーカー、 カステル社がつくるボルドー地区・村名ワインです。 ボルドーの代表的な赤ワイン産地、メドック地区の葡萄を 厳選してつくる赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体とした、 心地よいタンニンが感じられる上品できめ細やかな味わい。 ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル ルージュ 2014 セール,定番

のし包装紙無料箱代 メゾンルロワ ブルゴーニュルージュ 2003 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 爆買い,低価

■片方選べる2本ギフトセット♪詳細■ ご注文時に片方選べる2本ギフトセットと お客様がお好きなワインを1本ご注文ください。 ※お取り寄せのワインでもOK!です。 ※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Opus One 2012年ヴィンテージ PP 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2005年ヴィンテージ PP 95+点獲得!若い 2004年ヴィンテージ WA 96点獲得! 2003年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2001年ヴィンテージ WA 90点獲得!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 84点獲得! 1999年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1998年ヴィンテージ WA 86点獲得!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1994年ヴィンテージ WA 92点獲得!早めに 1993年ヴィンテージ WA 93点獲得!飲み頃 1992年ヴィンテージ WA 92点獲得! 1991年ヴィンテージ WA 92点獲得!落ちている 1990年ヴィンテージ WA 90点獲得!落ちている 1988年ヴィンテージ WA 91点獲得!落ちている 1987年ヴィンテージ WA 93点獲得!落ちている 1986年ヴィンテージ WA 91点獲得! 1985年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている 1984年ヴィンテージ WA 87点獲得! 1982年ヴィンテージ WA 86点獲得! 1981年ヴィンテージ WA 78点獲得! ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ◆ブルゴーニュの偉大な女神!ルロワ◆ ワインの声が耳に届く生まれついた天才的感性! 数あるブルゴーニュのドメーヌの中でも、別格の品格と 存在感を放つ名門、ルロワ社は1868年にネゴシアンとして オーセイ・デュレス村で創業しました。 1942年には「D.R.C ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」の株式を 取得し、共同経営者としてブルゴーニュで最高位の造り手に 押し上げた功績は広く知られています。 以前からワイナリー経営のみならず、ワイン醸造にも興味を持っていた というルロワ社の現オーナー、ラルー・ビーズ・ルロワ女史 (マダム・ルロワ)は、1991年にD.R.C経営者の職を離れ、自身が 運営するドメーヌ・ルロワ、メゾン・ルロワに力を注ぎ、「超一流」と 言われる今日のルロワ社の名声を築きました。 ルロワでは、「ワインの個性は土地が決定するもの。 ワインは畑で生まれ、生産者はその手助けをするだけ」という考えのもと、 畑が持つ個性を最大限に表現するワイン造りを追求し、 驚く程の低収量を貫き、 ブルゴーニュでも最も早くビオディナミを導入しました。 また、ブルゴーニュ随一のテイスティング能力の持ち主として知られる マダム・ルロワは、その並はずれたテイスティング能力によって、 そのワインをより完璧なものへと昇華させていると言われています。 厳しい品質管理と妥協のない探究心によって造り上げられるワインは、 まさにエレガンスの極み。薫り高く洗練された果実の味わいと素晴らしい 濃縮感、そしてきめの細かい舌触りと滑らかなボディを兼備する ルロワのワインは他に類を見ない唯一無二の存在。 評論家達からも最上級の賛辞が送られており、 1993年には、ロバート・パーカー氏がルロワの3つのワインに同時に 100点満点をつけるという前代未聞のニュースが世界を駆け巡りました。 その品質は常にD.R.Cと唯一肩を並べるブルゴーニュ最高の品質 と 言われ、現在もなお孤高(ここう⇒孤独で超然としていること、 ひとりかけはなれて、高い理想をもつこと)の存在であり続けています。 ※ラルー・ビーズ・ルロワ氏 ※オークセイ・デュレスのネゴシアンにして、DRCの共同経営者であった アンリ・ルロワの次女として誕生。天性の試飲能力を見込まれ、 23歳にして事業を受け継ぐ。 1970年代から買い付けるワインの質に満足しなくなり、自社畑の獲得へ。 88年にシャルル・ノエラを獲得し、ドメーヌ・ルロワを起こす。 ■あらゆる表現を否定するワインという物質を超越した存在■ ルロワは、たしかにヴォーヌ・ロマネに本拠を置くドメーヌだが、その所有地は、 きわめて広範囲に及んでいる。コート・ド・ニュイはジュヴレ・シャンベルタンから ニュイ・サン・ジョルジュまで各村に、グラン・クリュとプルミエ・クリュの畑を所有。 コート・ド・ボーヌにもグラン・クリュのコルトン・レナルドと コルトン・シャルルマーニュをはじめ、サヴィニー・レ・ボーヌのプルミエ・クリュ、 ポマール、オークセイ・デュレスの村名クリマまで網羅する。 さらに、2012年、0.3ヘクタールのバタール・モンラッシェを手中に収めて 大きな話題をさらった。そして、ドメーヌの起源がそもそも1988年に入手した ドメーヌ・シャルル・ノエラであるから、醸造所の所在地を脇に置いたにしても、 ヴォーヌ・ロマネのクリマこそが、このドメーヌの心臓部といって間違いない。 リシュブールとロマネ・サン・ヴィヴァンのグラン・クリュ。プルミエ・クリュは オー・ブリュレとレ・ボーモンのふたつ。そして村名のレ・ジュネヴリエール。 ふたつのグラン・クリュはいづれも1ヘクタールに満たない面積だが実は、 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティに次ぐ広さを有しているのだ。 ※ワイナート2013年70号から掲載文引用 ◆メゾン・ルロワ ブルゴーニュ・ルージュ [2003] Maison Leroy Bourgogne Rouge◆    ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 ◆原産地呼称:ACブルゴーニュ ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆アルコール度数:12.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ドメーヌ・ルロワ/Domaine Leroy ◆輸入元:株式会社レイフォード様 ◆テイスティング◆ 群を抜いてリッチな風味のあるスタイル。 熟成したピノノワールのうま味を期待させる 落ち着いた輝きをもつ色合い。 熟したベリー系の果実味の中に蜜を思わせる凝縮感があり、 健全な酸が全体をバランスよくまとめています。 余韻は繊細でエレガントな上、レベルの高い仕上がりです。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 メゾンルロワ ブルゴーニュルージュ 2003 片方選べる2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 爆買い,低価

包装紙のし無料箱代 レザマンデュモンペラルージュ 2012 シャトー グリヴィエール 2005 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新作登場,限定SALE

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J ◆レザマン・デュ・モンペラ・ルージュ [2012] LES AMANTS DE MONT-PERAT ROUGE◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー アントル・ドゥ・メール地区 ◆原産地呼称:A.O.C. COTES DE BORDEAUX ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:メルロー70%、カベルネソーヴィニョン15%、カベルネフラン15% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆平均樹齢:25年 ◆密植率:6000本/ha ◆生産者:デスパーニュ ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様 ◆醸造特記事項◆ コンクリートタンクにて発酵。 フレンチバリックにてMLF後、数ヶ月コンクリートタンクで 休ませてから同バリックにて12ヶ月間熟成。 その後ステンレスタンクに移し替え6ヶ月間熟成。 また、オクソライン社のラックを使用。 このラックは、ローラーの付いたラックに樽をセットし、 定期的に回転させることで、器具を使わずに 衛生的に効率的にバトナージュをすることができます。 現在使用している樽メーカーは 2社。 ◆Cadus◆ ルイ・ジャドなども使うブルゴーニュの樽メーカー。 主に新樽として使い、樽のニュアンスがパワフル。 ◆Francis◆ 元ソムリエが作るボルドーの樽メーカー。 ティボーの一番好きな樽メーカーとのこと。 非常に舌が繊細な人で、全ての樽を自分で管理している造り手。 年産1600個しか作りません。 ◆テイスティング◆ ティボーがレザマンの特徴と語る 「青い粘土質土壌」のテロワールが 綺麗に表現されており、通常のシャトー・モンペラと 比べ、ミネラル感が強く複雑味のある味わいです。 葡萄の完熟が伺える熟した黒い小さな果実香に スパイスやバニラの香りが溶け込み涼しげな ハーブのニュアンスも感じられます。 舌触りは滑らかであり柔らかく熟した タンニンが伸びやかに舌の上に広がります。 余韻にも香りに感じた熟した果実と バニラの風味が繰り返しゆっくりと フェイドアウトしていきます。 ◆シャトー グリヴィエール [2005] Chateau Griviere◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 メドック地区 ◆原産地呼称:A.O.C.メドック ◆格付:クリュ・ブルジョワ ◆ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.46% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆醸造・熟成:オーク樽熟成 12ヶ月(225L、新樽比率 50%) ◆オーガニック等の情報:サステーナブル農法 ◆年間生産量:160,000本 ◆生産者:Domaine C.G.R. ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆コメント◆ 17世紀にはすでにワイン造りが行われていた歴史の古いシャトーです。 豊かなタンニンとオーク樽での熟成による 落ち着いた芳香が素晴らしいメドック・ワイン♪ 飲み頃のバックヴィンテージをリーズナブルに提供してくれる グリヴィエールに新たなヴィンテージが登場しました。 新ヴィンテージと言っても、熟成したビックヴィンテージ2005年です。 ラフィット・ロートシルトが所有し再構築を行ったシャトー"ラ・カルドンヌ"で 元ランシュ・バージュの醸造長マガリ・ギュイヨン氏が造ったワインを、 300万本保管可能な広大な地下セラーで熟成した飲み頃ワインです。 ◆テイスティング◆ 深い深紅の色合い。プラムやサクランボのコンポートのような 香りの中にトーストのニュアンスが漂う、 フレッシュで丸みと噛み応えのある味わいで、タンニンは滑らかです。 非常に飲みやすくエレガントな熟成ワイン♪ 諄くない余韻がフルボディとは想えない繊細さのお墨付き。 ブルーチーズとも良く合います。 ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中14.5点獲得!2005年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ 20点中15点を獲得した2005年ヴィンテージ! ■フランスのワイン評論家ジャンマルク氏の評価■ Jean-Marc Quarin.com 84点獲得!2005年! ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 85点獲得!2005年ヴィンテージ! ギフト対応 包装紙のし無料箱代 レザマンデュモンペラルージュ 2012 シャトー グリヴィエール 2005 2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 新作登場,限定SALE

6本以上木箱発送 コルトンドメーヌラトゥール 2010 グランクリュCorton Domaine Latour Grand Cru 人気セール,大人気

メーカー希望小売価格 13,000円 が お買い得価格!12,350円! お得な5%OFF! ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ◆格付け:AC コルトン・グラン・クリュ/Corton Grand Cru ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ルイ・ラトゥール/Louis Latour ◆コメント◆ コルトンの丘からうみだされた、 芳醇かつ、フルボディのワインです。 十分に長期の熟成にも耐えられます。 6本以上木箱発送 コルトンドメーヌラトゥール 2010 グランクリュCorton Domaine Latour Grand Cru 人気セール,大人気

のし包装紙無料箱代 ドメーヌオドゥールコカール ヴォーヌロマネ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 人気セール,セール

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本Aギフト2本Bギフト2本Cギフトグラッパギフト1本Hギフト1本Rギフト1本J オドゥール=コカールはモレ=サン=ドニを代表するグラン・クリュ 「クロ・ド・ラ・ロッシュ」の真向かいにドメーヌを構える生産者です。 現地ブルゴーニュでも評判の高い生産者でありながら、 フランス国外はもとよりフランス国内でも探し出す事が難しく、 ブルゴーニュ愛好家の間では探し求める価値のある 優良生産者と言われております。 何故このドメーヌがそれほど入手困難なのかと申しますと、 単に生産量が少ない事と、すでに常連顧客への割当が 毎年決まっている為に、一般の目につく市場に流通する量が 限られフランス国内外共に欲しくても 何処に売っているのか・・・という状況がその所以と思われます。 ワイン・ガイドへの露出は少ないものの掲載されれば評価も高く、 オドゥール=コカールのフラッグ・シップとも言える 「モレ=サン=ドニ 1erクリュクロ・ラ・リオット2007」は 信頼のフランスワイン・ガイド「ギド・アシェット2010年版」より ミシェル・マニャンやニコラ・ポテルの 「クロ・ド・ラ・ロッシュ」、アルローやシャルロパンの 「クロ・サン=ドニ」等、並みいるグラン・クリュに匹敵する 1ツ星のワインとして掲載されております。 ※ギド・アシェット2010年版 これだけ評判が高く、更に冒頭でご紹介した様に クロ・ド・ラ・ロッシュの目の前にあるドメーヌであるにも関わらず 『なぜ今まで日本に紹介されていなかったのか』という考えが 出てきますが、理由として冒頭でも記載した通り流通量の少なさと 毎ヴィンテージ売り先が決まっている事が挙げられます。 ※セバスチャン・オドゥール氏 オドゥール=コカールのワイン造りに特別な物はありません。 セバスチャン・オドゥール氏は積極的に海外に売り出す ビジネスマンでもなければ、 醸造テクニックでワインの味を造る科学者でもありません。 特別な事は行わず、ステンレス・タンクで醗酵を行い 熟成も各ワインに合わせ行い、瓶詰を行うというシンプルなもの。 とは言え、熟成樽はブルゴーニュの一流生産者御用達の 「フランソワ・フレール」や「ルソー」社製。彼にとっての ワイン造りは「畑仕事が全て」であり醸造がシンプルなだけに ワインの味わいには誤魔化しが利きません。 ドメーヌ・オドゥール=コカール ヴォーヌ=ロマネ [2012] DOMAINE ODOUL-COQUARD VOSNE-ROMANEE ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ヴォーヌ=ロマネ村 ◆原産地呼称:A.O.C. ヴォーヌ=ロマネ ◆ブドウ品種:ピノ・ノワール100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆畑面積:0.54ha ◆醸造:全て除梗を行い、ステンレス・タンクで醗酵、フレンチオーク樽(228l)でMLF。 ◆熟成:フレンチオーク樽15ヶ月 ◆畑のロケーション◆ ヴォーヌ=ロマネ村側、ロマネ=コンティより 斜面を300m弱下ったところにある村名畑より収獲。 生産者曰く(いわく)、オドゥール=コカールの中で 最も人気のあるキュヴェです。 ◆テイスティング◆ 綺麗なストラクチャー。 エレガントで力強く、高いポテンシャルを感じます。 ほのかにスパイシーなアロマも感じられます。 ギフト対応 のし包装紙無料箱代 ドメーヌオドゥールコカール ヴォーヌロマネ 2012 豪華2本ギフトセット 楽ギフ 包装選択 楽ギフ のし宛書 楽ギフ メッセ 楽ギフ メッセ入力 人気セール,セール